褒めると伸びる

「褒める方法」を工夫することで大きく伸ばす

 褒め言葉にはいろいろありますが、その選択と褒める内容によって子どもに与える影響は変わってくるといいます。

 最新の研究では、「褒め言葉を適切」に用いないと、数年後の子どもの考え方に悪影響を及ぼすことがわかったそうです。

なかでも、単に子ども自身を褒める言葉は特に危険だとも報告されています。

 シカゴ大学の研究チームが行った調査では、まず、1~3歳までの幼児とその親50組の日常を一定期間ビデオで記録し、親が子供を褒める方法を観察しました。

 実験の参加者たちの人種や民族、経済的裕福度などは様々でしたが、親が用いる褒め言葉には大きく分けて次の3種類がありました。

①「過程への褒め言葉」:

結果がどうであれ、何かに取り組んだときにその過程や努力を称賛する言葉

(例「○○を一生懸命やったね」「○○を良く頑張ったね」)

②「本人への褒め言葉」:

子ども自身の特性や性格を褒める言葉(例「頭の良い子ね」)

③「一般的な褒め言葉」:

上記以外で一般的に使われる単純な褒め言葉(例「すごい!」)

その5年後、6~8歳になった子どもたちが、「どれほどチャレンジ精神旺盛か」「困難に直面したときに自分で解決方法を見出せるか」「頭の良さや性格は改善可能だと考えているかどうか」などに対して、どのように成長したかを調べました。

 その結果、「過程への褒め言葉」を頻繁に使う親の子どもは、何かに挑戦することに対してとても積極的で忍耐強いことがわかりました。

また、困難に直面してもより柔軟に解決方法を考え出すことができ、努力によって自分自身をより良く変えることができるという考えを持っていたと報告されています。

 これに対し、他の2つの言葉を多用する親の子どもには、チャレンジ精神や努力に対するポジティブな考え方があまり見られなかったとのこと。

 特に、「本人への褒め言葉」をよく用いる親の子どもはチャレンジ精神に欠け、「頑張っても変わらない」と考える傾向がみられたそうです。

研究に携わったエリザベス・ガンダーソン博士は、「褒め言葉は、どれも聞こえが良くポジティブな印象を受けますが、子どもに対する影響はそれぞれ異なることがわかりました。『本人への褒め言葉』は一見褒めているようで、実は子どもにとっては、 “頑張ってもこれ以上良くなることはない” というメッセージにもなり得る」とのことでした。


 この結果を受けて博士は、「幼児期における親の褒め言葉は、後の子どもの考え方に対して大きな影響力を持っているため、親が意識して適切な褒め方をすることが重要です」とアドバイスしています。

全ての子どもにとってこの方法は参考になるのではないでしょうか。

参考文献

DAMIEN GAYLE : How the wrong kind of praise could HARM your children: It’s better to applaud efforts than tell them ‘you’re great’, study reveals.

the journal Child Development 12 February 2013

関連記事

  1. 親は偏食に悩む

  2. 夫の協力でアトピー性皮膚炎の治療は上手く行く

  3. 「ひとり親家庭」への寄付しています

  4. 周囲の子はどんな習い事をしているのか?

  5. 攻撃的になってしまう子ども

    攻撃的になってしまう子ども

  6. 食物アレルギー 食べ慣らしレシピ:カレー

PAGE TOP