子どもとのコミュニケーションについて

子どもと意志疎通がとれない状況とはどのような状況でしょうか?

旅行を例にとって、スマホがないものとします。

滞在先の言語が出来ないと、ある程度は我慢してしまいます。

例えば、フォークがもう1本欲しい、ナプキンが欲しいなどの簡単な事は特にです。

それを繰り替えしていくとどうなるのか?

コミュニケーションは極端に減ります。

これは子どもにも当てはまります。

コミュニケーションがとれないと、癇癪を起したり、特定の行動(壁に頭を打ち付ける、歯ぎしりするなど)に対して自分だけの意味づけを行うようになります。

自分だけの意味づけなので、他の人に伝わりません。

「コミュニケーションが機能していない」状況です。

つまり、コミュニケーションが機能しない状況とは

① 他人の意思や感情が理解ができない、受け取れない
② 自分の要求を伝えられない
③ 自分の意思が伝えられない
④ 他人と会話ができない

私達のコミュニケーションの主役は言語ですので、言語が出来ないと伝えきれないものが多くあります。

ただし、言語ができないからと言ってコミュニケーションが出来ないわけではありません。

感情を理解する事を別にすると、会話ができなくとも対応できる方法はいくらでもあります。

特にスマホがあれば簡単ですが、子どもの頃はスマホに頼らない方法を学んでおくことも大切です。

バッテリーが切れる、壊れるなどしても柔軟に対応できるようにしたですね。

関連記事

  1. 感覚過敏な子どもたち

  2. 寝るために手助けが必要な子

  3. フライト中のかんしゃく

  4. 父親が子育てに貢献する方法

  5. 親は偏食に悩む

  6. オムツかぶれ予防講座

PAGE TOP