Tatto(タトゥー)アレルギーについて

tattoに関するトラブルとしては3つあります。

①tattoo(タトゥー)自体を異物だと体がみなしている。

②tattoo(タトゥー)の染料にアレルギーをおこしている。

③tatto(タトゥー)に細菌感染をおこしている

大きくはこの3つがあります。

①、②は体質のためで、③はほとんどの場合が入れた後の管理の問題です。

体がタトゥーを異物だと思っている場合には免疫反応といって、体から排除しようとします。具体的には色落ちが激しかったり、かぶれてきたりもします。症状が出てくるまでに早くても1ヶ月以上はかかります。

アレルギーの場合には、すぐに痒み、痛み、かぶれなどの症状が出てくる場合と遅れて出てくる場合がありますが、少なくとも1週間はかかります。

特に染料に起こしてくることがほとんどで、色的には①赤、②青、③緑が多いとされています。特に赤色だけにかぶれが生じる方が多く、赤の部分だけボコボコになることもあります。

細菌や真菌(カビ)感染の場合には、入れた後のケアが重要になってきます。入れて間もなく汗をかいたり、不潔にしていると起こしてきます。

3つとも見た目では区別できないとされており、経験的にもそう思います。

しかし、絶対に治療が必要な状態で、治療が遅れると時にtattooの除去も必要となってきます。

具体的には、抗アレルギー剤やステロイドの内服、抗生剤の投与が必要となり、治療に反応しない場合にはタトゥーを除去しなければならない場合もあります。

経験的にはタトゥーを入れてしばらくしてから出る痒みは免疫反応と思われるケースも多く、タクロリムス外用剤の塗布が効果を発揮しますが、健康保険は適応されません。

様子を見ていても良くならない場合にはお早めにご相談ください。

関連記事

  1. オンライン診療システム 全社比較

  2. 採血は治療方針とセット

  3. 患者さんがよく使う薬局

  4. エピペンの使い方

  5. 薬物アレルギー:解熱鎮痛剤

  6. こども:アトピー性皮膚炎の日焼け止め

PAGE TOP