院長より:アルバのアレルギー診療について

院長より:アルバのアレルギー診療について

札幌市南区のアレルギー科・小児科(アレルギー)のアルバアレルギークリニックです。

これまで、年間のべ7000人の方を診察してきました。

例えば、アトピー性皮膚炎が良くならない方は、「薬の選び方と塗り方」が間違えているからです。

良くならない方は、一般的な強い弱いで決めた薬を悪い時だけ塗る。もしくは最初から自然の力を信じて薬を使わない。しかし、これだと基本的に悪い状態がさらに悪くなったときだけ薬を使う羽目になるので、どこの病院に行っても同じ事の繰り返しです。

アトピー性皮膚炎は毎日薬を塗り段階的に減らしていくのが主流で、きちんと治療していれば、症状が無いもしくはほとんど無い日常を目指しています。

例えば、蕁麻疹で、長年同じような薬を飲み続けていませんか。

お医者さんに相談しようにも薬を飲みなさいと言われるだけ。良くも悪くも良くもならないまま、こんなものだと諦めているかもしれません。実はどんな症状が出るかによって、薬の組み合わせを変えます。いまは、注射の薬があるので、蕁麻疹ゼロを目指せます。けれど、きちんと薬を組み合わせるためには、しっかりと時間を作って医師と話す必要があります。

例えば、採血では大丈夫なはずなのに、食べるとお腹が痛くなったり、逆に、食物アレルギーだと言われたものを食べてもなんともない、もしくは、医師にそんなアレルギー聞いたことないと言われ、どうしたら良いのか悩んでいませんか?

実は、食物アレルギーの採血は、年齢、食べ物、症状、合併するアレルギーによって、見るべきポイントと対応が全く違ってくるので、幅広い経験と知識が必要です。

 あなたが良くならなかったのは、これまでは治療の選択肢が少なすぎたから、本来なら良くなるはずのものを治せていなかっただけ。本当はたくさんの、さまざまな症状にあった効果的な薬と使い方があって、症状を無くし、最終的には薬自体を使わなくてもよい状態を目指すのが私たちの行う現在の世界標準です。

症状を無くして薬を使わなくても良くするために、これまでの経緯をよく聞いて、あなたの症状に対して薬を選び、これまでとは違った角度で血液検査の分析を行い、あなたのアレルギーを全く別の方向から見直すことで、じっくり治療方針を立てます。つまり、まったく別の方向からアプローチするので、これまでにない結果を得ることを目指しています。

じっくりと治療方針を決めるために、大混雑する火曜、金曜、土曜日よりも、水と木曜日の11時、13時をお勧めいたします。

 

関連記事

  1. こども:アトピー性皮膚炎の日焼け止め

  2. エピペン 緊急時に使う注射

  3. アトピー、蕁麻疹、喘息:重症の人ための注射治療

  4. 見た目の老化、睡眠不足、そしてアレルギー

  5. アレルギー治療とは、心と体のバランスを取ること

  6. 当院での治療

PAGE TOP