アレルギーを治療するのは

これまで、年間のべ7000人の方を診察してきましたが、アトピー性皮膚炎が良くならない方は、「薬の選び方と塗り方」が間違えているからです。

良くならない方は、一般的な強い弱いで決めた薬を悪い時だけ塗る。もしくは最初から自然の力を信じて薬を使わない。しかし、これだと基本的に悪い状態がさらに悪くなったときだけ薬を使う羽目になるので、どこの病院に行っても同じ事の繰り返しです。

アトピー性皮膚炎は毎日薬を塗り段階的に減らしていくのが主流で、きちんと治療していれば、症状が無いもしくはほとんど無い日常を目指します。

 あなたが良くならなかったのは、これまでは治療の選択肢が少なすぎたから、本来なら良くなるはずのものを治せていなかっただけ。本当はたくさんの、さまざまな症状にあった効果的な薬と使い方があって、症状を無くし、最終的には薬自体を使わなくてもよい状態を目指すのが私たちの行う現在の世界標準です。

アレルギーを治療するのは、症状を無くして薬を使わなくても良くするため、これまでの経緯をよく聞いて、あなたの症状に対して薬を選び、これまでとは違った角度で血液検査の分析を行い、あなたのアレルギーを全く別の方向から見直すことで、じっくり治療方針を立てます。つまり、まったく別の方向からアプローチするので、これまでにない結果を得ることが目的なのです。

1)アレルギーを治療するのは、未来を自由にするため

アレルギーの症状がある現在は、本来のあなたではなく、むしろマイナスの状態にあり、本来のあなたやお子さんではありません。しかし、病気全般について同じですが、今の現状は黙っていても良くなることはありません。

つまり、今の現状に対して何もしなければ、将来にわたり徐々に悪化します。悪化するのは、病気よりも状態。治療が遅れれば遅れるほど、治りにくくなるのは、全ての病気で一緒なのです。

目的は自分のゴールを達成することですが、いつの間にか自分の要求を通すこと、希望の薬を出してもらうことにすり替わり、目的がズレていることに気が付かないままになることがあります。

良くなりたいの先に何があるのか、よく話合う必要があるのです。

2)世の中では、どこの病院にいっても変わらないと思われている

「4件通っても良くならないんです」

実は、アレルギー医は治療のゴールに対する考え方自体が違います。

良くならない方のほとんどは、近所のクリニックやすぐに行ける範囲の病院を回ってしまっています。例えば、名医がそろっていると評判の地域にお住まいで、全国から患者が来ているクリニックや病院が沢山あるなら話は別ですが、そうでなければ近所を回ったとしても、同じような治療になるだけ。

ちなみに、アレルギーを本格的に行っている病院では、飛行機を使って受診・通院される方が沢山いらっしゃるのが普通。やみくもに通っても自分が求める医者には出会えないんです。

良い医者とは、自分の目的を達成してくれる医者。

つまり、「症状をなくし、これからどうしたら良いのか」を説明してくれる医者です。

もちろん、相性やその医者の考え方、自分の目的によっても、この医者は変わります。なので、よっぽど運が良くない限りは、自分で探すことは出来ません。ツテを使い、また症状によって使い分けるために病院をいくつか用意しないと、自分のゴールは達成しないのです。

3)私は、未来への投資だと思います。

自分の身体、子どもの健康にお金を書けるのは、教養やスキル獲得と並んで大切なことです。自分が治療しなければ、子どもには体質が遺伝、そして治療しなくても良いんだとゆう考え方が遺伝します。なので、アレルギーは放置すると生活自体に要らないストレスを持ち込み、今現在より未来にこそ大きな影響を残します。

#子どもに遺伝するので

症状が進めば、救急車で搬送されることになる方も30%程度はいるでしょう。

私は皆さんに、今を自由にし、未来を自由にし、これまでできなかったことが出来るようになって頂きたいと思っています。

#私自身が大変だったので

4)現に、現場ではこういうことが起きています

アレルギーの経過が長いと、「どこの病院に行ってもこんなもの」と諦めてしまって、最初から何も希望しない、とりあえず来ただけと言われる方もいらっしゃいます。一方で、アレルギーの治療はお互いに家族付き合いが出来るような人でなければ続きません。

これは、あなたのせいではなく、過去の記憶に囚われて、上手く行っていないだけ。

なので、あなたは変わる必要はありません。

しかし、ゴールを達成したいなら、見方と考え方を少し変える必要はあります。

5)だから、こうすると良いと思います

①自分に合う医者を探し続ける

簡単には見つからないので、主治医は変えて良いのです。

②質問に答えてくれる人を探す

説明を聞いたら、納得できるまで質問しましょう。

③ねばる

その診療サービスでは、自分が良くなるのは無理と解っていても、粘って話合いをしようとしたり、自分の希望を通そうとして無理です。

健康保険のクリニックでは、医者の問題ではなく、健康保険の制度上しかたのないことがあるので無理なのです。

粘って、傷つくのはあなたかお子さんです。

 

 

関連記事

  1. アルバの診察について

  2. 子どものアレルギー検査

  3. 乳児湿疹 冬におすすめの保湿 

  4. アトピー性皮膚炎と腸内細菌の整え方

  5. アレルギーが良くなる人とならない人の差

  6. 採血は治療方針とセット

PAGE TOP