生後1か月の肌荒れ

札幌のアレルギー科・小児科(アレルギー)のアルバアレルギークリニックです。

本日は生後1か月の肌荒れとゆうタイトルでお話しさせて頂きたいと思います。

1)生後1ヶ月の肌荒れ

生後1ヶ月の子に多い肌荒れは、一番多いのが乾燥、次がざらつきやオムツかぶれです。

そして、生後1ヶ月の肌荒れは、30%が乳児湿疹と言われています。

この時に大切なのが、保湿だけで乾燥やざらつきがまったく無くなれば、「原因はよくわからないけど荒れた時期あったよね」で済みますが、保湿を塗っていても「治らない」、「荒れてくる」のどちらかがあれば、それは単なる乳児の肌荒れではありません

そもそも、生後1か月の子が乾燥肌の時点で、肌のバリア機能が異常になっており、この保湿だけでは治らない状態は、乳児湿疹とはもはや呼べません。

この状態の半分の子はアトピー性皮膚炎の初期症状と言われています。

生後1ヶ月の肌荒れの時に、すでにアトピー性皮膚炎が怪しい状態は

①急激に広がってくる

②保湿だけで治らない

③湿疹が典型的な部位に出現、掻痒が強い場合

上記では、アトピー性皮膚炎が怪しいとゆうよりほぼ確定と思ってよいでしょう。

ちなみに、乳児アトピー性皮膚炎は生後2~3ヶ月頃までに発症し、8ヶ月頃までは加速度的に悪化し、10ヶ月頃には軽快傾向になるとは言われていますが、軽快するだけで治る訳ではありません。

1~3歳くらいでまた悪化することが多く、悪化すればするほど悪化の程度はひどくなっていきます。

2)保湿剤の選び方

「クリームタイプ」で、「セラミド入り」かつ「食物・植物が入っていない」ものです。

生後1ヶ月の肌荒れの場合、油分成分の多いクリームか軟膏一択です。

ローションは夏場ならなんとかなるかもしれませんが、冬に荒れてきた場合、ローションによるスキンケアでは水分成分が多くて効果は期待できないです。

成分としてはセラミドが入っているものを選びます。

セラミドは肌の保湿をになうメイン成分で、多くの研究でセラミドの効果が報告されています。

食物・植物が入っているものはNGです。

荒れた肌に、食物・植物が入っているスキンケア製品を使うと、その成分のアレルギーになる確率が跳ね上がります。現在はオーガニックやナチュラルが主流のため、ほとんどの製品に食物・植物成分が含有されていますが、荒れた肌には逆効果。

避けるべきです。

3)保湿作用のないもの

乳児湿疹と言われ処方されるのに、保湿作用がない代表的なのが、ワセリン、亜鉛華軟膏、尿素製剤です。

ワセリンは、よだれなどをはじく目的で使用しますが、全身に塗っても荒れた肌はなおりません。全身に塗る場合には使い心地も悪く、ほこりなどの汚れが付きまくるのでまったくお勧めではありません。よだれが多い子の口回り、オムツかぶれの時に使います。

一部の地域では、亜鉛華軟膏を保湿剤と呼び使用している地域があるようですが、保湿作用はないので意味はありません。亜鉛華軟膏は、オムツかぶれの時などに使用します。

またかゆみ止めとして処方されるオイ〇ックス、レス〇ミンも、効果はほとんどないばかりか、色素沈着を引き起こすことが多いので使用はしません。

4)スキンケアや保湿のみは✖

アトピー性皮膚炎の子の70%は家族、特に母親がアトピー性皮膚炎をもっています。

家族にアトピー皮膚炎があると、その子がアトピー性皮膚炎になる確率がはね上がるため、出来るだけ早く治療が必要です。

大切なことは「スキンケアをしているのに肌が荒れている、湿疹が治らない」のに、同じ治療を続けるのは意味なしとゆうのを知ること。

つまり、「保湿をしておいて」、「自然に治るから」と言われて、良くなってないのにそのままスキンケアや保湿を続けてはいけないとゆうことです。

乳児の肌が荒れている場合の治療は、基本的にステロイドを使います。

肌が荒れてしまった場合、使ってよいのはステロイドのみ。

ステロイド以外のものを単独で使うのは、表面上で、しかも「まだマシになる」程度のしかなく、黒く色が残りやすい(色素沈着)です。

また、乳児にかゆみ止めとして内服をさせるのも効果がないのでアウト、それも複数種類飲ませるのはもっと悪い打ち手です。

この時のステロイドは、かゆみやざらつきを無くし、全くなにもない状態を維持しながら保湿剤へ移行するために使います。

しかし、治療が遅れれば遅れるほど、湿疹が出ている期間が長ければ長いほど治りにくくなり、ステロイドの使用は長期になります。

全ての病気がそうですが、それまでの経過が長ければ長いほど治りにくくなります。

癌、ひざ痛、長ければ長いほど治りにくい感じがしませんか?

5)生後1ヶ月の肌荒れにはこれ

①クリームか軟膏

特に、冬はこれ一択です

②セラミド入り

セラミドは肌の保湿のメイン成分です

③食物・植物入りは✖

無添加と書いてあるのに、入っているときがあります

【当院の治療内容】

治療内容:各種検査を行います

費用:保険診療の範囲です。

考えられる副作用:保湿が合わないなどの特殊な例を除きありません

関連記事

  1. アトピー性皮膚炎 治療をするときに必要なのはこれ

  2. 意外と知らない手荒れの予防法

  3. 赤ちゃんの口周りの荒れ

  4. 乳児湿疹 保湿しない方が良い?

  5. 夫の協力でアトピー性皮膚炎の治療は上手く行く

  6. アトピー性皮膚炎の治療中に起きる可能性のあること

PAGE TOP