アトピー性皮膚炎 治療をするときに必要なのはこれ

これまで、年間のべ7000人の方を診察してきましたが、アトピー性皮膚炎が良くならない方は、「薬の選び方と塗り方」が間違えているからです。

良くならない方は、一般的な強い弱いで決めた薬を悪い時だけ塗る。もしくは最初から自然の力を信じて薬を使わない。しかし、これだと基本的に悪い状態がさらに悪くなったときだけ薬を使う羽目になるので、どこの病院に行っても同じ事の繰り返しです。

アトピー性皮膚炎は毎日薬を塗り段階的に減らしていくのが主流で、きちんと治療していれば、症状が無いもしくはほとんど無い日常を目指しています。

 あなたが良くならなかったのは、これまでは治療の選択肢が少なすぎたから、本来なら良くなるはずのものを治せていなかっただけ。本当はたくさんの、さまざまな症状にあった効果的な薬と使い方があって、症状を無くし、最終的には薬自体を使わなくてもよい状態を目指すのが私たちの行う現在の世界標準です。

症状を無くして薬を使わなくても良くするために、これまでの経緯をよく聞いて、あなたの症状に対して薬を選び、これまでとは違った角度で血液検査の分析を行い、あなたのアレルギーを全く別の方向から見直すことで、じっくり治療方針を立てます。つまり、まったく別の方向からアプローチするので、これまでにない結果を得ることを目指します。

当院で治療するのに必要なものなので、疑問に思うことがあったら、ここを読むと答えがあるかもです。

1)アトピー性皮膚炎は治療していれば・・

◎症状がないことを子どもに残す

2)「アトピー性皮膚炎」とは

◎アレルギーは触発されて次々起こる

3)治療について

◎アトピー性皮膚炎の治療はちょっと違う

アトピー性皮膚炎の治療中に起きる可能性のあること

4)スキンケアについて

口の周りが荒れやすいのは、ポイントを知らないだけ

目の周囲の塗り方

肘と膝はポイントを知るだけで良くなる

アトピー性皮膚炎は、マーキングで決まる

体の洗い方にはポイントがある

子どもの軟膏塗布、こうすれば上手く行く

良くならない指のケアは続ける?

5)薬について

軟膏を塗る量、大きな誤解

保湿剤の選び方

6)ステロイド関連

◎ステロイドの強さと考え方

◎脱ステロイドを選ぶ人はとてもまじめ、そして傷ついている

【写真は治療6ヶ月後】

【治療内容】ベタメタゾンを毎日塗布から開始、その後デキサメタゾンに変更、保湿剤による治療に変更しながら塗布日数を減量。治療開始6ヶ月後の現在アルクロメタゾンを、週1回体幹だけに塗布しています。

【治療費用】家族診察6ヶ月80万円

【治療中に起きる可能性】多毛、膿痂疹などの感染症、酒さ用皮膚炎など

#「アトピー性皮膚炎の治療中に起きる可能性のあること」はこちら

関連記事

  1. スキンケア製品は引き算で選ぶ

  2. 良くならない指のケアは続ける?

  3. 新生児からのスキンケア

  4. エステ関係者のためのアトピー性皮膚炎と経営リスク

  5. スキンケアで顔が痒いのは、美容液を塗りすぎだから

  6. 乾燥肌の時点でアトピー性皮膚炎の可能性がある

PAGE TOP