1種類のサプリでは腸内細菌には効果なし

1.腸内細菌とは

腸の中にいる細菌で、1000種類ほどいます。ちなみに、腸内フローラとは、細菌の集合体、街のことです。

・腸内細菌の構成:個人間、人種間、居住地域などで大きな差がある

・構成要素を決定する要因:遺伝ではなく、食生活、年齢などの環境要因

2.腸内細菌の機能

  • 食物繊維を分解して、単鎖脂肪酸を生成する
  • 各種ビタミンの供給源

色々ありますが、これがのちのアレルギーに関係してきます。

3.プロバイオティクス

サプリメントもしくは食品を介し、適切な量を摂取した時に、腸内細菌叢の変化を通して、宿主の健康に好影響を与える生きた菌体のことです。

  1. 胃酸などにバリアーを持つ
  2. 便性の改善、腸内細菌叢の保持などの機能を持つ
  3. 安全性が高い
  4. 安価であること

代表がラクトバシラス(LG,LB,R-1)、エンテロコッカス、ラクトコッカス、シロタ株:乳酸菌、ビフィズス菌(ダノン)です。

4.プロバイオティクス

サプリメントもしくは食品を介して、適切な量を摂取した時に、腸内細菌叢の変化を通して、宿主の健康に好影響を与える生きた菌体のこと。

では、このサプリメントと腸内細菌がどうかかわってくるかとゆうと

  1. 腸内細菌の構成割合は個人で大きく異なる
  2. 腸内細菌の必要な機能は個人では変わらない
  3. 常に同一菌種の組み合わせでは、腸内で安定しない

つまり、自分に必要な腸内細菌叢を作ることが必要です。

つまり、これが意味するところは、

市販の1つの種類の乳酸菌(サプリ)を、ずっと摂取してても腸内細菌が変わることはない。

これが、私たちアレルギー医が妊娠後期に色々な種類の乳酸菌を摂取する目的です。

 

自分の体はコツコツと調整していくことが大切ですね。

 

参考文献

・Stappenbeck etal. Proc Natl Acad Sci USA. 26;99:15451-5, 2002.

・Rothschild, et al. Nature. 8;555:210-215, 2018

 

この記事を書いた人

 続木康伸

アルバ アレルギー クリニック院長

関連記事

  1. アレルギー治療とは、心と体のバランスを取ること

  2. 私がアレルギーを治療をする理由

  3. これまで学んできた医療

  4. これまでの活動

  5. 院長より:アルバのアレルギー診療について

  6. アレルギーが良くなる人とならない人の差

PAGE TOP