生まれた時からアトピー性皮膚炎を予防する

新生児から保湿してアトピー性皮膚炎を予防する

私達アレルギー医は、生まれてくるお子さんがアレルギーにならないよう色々なことをしています。

その中の一つが生後7日以内からスキンケアを行うことで、アトピー性皮膚炎を予防すること。

ここでゆうスキンケアは

保湿剤を全身に塗るだけ

アトピ―性皮膚炎とは、「痒みのある湿疹が、慢性的に増悪・寛解を繰返す疾患」とされています。

つまり、治療していないと「ずっと痒いのが、良くなったり悪くなったりを繰り返す」こと。

アトピー性皮膚炎は治療を中断する、上手くいっていないとどんどん悪くなっていきます。

アトピー性皮膚炎は良くなるからと言われた方もいるかも。

では、年齢が経つと良くなるのでしょうか?

乳児アトピー性皮膚炎は生後2~3ヶ月頃までに発症し、8ヶ月頃までは加速度的に悪化し、10ヶ月頃には軽快傾向になる

片岡葉子. 日皮会誌:124(13), 2498-2500.

よくなりそうですね。

2歳までに発症した患者で、7歳までに寛解するのは1/3で、2/3は症状が継続する

片岡葉子. 日皮会誌:124(13), 2014

あれ?自然にはよくならない?

アメリカでは、 20歳以前に6ヵ月間無症状または無治療期間を1回以上有した患者の割合は50%いない

Jacob S et.al. JAMA dermatology,2014

自然には治らないのでは?

治る人もいるかもしれませんが、何もしていなければ治らなそうです。

なにもせずに様子を見るのは最悪の選択のようです。

次回はアトピー性皮膚炎は皮膚だけの問題なのかを考えてみたいと思います。

関連記事

  1. 食べ物と美しい肌

  2. アレルギー治療とは、心と体のバランスを取ること

  3. 乳児湿疹 冬におすすめの保湿 

  4. 乾燥肌を治療するべき理由

  5. 兄弟が多い場合の薬の塗り方

  6. 薬の強さはどうやって決めるのか

PAGE TOP