日焼け止めの選び方

【質問】:日焼け止めは、どれを買えば良いですか?

【回答】:紫外線散乱剤で、食物成分なし、ウォータープルーフなしです。

1)日焼けは、肌の老化です。

日焼けは、シミ、シワ、タルミ、見た目の老化に直結します。

日焼けすると肌が痛み、シミになるから。

詳しく話すと、肌の張りをつかさどる部分が萎縮し、結果シワ、タルミになります。

2)世の中では、シミ、シワ、タルミはクリームでとれると思われています。

難しいです。

シミはレーザー、シワ、タルミは手術でリフトアップするか、ボトックスやヒアルロン酸など注射して物理的に緩ませるか盛り上げるしかないと思っています。

ちなみに、シワを取る注射は3ヶ月~6ヶ月しか効果がなく、繰り返し打たなくてはなりません。

シワを取る注射で失明する事例も出ており、副作用は甘く見てはいけません。

シミ取りのクリームで、肌の色が抜けてしまう大規模な事件もありました。

美容の道は簡単ではないのです。

3)日常でこそ、日焼け止めは必要

最近、高校生男子からの日焼け止めやスキンケアの相談がとてもとても増えました。

世界的にもコロナ渦でのスキンケア市場は大きく開放され、化粧品会社は各社空前の売り上げを記録しています。

特に、シミ、シワ、タルミは予防するのがベストで、保湿と日焼けは日常的に使うことが必要です。

日常使いの日焼け止めはSPF20~で十分、と巷では語られていますが、私はSPF50、PA++++を使っています。紫外線の増加と今後の寿命の長さを考えると、これくらいは必要だと思うからです。

最低でもSPFだと30以上。

「地球は温暖化してるけど、紫外線は別よね」とは、ならないでしょう?

例え、2時間以内の外出なら塗らなくても大丈夫と言われても、大抵の予定は2時間以内できっかり終わりません。

寿命の長い子ども達にとっては、今後皮膚ガンが増える可能性が指摘されており、老化だけでなく、ガン予防としても必要です。

リスクは出来る限り、減らすものです。

ちなみに、私は日傘もアームガードも使いますし、我が家では自宅、車内、妻のカバンの中、娘のカバンの中、私のカバンの中と最低5つは常備しています。保湿に至っては、このほかに次女のオムツ替えセットの中にも入っています。

飲む日焼け止めは無理だと思います。

4)日焼けだけは、絶対に・・

対策なしの日焼けを繰り返し、40歳を過ぎると、特に見た目の老化が急激に進行していく印象があります。

シミ、シワ、タルミは出来てからでは戻れません。

また、アトピー性皮膚炎を持っている方は、日焼けをすると湿疹や傷の跡がプリントアウトしたように残ってしまいます。

韓国の方は、リゾート地でも、長袖、つばの広い帽子、サングラスと日焼け対策をがっちりされている印象があります。

さすがはエンタメ大国。ネットフリックスでもコリアンドラマが席捲するはずです。

見習いたいものですね。

それは置いておくとして、製品を選ぶ際に注意が必要なのは、アトピー性皮膚炎を持っている方。

食物・植物成分入りの製品は、高い確率でそのアレルギーになります。

#皮膚から食物アレルギーになる

5)結局、日焼け止めはこれ

①紫外線散乱剤を選ぶ(紫外線吸収剤不使用)

ジェルタイプも紫外線吸収剤が多いので、避けるのが無難です。

ローションタイプが良いのでは?

紫外線散乱剤:酸化亜鉛、酸化チタン(大抵、一緒に入っている)を選ぶ

もしくは

紫外線吸収剤:メトキシケイヒ酸エチルヘキシル。これを避ける

多くの製品では、「紫外線吸収剤不使用」と表示されています。

サーフィン用以外ではあまり問題にはなりませんが、散乱剤を入れると白く、使用感が固くなります。

飲む日焼け止めは、無理ゲーだと思います。

②2~3時間おきに塗り直す

日焼け止めの効果が切れるので、2~3時間おきに塗り直します。

ちなみに、塗るときは塗りこむのではなく、置くように塗ります。

③オーガニック、食物成分入り✖

憧れのモデルさんも使っています。

いや、私も欲しいわ。

お待ちなさい。

しかし、アトピー性皮膚炎を持っている、または肌が荒れている方は、そのオーがニックや食物成分の食物アレルギーになる確率が高いです。

止めましょうね。

④ウォータープルーフは✖

ウォータープルーフは文字通り、水をはじくので取れにくいんです。

なので、夜ケアしようと思ったら、強めのクレンジングもしくは何度か顔を洗わないといけません。

根こそぎ皮脂が持っていかれ、肌のバリアーが壊れます。

肌がデリケートな方は、やめましょう

【結局はどれ?】

例えば、 これです。

ニベアサン プロテクトウォーターミルクマイルド(ウォータープルーフではないです)

スキンアクア モイスチャージェル(これだけ、ウォータープルーフ)

 

関連記事

  1. 「保湿」は、自分への投資です

  2. 乾燥肌を治療するべき理由

  3. 赤ちゃんの口周りの荒れ

  4. コーヒーとアトピー性皮膚炎

  5. アレルギー治療とは、心と体のバランスを取ること

  6. リント布 つけ方

PAGE TOP