卵アレルギー 大人の場合

採血では大丈夫なはずなのに、食べるとお腹が痛くなったり、逆に、食物アレルギーだと言われたものを食べてもなんともない、もしくは、医師にそんなアレルギー聞いたことないと言われ、どうしたら良いのか悩んでいませんか?

実は、食物アレルギーの採血は、年齢、食べ物、症状、合併するアレルギーによって、見るべきポイントと対応が全く違ってくるので、幅広い経験と知識が必要です。

1)卵アレルギーは、大人もなります

卵、牛乳などは基本的に子どものアレルギーで、乳児期を過ぎてなる食物アレルギーではありません。

一方、卵アレルギーは、珍しいですが大人でもなります。

#食物アレルギーはこんな感じ

2)世の中では、気のせいと思われています

多くの方は、成人で卵アレルギーが起きてくるとは思っていないので、気のせいだと思われる方は多く、数年経過してから受診する方が多いです。

大人の卵アレルギーの症状は、基本的に「口唇腫脹」と「目の周囲の腫脹」です。これ以外の症状はあまりなく、大人の世界中で同様の傾向にあります。

3)子どもの卵アレルギーとは、かなり違います

まず、症状が違います。

また、小児と違い軽症で済むことが多く、アナフィラキシーを起こすことはありません。また、卵の含有製品でも症状を起こしてくる小児と違い、卵そのものを食べることでしか症状はおきません。

スクランブルエッグなど、半熟でないと症状がでない方も多いです。

次に、小児よりもさらに採血があてになりません。ほとんどの場合が採血は反応もしないので意味はなし。症状で診断するしかないのです。

HIVなどの特別な事情が無い限りは、大人の卵アレルギーは40代で起きてくることが多いです。が、症状が軽いため、正確にはいつからなのか、わからないことが多いです。

4)現に、他の病気を併発していることもあります

卵アレルギーだけではありませんが、大人の場合、急に新しアレルギーが出てきた時には注意をしています。

これまで、落ち着いていた喘息が急に落ち着かなくなった、薬物アレルギーになった、食物アレルギーを次々起こすようになった・・・・。

このような場合、注意しなければならないことは、何かの病気が隠れており、免疫が落ちている場合です。

私はこれまで、突然アレルギーを次々に起こすようになった時に、胃がん、乳がん、血液のガン(悪性リンパ腫)、膠原病などが隠れていた方々を診てきました。私のクライアントは女性がほとんどなので、40~70代の女性です。

病気は初期のことが多いですが、膠原病などは発症する数年前から落ち着かないアレルギーが先行していた方もおりました。ちなみに、HIVで薬物アレルギーを起こしやすいことは有名ですが、卵アレルギーを起こした方の報告もあります⑩)

全身の病気が隠れている方のアレルギーの特徴は、とにかくアレルギー症状が落ち着かないこと。

成人でも、次々にアレルギーを起こすアレルギーマーチになることは普通ですが、経験的に食物アレルギーから始まります。

一方で、全身の隠れた疾患がある方は、これまでのアレルギーが突然悪化するか、薬物アレルギーから始まります。食物アレルギーも起こしてきますが、いくつかのアレルギーの後であることが多いです。

#アレルギーマーチは成人でも起きる

5)だから、これが必要です

①経過をみても治らない

気のせいではないので、様子をみても良くはなりません。

②食べなければ症状は出ない

食べなければ症状は出ませんが、そもそも食べる気にならないようです。

③ガン検診は毎年受けよう

これまでの乳がんの方は全員が初期で見つかっています。

 

子どもの卵アレルギーはこちら

卵アレルギー 子どもの場合

 

参考文献

①Jarkko Mäntylä, etal. Immunity, Inflammation and Disease. 6: 2; 2018.

First published: 15 March 2018

②成田雅美. 日小ア誌. 34: 391-399, 2020.

③伊藤浩明監修. おいしく治す食物アレルギー攻略法

④内田理、菅井和子. 鶏卵アレルギー. 小児食物アレルギー診療 UP DATE. 小児科4月臨時増刊号 2014.

⑤大谷清考. 鶏卵アレルギー. 症例を通して学ぶ 年代別食物アレルギーのすべて. 南山堂.

⑥伊藤節子. 抗原量に基づいて「食べること」を目指す乳幼児の食物アレルギー. 診断と治療社

⑦伊藤節子. 食物アレルギー児のための食事と治療用レシピ. 診断と治療社

⑧海老澤元宏監修、今井考成、高松伸枝、林典子編集. 食物アレルギーの栄養指導. 医歯薬出版株式会社

⑨J. J. Prochnau, etal. New-on set Egg Allergy as Result of Immune Reconstitution in an HIV Positive patient. 

⑩G. Marco, etal. Milk And Egg Allergy In Adulthood. J ALLERGY CLIN IMMUNOL. 2012.

⑪H. Philpott, etal. Allergy tests do not predict food triggers in adult patients with eosinophilic oesophagitis. A comprehensive prospective study using five modalities. Alimentary Pharmacology & Therapeutics. 44; 3, 2016. 


  

 

関連記事

  1. 食物アレルギー 減感作療法:卵のレシピ

  2. 離乳食の進め方と食物アレルギー

  3. 小麦アレルギー 大人の場合

  4. 食物運動負荷試験

  5. 小麦アレルギーは救急車

  6. 果物とゴムアレルギー

PAGE TOP