アレルギー反応とは

1)アレルギーは、免疫が暴れだしていること

バイ菌などをやっつけようとする仕組みを免疫と言います。

この免疫が暴れ出し、食べ物や花粉な有害でないものも「自分の敵」と考え、自分も敵も区別せず攻撃します。

この時に、鼻を攻撃すればアレルギー性鼻炎に、気道を攻撃すれば気管支喘息の症状が出るイメージです。

つまり、暴れている。

免疫が暴れ出してしまうことが、「アレルギー」で、起きてくる症状が「アレルギー反応」です。

このアレルギー反応は、年齢、アレルギーを起こす物質、その時の体調で全く症状がちがいます。

また、「何か特定のことをこうしたらアレルギーになった」というものではなく、「あなたが、たまたまアレルギーを起こしやすい体質であった」とゆうことです。

ちなみに、免疫を上げてアレルギーを治すのは間違い。

暴れている「免疫を整える」のが正解なのです。

暴れているアレルギーを盛り上げてもしょうがありません。

2)敵の侵入から、攻撃が起きるのがアレルギー

この攻撃を引き起こす物質をアレルゲンと言います。

食べ物で起きると食物アレルギー、花粉やダニが原因で症状が起きるとアレルギー性鼻炎になります。

敵(原因)の侵入から「攻撃(症状)が起きるのがアレルギー」

つまり、症状がない=暴れ出していない

症状があってはじめてアレルギーなので、症状がなければ採血の値は関係ありません。

また、健康保険の採血はたとえ「牛乳」の項目であったちしても、アレルギー反応を起こす限られた部分しか検査できません。なので、「採血では反応がないんですけど」や「採血の値は低いのですが」は、こういった意味であり、人によって正確な体の状態を反映していないことも多々あります。

アレルギーの採血は、年齢、食べ物、症状、合併するアレルギーによって、見るべきポイントと対応が全く違ってくるので、幅広い経験と知識が必要です。

3)世の中のすべてのものがアレルギーの原因になる

さつまいも、キャベツ、紅色2号、歯磨き粉・・・・

この世の中すべてのものがアレルギーの原因になります。

そして、アレルギーは体の中の問題なので、色々なアレルギーが密接に絡んでいます。

例えば、ダニと喘息、アトピー性皮膚炎と食物アレルギー、花粉症からの果物・野菜アレルギー、ヨモギアレルギーからのスパイスアレルギー、ネコアレルギーとブタ肉など、一つアレルギーがあると他のアレルギーを呼んできます。

なので、アレルギーは一つだけでも、複数持っている場合もあり、それは完全に体質に依存します。

4)体調、体質、体に入ってきた量で、症状は変わる

アレルギー反応、つまりアレルギーの症状は人によって大きく変わります。

その子の体質、その時の体調、体に入ってきた量でまったく症状の強さは違います。

例えば、子どもの卵アレルギーで普段は唇が腫れるだけだとしても、「鼻かぜかな?」くらいの程度でも、全身蕁麻疹が出て、ぜーぜーし始めたりします。

つまり、「普段は唇が腫れるだけだった」はアレルギーでは通用しません。

正直に話すと、子どもが自宅で夜間に突然ゼイゼイし始めたら、恐怖以外のものではありません。

私でもそうですから。

症状を出さないための工夫が必要なのです。

5)だから、これが必要です

①細かいことを知ろうとすると混乱するだけ

細かい話は理解できる範疇を超えています。それは医師でも同じです。

②触らなければ症状はない

大切なのは症状がないことです。どうするのが効率が良いのかだけに注目します。

③思い込みは捨てる

「普段はこうだった」は通用しません。

【治療内容】

治療内容:各種採血検査、実際に食べてみるなどの負荷試験を行います

費用:保険診療、薬物アレルギーだけは自費診療(35000円:詳細はこちら)。

考えられる副作用:頻度は少ないですが、蕁麻疹、咳、アナフィラキシーなどのアレルギー症状が起こる可能性があります。

 

【参考文献】

札幌市保育所等における食物アレルギー対応マニュアル

②海老澤元宏編. 症例と通してまなぶ年代別食物アレルギーの全て 改定2版. 南山堂

③赤ちゃんとお母さんのためのアレルギー読本. 周産期医学 Vol.48 増刊号. 2018.

関連記事

  1. アレルギーを起こしやすい子

  2. 乳児湿疹 冬におすすめの保湿 

  3. ハチアレルギーについて

  4. アレルギー受診前に相談できます

  5. アレルギーが良くなる人とならない人の差

  6. アニサキスアレルギー

PAGE TOP