なぜ、アフリカゾウ保護に寄付するのか

子どもたちに未来を残すのが、私の役目です。

両親と妹からの開業祝いをアフリカゾウ保護の支援に使いました。

1) アフリカゾウの90%はすでに消滅

アフリカゾウの密猟は3万頭/年行われていると言われ、すでに現存するアフリカゾウの90%が死亡、現在も年10%の割合で密猟が行われています。

1940年代に500万頭いたゾウは、2010年代には50万頭に激減、2大密猟地域と言われるタンザニアでは60%、モザンビークでは48%のゾウが5年で消滅。

この密猟はテクノロジーの進化とも関連しており、旅行者のSNSでゾウがいる情報を密猟者がチェック、ドローンや衛星の位置情報でゾウの群れを割り出します。

次にマシンガンでの射殺、水飲み場に毒、また毒矢で殺すなどの手法で密猟が行われています。

また、牙を取るときには、死後硬直が始まるとチェーンソーでも歯が通らないゾウの固い皮膚のために、生きたまま顔ごと切り取る方法が主流です。

私「写真みとく?」

娘「やめろ!」

私「逃げてちゃダメじゃん、現実みないと」

娘「パパだけ、現実見ればいいじゃん!もう一回言う、止めろ」

2)なぜ、密漁で絶滅するのか?

密猟はゾウの牙、象牙を取るのが目的。

このため、牙の大きなゾウから狙われていきます。

牙が大きいこと、つまりは成熟しているとゆうこと。ゾウの繁殖適齢期である40~50歳のゾウが該当するので、ゾウが増えません。

次に狙われるのが、メトリアーチと言われる大きな牙を持つメスゾウのリーダー。

メトリアーチは、安全な水飲み場やエサ場を知っていますが、この知恵が伝承される前にリーダーが死亡すると、安全策を知らない群れは全滅します。

このため、アフリカゾウの70%はメスになりました。

娘「ふーん」

3)象牙の密猟の原因は日本

象牙は主に日本と中国に輸出されています。いまだに日本では当然印鑑での使用も多いと言われています。

1984年だけで、日本には474トンの象牙が輸出されており、これは野生のゾウの50%、72万頭分に当たります。

これに反発した西欧諸国が1989年にワシントン条約で研究目的以外は禁止にしますが、なぜか日本は諦めません。

1997年にボツワナ、ナミビア、ジンバブエ、2009年にはこれに南アフリカを加えて、自然死したゾウの象牙を日本と中国が輸入できるようにします。

逆に貴重となった象牙。

これが、中国での象牙人気に爆発的な火をつけ、密猟された牙は中国へ輸出されます。

しかし、経済も爆発的に伸びた中国は、成熟した国家へと歩みを進めます。

それまでは、国家ぐるみで象牙の密輸をしていたとされる中国は、2016年象牙売買の市場を完全閉鎖します。日本と違い中国は政府がダメと言ったらダメです。政府の決定を覆すことは不可能で、違反した場合、日本ではありえない厳罰がまっています。

このため、最大の輸出国を失った象牙の値段は、1/3に激減します。

変化する中国に対して変化しないのが日本です。

4)あり得ない日本

中国とは逆、日本はあり得ない行動にでます。

ワシントン条約の1989年より以前に輸入された象牙に関しては、自由売買は継続だとし、2016年中国とは真逆の「象牙売買完全禁止に反対」を表明します。

この理由について、「日本は密輸を認めていない。だから、日本に新しいも象牙は入ってこないので、市場閉鎖の対象外である」と世界に向けて主張しつづけています。

なぜか、世界に逆行し始めました。

中国におけるサイの角やトラの骨の問題はあるにせよ、中国はやると言ったらやります。それも、すぐに、徹底的に。上海と深圳暮らしが長かった妹からよく聞かされていました。

私「中国はまわりから、どう思われる?」

娘「偉いと思われるんじゃない?」

私「じゃあ、日本は?」

娘「・・・・・」

妻「なんか、〇〇〇もあったよね?」

私「化石燃料発電所の輸出とかもね」

まだ、経済大国だと認識してくれている国が多いうちに、率先して世界を守るリーダー的な存在になるのは、非常に有利なことです。

密猟は需要がある限りはなくならず、現にゾウの密猟はなくなっていません。

象牙の需要は、どこにあるのでしょうか?

私「ドキュサイン、株価232ドルなんですけど?」

娘「印鑑って、象牙の必要ないじゃん」

世界から見られている立場と世界基準の行動を子どもたちには考えて欲しい。

だから、「下の娘が小さいうちに、まだ野生のゾウやライオンが絶滅する前にアフリカに行きたいんだよ。ウマに乗って、野生動物と走りたいんだよ」と話した時、娘はすでに寝てました。

個人で出来る活動には限界がある。でもやっている人たちはいます。

#アフリカゾウの涙

なので、今回の支援はアフリカゾウ。

子どもたちに未来を残すために、自分ができることをやっているだけなのです。

 

 

関連記事

  1. 自己肯定感を高めるために

  2. 視力と人との距離

  3. なぜ、「えんとつ町のプペル」の看板を設置したのか?

  4. 寝るために手助けが必要な子

  5. 無理に食べさせると子どもはトラウマになる

  6. 妻への感謝は言葉で表す

PAGE TOP