皮膚だけの問題じゃないアトピー性皮膚炎

保湿が必要な赤ちゃん

前回は「アトピー性皮膚炎は言われているほど自然には治らないようだ」とゆうことでした。

では、アトピー性皮膚炎は治らないのでしょうか?

「治療の最終目標(ゴール)は,症状がないか,あっても軽微で,日常生活に支障がなく,薬物療法もあまり必要としない状態に到達し,それを維持することで
ある.また,このレベルに到達しない場合でも,症状が軽微ないし軽度で,日常生活に支障をきたすような急な悪化がおこらない状態を維持することを目標とする.」

 (アトピー性皮膚炎診療ガイドライン 2018より)

もちろん治る子もいますが、治療しないで治ることは期待してはいけません。

私はアレルギーを学び始めた頃から勉強にいくヨーロッパで、


「症状が残っているならその治療を見直しなさい。失敗しているから」

と、常々言われています。

では、アトピー性皮膚炎がそのままになっているとどうなるのでしょうか?

アトピー性皮膚炎は、皮膚だけの問題ではありません。

症状が残った状態では、子どもも大人もつらいのは一緒

・掻みで、そもそも生活できない(当たり前ですね)

・眠れない

・発達や成長の遅れ

・見た目 

・次から次にアレルギーを引き起こす状態になること(アレルギー・マーチ)

・細菌に感染する

ことなど全身ですね。

つまり、アトピー性皮膚炎は全身の問題であり、その治療はその子の成長や生活に大きな影響を出します。

あなたの治療はライフスタイルに合っていますか?

             

関連記事

  1. アトピー性皮膚炎の治療中に起きる可能性のあること

  2. 新生児から保湿してアトピー性皮膚炎を予防する

    生まれた時からアトピー性皮膚炎を予防する

  3. 赤ちゃんが泣かない保湿の塗り方

  4. 基本:軟膏を塗る量

  5. 乾燥肌を治療するべき理由

  6. 赤ちゃんのスキンケアはこれ

PAGE TOP