なぜ私がジャパン・ハートの支援をするのか

「たとえ命は救えなくても、心救われる医療を。」

先月、参加しているオンラインサロンでジャパンハート代表の吉岡先生の対談をみました。

ジャパン・ハートは、吉岡先生が設立した団体です。

途上国で、それも自らの力で、病院や学校を建設し、子どもたちの未来を作り続けています。

私にはできないことをしてくれている方でした。

今、世界はとても、とても、とても大きく変わっています。

アメリカや中国、イスラエル・・・

とても、とてもすごい技術が現実になりつつあります。

無人の自動運転の長距離トラックが、自分で故障個所を判断して、部品のある修理工場に行く。

インドネシアの旅行中にアメリカ人の医者にバーチャルで診察してもらう。

アフリカ、インド、ベトナム、インドネシア、フィリピン・・・

とても、とても経済発展が著しく、急激に豊な人が増えています。

人口減少する日本で、子どもたちに何ができるのだろうか?

勉強すればするほど、「新しい時代」とゆう名前の船の座席数は決まっていることがわかります。

私がこの船に乗れば、子どもたちの座席はありません。

だから、私は旗を振って「新しい船」が来ていること、その船は日本以外の人たちを満載にして、次々に出航していることを子ども達に教えます。

私が船に乗せてあげるから、船に乗る時にはアレルギーなんていらないものは捨てていけば良い。

私も、もういい歳です。

子どもたちを未来とゆう名の新しい船に乗せて、送り出せばお役御免でよいでしょう。

だから、うちのクリニックでは、子どもたちの未来を創ることしかする気はないのです。

 

関連記事

  1. 育児を母親のワンオペにさせない

  2. 買い物途中で娘を見失った話

  3. 直らない夫の習慣

  4. AIがカルテが書いてくれる

  5. 周囲の子はどんな習い事をしているのか?

  6. 私たちが行うシングル子育て支援

PAGE TOP