アトピー性皮膚炎の細かいテクニック

これまで、年間のべ7000人の方を診察してきましたが、アトピー性皮膚炎が良くならない方は、「薬の選び方と塗り方」が間違えているからです。

良くならない方は、一般的な強い弱いで決めた薬を悪い時だけ塗る。もしくは最初から自然の力を信じて薬を使わない。しかし、これだと基本的に悪い状態がさらに悪くなったときだけ薬を使う羽目になるので、どこの病院に行っても同じ事の繰り返しです。

アトピー性皮膚炎は毎日薬を塗り段階的に減らしていくのが主流で、きちんと治療していれば、症状が無いもしくはほとんど無い日常を目指しています。

 あなたが良くならなかったのは、これまでは治療の選択肢が少なすぎたから、本来なら良くなるはずのものを治せていなかっただけ。本当はたくさんの、さまざまな症状にあった効果的な薬と使い方があって、症状を無くし、最終的には薬自体を使わなくてもよい状態を目指すのが私たちの行う現在の世界標準です。

症状を無くして薬を使わなくても良くするために、これまでの経緯をよく聞いて、あなたの症状に対して薬を選び、これまでとは違った角度で血液検査の分析を行い、あなたのアレルギーを全く別の方向から見直すことで、じっくり治療方針を立てます。つまり、まったく別の方向からアプローチするので、これまでにない結果を得ることを目指します。

1)まずは、使っている薬の種類を減らす

多くの種類の塗り薬を使えば、最初はこれまでとはちがう感じを受けたり、専門的に治療している感じになります。

けど、種類が多ければ多いほど、自宅でのケアは難しくなります。それだけ時間をかけなければいけいなので、続けることが出来ずに、すぐにやめてしまうケースが多いです。

目的は治療することではなく、症状を無くしてその先を得ること。

なので、自宅で出来る、最大の効果がある治療を、ごくシンプルに、そして症状が無くなるように、一気に治療しないといけなません。

つまり、止める治療を決める、捨てる治療を決めてシンプルにする、ことが始まりで、治療の前に絶対に必要なことなのです。

もちろん、部位別に薬を変える必要もありますが、症状を一旦ゼロにしてから必要なことなのです。それまでは、2種類、多くても3種類で治療する必要があります。

また、季節で保湿剤ががらりと変わることはありません。ローションか軟膏に変更になるくらいです。

ちなみに、クリームは傷があるとします。子どもの場合には、痛い重いをすると二度とやらせてくれなくなるので、クリーム(軟膏とは別。軟膏はクリームより油分成分が強く、基本しみない)は、全般的にお勧めできません。

アレルギーに対する薬(特に内服)も、アレルギーの種類別には考えません。何のアレルギーに対してどの薬・どの治療・どの対応と考えることで、複数のアレルギーを1種類の薬で治療することができ、必要最小限の対応ができます。これが無いと薬が増えていくだけ。

例えば、重症度を別にすれば、アレルギー性鼻炎と蕁麻疹の内服は1種類で済みます。が、アレルギー性鼻炎はこれ、蕁麻疹はこれと複数の薬を内服している場は2種類が必要になってきます。

2)出来るだけ、治療が簡単になる「環境」にする

治療を始めるのに、ライフスタイルを変える必要はないです。

皮膚は手をかければかけるほど良くなります。触ることで愛情とエネルギーを与えます。なので、子どもが泣くのであれば、ちょっとした工夫を学ぶことが必要です。

まずは、治療が簡単に行えるような、全てがシンプルになるような環境整備を行いましょう。

例えば、スキンケアセットは一つにまとめる。乳児の場合には、ケースにオムツとオシリナップと保湿剤を一緒入れておき、いつでも使えるようにします。そして、必ず定位置を決める。一つを移動するのではなく、複数用意することが大切です。

軟膏を塗ろうと思っても、スタートするのに時間がかかれば、何歳でも子どもは嫌がります。

家族で治療している場合、個人個人で薬が違う場合があります。この場合、入れ物を分けることで、間違いがないようにします。

とてもスキンケアが仕切れない時もあります。そんな時には、自分の両親に助けを求めるのも一つの手です。この場合、意外とおじいちゃんが活躍されることが多いです。

「どれ、じいちゃんがやってやるぞ。すぐ良くなるからな」

現状を変えたいと思えば、絶対に現状は変わります。

全てを自分で背負い込む必要はなく、本当の人生は、治療が終わった後からはじまります。が、良くならない方は、良くならなかったこれまでと同じ方法を常に選択し続けることが多いと感じてもいます。

これまでとは、違う方法を選んだ人だけ、人生が変わっていくのです。

しかし、これはプロとがっちり組んだ場合の話。生まれ、育ち、ライフスタイル、子育てへの考え方が合っている人と組まないと無理だと思います。

3)全てのアレルギーを、一気に治療するのが原則

アレルギーは、治療していれば、症状がないのが普通。

症状がない状態が普通なのだと「脳」に覚えこませる必要があります。

徐々に症状を無くした場合、脳は「痒い時もあるのが普通だ」と認識してしまいます。なので、症状は徐々にではなく、一気に無くす必要があるのです。

アレルギーの治療は一気に全部を治療するのが原則。

ですが、もし順番をつけるなら、

①睡眠をどのくらい妨げているか

②日常生活にどのくらい支障があるか

で、始めるのが正しいやり方。

具体例で言うと、アトピー性皮膚炎、気管支喘息、アレルギー性鼻炎、食物アレルギー、動物アレルギー、金属アレルギーの順番で治療、対応していきます。

4)悪化時の対応は知っているかどうかだけ

「リバウンド」と「悪化」は違います。

リバウンドは、「完全に元に戻る」、もしくは「前より悪くなる」こと。悪化は、「一時的に」症状がゼロより悪くなることです。

プロと組んで、がっちり治療していればリバウンドはありません。「悪化」は慣れれば、これこれの薬を使えば何日で症状が無くなるとわかる状態なので、対応できれば全く問題なし。

人間の身体は気分と一緒で上下します。上下しないようにするには時間が必要なのです。

まずは現状把握、治療の経過は必ず写真を撮ります。

悪化時の対処は知っているか知らないかだけです。

こうすれば良くなる、これは効果が無かったと、プロと一緒に経験しているかしてないかだけなのです。

5)だから、これが必要です

①何に対しての薬なのかを質問する

薬は出来るだけシンプルにします

②効果のない治療は自分で止める

自分で効果がないと言って、止めて良いのです。

③悪化時の対応は把握しておく

こればかりは経験が必要ですが、これまでと同じやり方では経験できません。

 

【写真はステロイドを減量中の方の治療1ヶ月後】

【治療内容】話し合いの結果、治療方針を決定しました。その方針をもとにご自身で薬を調整しています。ベタメタゾンを毎日塗布から開始、徐々に保湿剤に置き換え、その後はデキサメタゾンに変更、保湿剤による治療に変更しながら塗布日数を1日おきにまで減量してます。

【治療費用】単回診察3万5000円/45分

【治療中に起きる可能性】多毛、膿痂疹などの感染症、酒さ用皮膚炎など

#「アトピー性皮膚炎の治療中に起きる可能性のあること」はこちら

関連記事

  1. 体の洗い方にはポイントがある

  2. 乾燥肌を治療するべき理由

  3. スキンケアで顔が痒いのは、美容液を塗りすぎだから

  4. 保湿が必要な赤ちゃん

    皮膚だけの問題じゃないアトピー性皮膚炎

  5. 薬の強さはどうやって決めるのか

  6. 脱ステロイドを選んだ人はまじめで、傷ついている

PAGE TOP