対人関係は子どもでも問題である

 親にとって、子ども同士の関係(対人関係)が最も気になるところです。  

 社会性とは、人とかかわること(目を見る、視線を合わせる、手をつなぐ、体に触る、同時に何かの対応をするなど)や急な予定や計画の変更に対応するなどがあります。

得意な事と不得意な事の差が大きい時にも問題になります。 

 コミュニケーションには言語的と非言語的の2つがあり、言語的には話す、聞く、読む、書くなど、非言語的には表情や声を理解する、視線を合わせる、身振りや手振りを理解するなどになります。

また、こだわりが強い子もいます。こだわりは物や対人関係にもあります。

 ある年齢になっても想像が難しい子もいて、例えば「目はくちほどに物をゆう」が理解できなかったり、静かにする場所かなどの理解ができないことにもつながります。  

 子ども達の発達を考える時には、年齢的なものや発達の度合いを十分に考慮しなければなりません。

こういった考えがなければ、その子を「暖かく見守る」ことになります。


これは、何もしないことであり、手助けが必要な子供の成長に適した時期を逃します。

様子を見ていればなんとかなるではなく、その子が必要なことを考えてみましょう。


参考文献

1)平岩幹男:自閉症スペクトラム障害―療育と対応を考える

2)Landa, R, Garrett-Mayer, E: Development in infants with autism  spectrum disorders a prospective study. J Child Psychol Psychiatry 2006; 47:629.

3)Johnson, CP, Myers, SM: Identification and evaluation of children with  autism spectrumdisorders. Pediatrics 2007; 120:1183.

関連記事

  1. 感覚過敏な子どもたち

  2. 「ひとり親家庭」への寄付しています

  3. オムツかぶれ予防講座

  4. 食物アレルギー 食べ慣らしレシピ:カレー②

  5. 自分の子どもが他人を叩いたら

  6. 食物アレルギー 食べ慣らしレシピ:カレー

PAGE TOP