プリックテスト(皮膚テスト)

【プリックテストのやり方】

食物を直接検査に用いる皮膚テストです。

①検査用の針を食物→皮膚の順に押しつけます。

②15分後に反応を判定します。

実際の映像(大体こんな感じ) 

Skin prick test: Prick to prick method

 

【準備食品】

・症状のある食品、気になって調べたい食品をご家庭でご準備頂きます。

・季節的に手に入らないものは構いませんし、量はごく少量で構いません。

・果物に関しまして、缶詰や加工品はお避け下さい。(熱でアレルギー成分が変性するため)

(例:リンゴ、モモ、ナシ、サクランボ、ナッツ類など)

・特殊検査薬の必要があれば、こちらで用意します。

【事前に中止する薬】

・事前に中止して頂きたい薬剤がありますので、該当する薬あればを中止下さい。

★3日前から中止:

・抗アレルギー剤

ジルテック、ぺリアクチン、アタラックス、クラリチン、アレジオン

ゼスラン・ニポラジン、ザジテン、オノン・シングレア

・ステロイド内服薬(吸入除く)

・ステロイド外用剤使用の患者様は当日朝のみ塗布はなし

ご質問があれば、LINEまでお願いします。

関連記事

  1. そば負荷試験の準備

  2. 魚負荷試験説明と準備

  3. 来院してから

  4. 負荷試験の説明ならびに同意事項

  5. 食物運動負荷試験

  6. 小麦負荷試験の準備

PAGE TOP