乾燥肌を治療するべき理由

赤ちゃんの頃から肌荒れがひどく、小児科では乳児湿疹と言われるも悪くなるばかり。病院に行って、時々塗り薬を使っても現状維持が精一杯、乾燥肌の状態がづっと続いている。病院を変えて何度相談しても、肌を見てくれることもなく、これ以上やる事はないと言われ、帰ることを急かされる。

病院に通うたびに悲く、不安になる。

しばらくぶりに会った友人の子は、同じくらい肌が荒れていたのに、通っている病院で薬の塗り方と体の洗い方の説明を詳しく受けており、毎回肌を触って診察してもらっていた。

そのせいか、今は週1回だけ、お腹に軟膏を塗るだけでキレイな肌で痒みも無くなっており、来月からは保湿剤だけになるとゆう。

1)さて、乾燥肌は普通の状態ではありません

乾燥肌の時点で、皮膚のバリアー機能が異常な状態

Infantie eczema pediatric and dermatology section (EAACI 2014)

アトピー性皮膚炎は肌のバリアー機能が壊れた状態から始まります。

つまり、アトピー性皮膚炎になる可能性を持っている子は、ドライスキンの状態でいることが非常によくないことがわかります。

※気管支喘息、アレルギー性鼻炎、結膜炎、アトピー性皮膚炎のうちいずれか、あるいは複数を自分自身や家族が持っている、またはIgEを産生しやすい(IgEが高い)状態のこと

2)世の中では、その原因はこう思われています。

乾燥肌は子どもでは普通なので、保湿を使うと自力で保湿の成分を作れなくなると、周囲から言われる方が少なくありません。

乾燥肌の時点で、皮膚のバリアー機能が壊れています。

何もしないままに自力で回復するのを待つのは、治るかどうかの”賭け”です。

3)乾燥肌って普通?って、私は思います。

そもそも、子どもや何もない若い女性が乾燥肌で悩むことはありません。

私の家族でさえ、乾燥肌は子どもでは普通なので、保湿を使うと自力で保湿の成分を作れなくなると医療者から言われ、迷っていました。

悪化していく状態を、何もしないで見ていることは、精神的にも悪く、ストレスが溜まります。

そもそも、皮膚バリアが壊れている状態は一過性では終わりません。

つまり、そのうち治ると思わないことです。

”賭ける”必要はないと思っています。

4)現に、こういったことが起きています。

結局、私の家族は徐々にひどくなっていくのですが、良かれと思ってやったことが、その後に大きな影響を与えることがあります。

そう、IgEを産生しやすい体になって、他のアレルギーを併発します。

特に子どもや女性の場合、治らないアレルギーになった場合が大変です。

残りの人生が長かったり、特に妊娠・出産の時にアレルギーがひどくなると対応できる医者は限られます。

乾燥肌は痒みの原因になります。

Allergology International 66 (2017) 8-13

掻けば掻くほど、肌のバリアーは壊れて悪化し、痒みも増します。

そして、それはアトピー性皮膚炎につながっていきます。

5)だから、早めの対応なのです

もともと、乾燥肌は肌のバリアーが壊れている状態です。

痒い時に掻くなと言われても無理です。

掻くなではなく、痒みがない状態にすることが重要です。

そのままにしておくことは、時に体をアレルギー体質に傾け、湿疹やアトピー性皮膚炎に発展させます。

乾燥している程度、乾燥する前から対応することが重要。

すべては予防だと思います。

①自分の力で保湿成分を!と思ったら

もし、周囲の人から言われたのであっても、その人が責任をとってくれる訳ではありません。

様子を見るのであれば、期日を決めましょう。

でないと、必ず良いように理屈をつけてしまうのが人間なんです。

私?

私なら様子は見ません。

なぜなら、

予防的に保湿を塗布することは、アトピー性皮膚炎の予防、それに続く食物アレルギーの予防につながる可能性がある。

Sayantani Sindher, etal. Pediatr Allergy Immunol.231(6):699-703, 2020.

と言われているからです。

②乾燥肌にさせないのが、イマドキ

アトピー性皮膚炎になりやすい人なら、予防が肝心です。

乾燥肌になる前、乾燥肌にさせないのが良いでしょう。

※気管支喘息、アレルギー性鼻炎、結膜炎、アトピー性皮膚炎のうちいずれか、あるいは複数を自分自身や家族が持っている、またはIgEを産生しやすい(IgEが高い)状態のこと

③どのくらいの頻度で保湿を塗るの?

保湿の回数は最低1日1回、出来れば朝夕2回が良いです。

夕は入浴後が良いです。

リンパマッサージしながら保湿すれば、気分も上がるとゆうものです。

赤ちゃんの場合なら、回数は多い方が後々の肌トラブルは防げる、紅い程度で済む可能性が圧倒的に高いです。

うちの子どもは1日何塗ってるのか覚えてないくらい塗っています。

皮膚は手をかければかけるほど、良くなります。

大切な体ですから。

関連記事

  1. 赤ちゃんとスキンケア

  2. リント布 つけ方

  3. 日焼け止めの選び方

  4. 「保湿」は、自分への投資です

  5. アトピー性皮膚炎を予防するには?

  6. 日焼け止めはどれが良いの?

PAGE TOP