妊娠中の気管支喘息発作は胎児にダメージがある

妊娠中に気管支喘息発作を起こして入院すると、酸素マスクを常につけ、点滴につながれた。

お腹の赤ちゃんの超音波検査を行い、お腹に装置をつけることになった。

アレルギー医と産婦人科医から母親が今後はがっちり治療しなければいけないこと、赤ちゃんへの影響は現時点では大丈夫そうだが、今後の様子を含めて見ていかなければがどんな合併症があるかわからないと言われた。病室にいると怖くなり、夜中にずっと泣いてしまった。

 

1.妊娠中の気管支喘息は胎児に影響がでる

妊娠中の気管支喘息の状態が悪いと、赤ちゃんに流産や合併症として影響が出ます。

  1. 胎児死亡
  2. 低出生体重児
  3. 早流産
  4. 先天奇形

 

さらに、妊娠中にひどい気管支喘息発作を起こすと、母親の酸素が低くなりますが、胎赤ちゃんはもっと苦しくなります。

このことは、母親の酸欠(低酸素血症)は、赤ちゃんにも同じことを引き起こし、赤ちゃんの脳に大きなダメージを与え、元にもどりません。

胎児死亡につながる可能性も十二分にあります。

 

2.アレルギーも遺伝しやすくなる

具体的には、母親の妊娠中の気管支喘息症状や重症度は、生まれてくる子どもの気管支喘息の発症と相関しています。また、妊娠中のアレルギー性鼻炎症状は、子どものアレルギー性鼻炎の発症と相関するとの報告されています。

アレルギーに対する薬は妊娠初期に大量に使用すれば、口蓋裂、口唇裂、低出生体重児などのリスク(なるわけではない)となりますが、通常使用量であれば問題はありません。

つまり、合併症や遺伝から見ても、妊娠中はアレルギー症状を出ないようにしておくことの方が重要で、大きなアレルギー症状を起こして胎児にダメージがあれば、そのダメージは「後遺症」として元に戻れません。

しかしも、病院に来た時に母親が症状を長く放置していれば、その症状を収めるために薬の量を多く、強く使用しなければなりません。

母親が苦しければ、赤ちゃんはもっと苦しいのです。

これを防ぐには妊娠前から治療して、最小限の薬で無症状もしくは薬が不要な状態にしておくこと。

ぜひ、妊娠前からアレルギー症状を安定させ、安全に出産、お子さんにアレルギーを遺伝させないようにしましょう。

 

参考文献

・KwonHL et al : Immunol Allergy Clin North Am 26:29-62,2006.

・土田朋子ほか:妊娠と気管支喘息. アレルギー 63:155-162, 2014.

・Estelle et al : Anaphylaxis during pregnancy. JACI 130:597–606,2012.

・Yasunobu et al : Management of maternal anaphylaxis in pregnancy a

 case report. Acute Med Surg 10:202-204,2016.

・日本アレルギー学会喘息ガイドライン専門部(著).喘息予防・管理ガイドライン

・Lucie Blais, et al : Human Rproduction 28;908-915, 2013.

・Carroll KN, et al :Pediatrics 133:1104-1112,2007.

・Shinohara M et al : Symptoms of allergic rhinitis in women during  

 early pregnancy- Allergolint 56:411-417, 2007.

・ILLi S et al : Ann Allergy Asthma Immunol 112:132-9,2014.

・村島温子: アレルギー疾患と妊娠.アレルギー 61:181-183, 2012

・Naho Yakuwa, et al : Reproductive Toxicology 79:66-71,2018.

・平松祐司: 妊娠と薬. アレルギー 63:6-13, 2014.

・Karen Rance et al : Managingasthmaduringpregnacy. JAAP. 25: 513–521,  2013.

・Eltonsy. Et al : Risk of congenital malformations for asthmatic pregnant  women using along acting β2 agonist and inhaled corticosteroid   

 combination versus higher dose inhaled corticosteroid monotherapy.  

 JACI 135:123–130, 2015. 

・Vanessa E. Murphy et al : Asthma in pregnancy a hit for two. Eur Rspir  

 Rev. 23:64–68, 2014. 

 

私がアレルギーを診察する理由はこちら

関連記事

  1. 子どものアレルギー性鼻炎を治す

  2. 新生児からのスキンケア

  3. 産婦人科医のための「妊婦のアナフィラキシー」対策

  4. 妊娠中の食べ物とアレルギー

  5. アトピー性皮膚炎を予防する「予防保湿」

  6. 新生児から保湿してアトピー性皮膚炎を予防する

    生まれた時からアトピー性皮膚炎を予防する

PAGE TOP