薬の強さはどうやって決めるのか

1.薬の強さは一般的な強さではなく、湿疹の強さで決まる

実は、薬の強さは一般的な強さではなく、湿疹の強さで決めます。

例えばステロイドを使う際には、ステロイド単独だと、ステロイドを塗ってから、保湿剤を塗らなければならにので、とても時間がかかります。

このため、当院では保湿剤と1:1で混合しています。

2.混合することのメリット

  1. 併用することでステロイド使用量を軽減できる
  2. 皮膚の乾燥、掻痒を早期に改善できる
  3. 維持状態を保て、湿疹の再発に優位に減少効果がある
  4. 塗布しやすい

そもそも、ステロイド外用剤と保湿剤が別々になっていた場合、実生活でスキンケアを続けるには無理があります。

お子さんが1人、さらに年齢が小さい、もしくは働いていない、のであれば良いかもしれませんが、継続性を考えた場合には無理があると思います。

また、部位によって細かく塗る薬を変えるなど複雑にするのも無理があります。

もし、必要であればそうなりますが、出来るだけ簡単な状態で済むように塗布忘れや自己中断はしないようにしましょう。

3.混合した軟膏を使う場合の注意点

混合した軟膏を使う場合の注意する点として、薬の容器に直接手を入れないこと(細菌が生えて、異臭がしたりします)、長期に放置しておくと分離するので使用出来なくなります。 

良くならない方は、一般的な強い弱いで決めた薬を悪い時だけ塗る。もしくは最初から自然の力を信じて薬を使わない。しかし、これだと基本的に悪い状態がさらに悪くなったときだけ薬を使う羽目になるので、どこの病院に行っても同じ事の繰り返しです。

アトピー性皮膚炎は毎日薬を塗り段階的に減らしていくのが主流で、きちんと治療していれば、症状が無いもしくはほとんど無い日常を目指しましょう。

 

参考文献

  1. アトピー性皮膚炎ガイドライン 日本皮膚科学会 2012
  2. Guidelines of care for the management of atopic dermatitis 2014
  3. Infantie eczema pediatric and dermatlogy section (EAACI  2014/6)
  4. ヨーロッパアレルギー・臨床免疫学会総会 (EAACI 2015)
  5. 第12回アトピー性皮膚炎治療研究会(広島 2014/2)
  6. アレルギーエデュケーター 基礎講習会 2014年
  7. 第52回日本小児アレルギー学会(2015年)
  8. Thomas Bieber(2013 EAACI Milan)
  9. Thaci D, Br J Dermatol. 159; 1348-56; 2008
  10. AAD newest guidelines for the management of AD focus on treatments; 2014
  11. Berth-Jones J,. BMJ 2003;326:1367
  12. Schmitt J, Br J Dermatol. 2011;164(2):415
  13. Hanifin J. Br J Dermatol. 2002;147(3):528
  14. Paller AS, et al. : Pediatrics 122(6)1210, 2008
  15. Breneman D, et al. : J Am Acad Dermatol 58(6)990, 2008
  16. Wollenberg A, et al. : Allergy 63(7)742, 2008
  17. Grimalt R, ; Dermatology 214 : 61-7, 2007
  18. Szczepanowska J,; Pediatr Allergy Immunol. 19 : 614-618, 2008
  19. Wallberg P;J Eur Acad Dermatol Venereol 23 : 1267-72. 2009
  20. Thomas Bieber (Germany), EAACI 2014
  21. J Invest Derm.2014;134:345-50
  22. 馬場実.アレルギーマーチ. 小児科診療. 61:481-485. 1998
  23. 下條直樹. 薬局. 64(3):P27-31. 2013
  24. 椛島健治. 皮膚アレルギーフロンティア 8(1): P29-32, 2010.
  25. 佐伯秀久. ドクターサロン Vol59:4, 2015
  26. Jon A Halvorsen:The Journal of investigative dermatology. 2014
  27. Natalia Ballardini:Acta dermato-venereologica. 2013 

関連記事

  1. 赤ちゃんとスキンケア

  2. 薬の塗り方:マーキング

  3. 手荒れの指ケアはこれ

  4. スキンケア製品は引き算で選ぶ

  5. 乳児湿疹 冬におすすめの保湿 

  6. 口の周りが荒れやすいのは、ポイントを知らないだけ

PAGE TOP