アレルギー治療とは、心と体のバランスを取ること

これまで、年間のべ7000人の方を診察してきましたが、アトピー性皮膚炎が良くならない方は、「薬の選び方と塗り方」が間違えているからです。

良くならない方は、一般的な強い弱いで決めた薬を悪い時だけ塗る。もしくは最初から自然の力を信じて薬を使わない。

しかし、これだと基本的に悪い状態がさらに悪くなったときだけ薬を使う羽目になるので、どこの病院に行っても同じ事の繰り返しです。

例えば、アトピー性皮膚炎は毎日薬を塗り段階的に減らしていくのが主流で、きちんと治療していれば、症状が無いもしくはほとんど無い日常を目指しています。

 あなたが良くならなかったのは、これまでは治療の選択肢が少なすぎたから、本来なら良くなるはずのものを治せていなかっただけ。本当はたくさんの、さまざまな症状にあった効果的な薬と使い方があって、症状を無くし、最終的には薬自体を使わなくてもよい状態を目指すのが私たちの行う現在の世界標準です。

症状を無くして薬を使わなくても良くするために、これまでの経緯をよく聞いて、あなたの症状に対して薬を選び、これまでとは違った角度で血液検査の分析を行い、あなたのアレルギーを全く別の方向から見直すことで、じっくり治療方針を立てます。つまり、まったく別の方向からアプローチするので、これまでにない結果を得ることを目指します。

1)アレルギーは、一気に治療する

アトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎は、徐々に治療するのではなく、

一気に、短期間に、完全に症状を無くす。

実は、片付けと一緒なんです。

一気に、短期間で症状を無くして、本当の自分、本当のその子に戻る。

徐々に症状を無くすと、心のイメージが出来ないんです。

だらだらと症状が続く期間があると、「症状が無い状態が普通」と頭が覚えることが出来ず、セルフイメージをつけられないからです。

セルフイメージを短期間で確立して、「これが本当の私なんだ」と、症状が全く無いことが普通であると脳に認識させることで、良い状態のままでいられるようにマインドセットから変えているつもりです。

治療していれば、症状がないのが当たりまえ。

本当に変えているのは、意識とマインドセットなんです。

2)症状を消すのは一気に、でも薬を減らすのは徐々に

治療を長年やっているから、といって良くなるわけではありません。

もちろん、一部難治性の部分があって、その部分だけ、再発しやすい、治りずらいとゆう部分はあるかも知れません。

でも、特別な場合を除けば、症状がない状態を普通だと脳に認識させるために、症状は一気に無します。

もし、そうなっていなければ、これまでは正しい方法を知らなかっただけです。

ただ、症状を無くし、痒みがないままに薬を使わなくても良い方法を行っても、すぐに元のやり方に戻ろうとする方は多いです。つまり、何時間説明しても、何度説明しても、症状が無くったとたんに、すぐに薬を中止したくなるのが普通です。

ダイエットと同じで、やせるとダイエットをやめたくなるのと同じです。

#アトピー性皮膚炎の治療はこちら

症状はすぐに消えても、体はすぐに「今までとは違う状態」が普通であることを覚えてはくれません。良くなったように見えても、それば表面上のことです。

一旦は消えている火が、ぶり返さないように、段階を追って毎日薬を塗り段階的に減らしていくのが主流なのです。

3)消しているのは症状ではなく、失敗体験

原因はあなたにも子どもにもありません。

ただ、「過去に囚われているマインド」、つまり「過去と同じことを繰り返そうとするマインド」にはあるかもしれません。

これは、何をしても今と同じだと思う心と、治りたい体のバランスが崩れているのが、今現在です。

なので、私たちは治療で症状を消すと同時に過去に囚われた心も消しているつもりです。

囚われた心を消す。

そして、体の再発を無くすためには、段階を追って毎日薬を塗り段階的に減らしていくのが主流なのです。

症状を無くすのは、未来を作り、人生を自由にするため。そして、子ども達にも同じ未来を残すため。

症状を無くす先にあるものを得るために、これまでのやり方をリセットします。

ポイント言えば、多くの人が良くならないのは、塗る部位に対して薬の種類や多すぎます。

種類が多すぎると、煩雑になり、将来の見通しも立たず、日常生活でやり通すことができません。

受験勉強でやることが多すぎると手につかないのと同じですね。

なので、失敗体験を繰り返さないためにも、重症度によって治療は塗り薬なら1~3種類のシンプル、内服は何のアレルギーに対して、何を飲むのかをきちんと把握、どのくらいで症状が消えるのか、予想してから開始するのが原則です。

このためには、時間をかけて過去の治療歴を洗い出し、十分な時間をとって話し合うのが一番良いのです。

4)治療を止めたのは、記憶がすり替わったから

アレルギーを治療することは、未来の人生を自由にし、子ども達に持続可能な未来を残すことです。このためには、私は大人が自分の身体と心をコントロールする必要があると思い、治療を組み立てています。

症状を無くす先にあるものを得て、未来の子ども達に残すために、これまでをリセットすることが目的です。

もし、治療を途中で辞めてしまったのであれば、それはあなたのせいではありません。

ほとんどの方が、ある時点で医師と上手く行かなくなり、傷ついています。

その結果、医師ではなく、治療が嫌い、もうやりたくないに変換されてしまっているのが原因です。

本当は、医師を替えれば良いだけだったのですが、真面目なあなたにはそれが出来なかっただけです。

医者を決めるには、育ち、ライフスタイル、子育てに対する考え方などが自分に合っているかどうかで決めます。なぜなら、信頼感がないとやっていけないから。

このライフスタイルが合っているかどうかの感覚がないと、永遠に終わらないのです。

5)だから、これが必要です

①コンフォートゾーンを変える

症状は一気に消します。

②心と体を一致させる

心と体のバランスを取るには、医師と時間をかけて話すしかありません。

③医師は変えても良い

ライフスタイルや教育方針に合った医師を選びましょう。

 

 

関連記事

  1. 見た目の老化とアトピー性皮膚炎

  2. 肘と膝は、ポイントを知るだけで良くなる

  3. 乳酸菌と花粉症と喘息

  4. アトピー性皮膚炎の治療中に起きる可能性のあること

  5. 食べ物と美しい肌

  6. 新生児からのスキンケア

PAGE TOP