アレルギーを起こしやすい子

前回はアレルギーマーチのお話をしました。

アトピー性皮膚炎の治療が上手くいってないと、次々にアレルギーを発症しやすくなる。

中でも特に、

①年齢がちいさいうちにアトピー性皮膚炎を発症した

②アトピー性皮膚炎の重症度が高い

③罹患期間が長い

ほど、他のアレルギーを発症する確率が高くなります。

注意した方が良いのは、軽い重いは独断で判断しないことです。

 

つまり、アレルギーマーチを予防するには、アトピー性皮膚炎の発症を防ぐ、発症しても早く治療できれば良い。

 

特にアトピー性皮膚炎で食物アレルギーを合併することが多く、治療には時間がかかります。

最も多いのは卵アレルギー。

生後3ヶ月までの口周囲の湿疹は卵アレルギーと関連しているので、口の周りのケアはこまめにやりましょう。

口周囲のケアは保湿をして、ワセリンを塗って汚れをはじく

まずはこれからはじめましょう。

次回はアトピー性皮膚炎の予防について考えてみたいと思います。

関連記事

  1. トンデモ医療に騙されないために

  2. インフルエンザワクチンと腕の腫れ

  3. ハチアレルギーについて

  4. 見た目の老化、睡眠不足、そしてアレルギー

  5. 「ザ・ドクター」より取材を受けました

  6. 「Doctor History~医史~」 に出演しました

PAGE TOP