アレルギーと予防接種 打てます

毎年多くの方がアレルギーがあるから予防接種は打てませんと説明され、予防接種を断られて受診されます。

1.アレルギーがあっても、予防接種は大丈夫です。

例えば、卵アレルギーがあっても、インフルエンザワクチンも大丈夫です(①~⑤)。

小児科や内科で断られるMR、麻疹、おたふくかぜワクチンには、そもそも卵白成分は含まれていません(③)。

 

2.750本のインフルエンザワクチンを一度に打てば、症状は出るかも。

インフルエンザワクチン中の卵アレルギー成分が0.6μg/mL以下では、重篤な反応はないと報告されています(②)。

【ワクチン中の卵アレルギー成分】(①~③)
・重篤な反応はないレベル: 0.6μg/mL 以下
・WHO基準のインフルエンザワクチン : 10μg/mL 以下
・日本のインフルエンザワクチン : 0.8~4ng/mL未満 

→日本のインフルエンザワクチンには卵のアレルギー成分は0.0008~0.0032㎍未満

つまり、約150~750本のインフルエンザワクチンを一度に打てば、アレルギー症状が出るかもしれません程度なのです。

 

3.インフルエンザワクチンのアレルギー反応は保存剤が影響している可能性。

インフルエンザワクチンでのアレルギー反応は保存剤が影響している可能性が指摘されています(①)。

このため、私は保存剤不使用のインフルエンザワクチンで接種しますが、これまで反応が起きた方はいらっしゃいますせん。

打った場所がアレルギーには関係なくかなり腫れる方(局所反応)はいますし、以前に食物などでアナフィラキシーを起こされた方は心配だと思います。

もし予防接種でなんらかの反応が起きたとしても、アレルギーでなければ再度症状がでることはありません。

また、その時の症状で対応方法が違ってきますので、ご心配であればご相談されることをお勧め致します。

また、アレルギー対応に慣れていない病院では、予防接種を断れることがほとんどです。

予防接種を断られた場合には、理由を説明しても接種してくれることはありません。

話が通じずイライラするか悲しい思いをするばかり。

病院を変更されることをお勧め致します。



参考文献
①長尾みづほ. 診療現場の疑問から臨床研究へ. 日小ア誌 2015;29:18-21.
②内田理、菅井和子. 鶏卵アレルギー. 小児食物アレルギーUP DATE. P681. 金原出版.
③伊藤節子. 食物アレルギー診療ガイドライン 第9章 食物アレルギーの治療. 日小ア誌    
               2013;27:605.
④Paul J. Turner. etal. Safety of live attenuated influenza vaccine in atopic children

   with egg allergy.JACI 136(2); P376-381, 2015.
⑤Ann Des Roches etal. Egg-allergic patients can be safely vaccinated against influenza.    
  JACI 130(5):P1213-1216, 2012. 
 

関連記事

  1. オンライン診療システム 全社比較

  2. エピペンの使い方

  3. 薬物アレルギーと副作用

  4. こども:アトピー性皮膚炎の日焼け止め

  5. コロナ感染が引き起こす合併症が怖い

  6. アレルギー検査って何をするの?

PAGE TOP