食物アレルギー 減感作療法:卵のレシピ

1)減感作=免疫療法

今は、一般の先生も「ちょっとずつ食べて」と言われることが多くなってはきました。

以前「減感作」と言われていたのは、「免疫療法」と呼ばれています。

特に食べ物では、「経口免疫療法」と呼ばれています。

免疫療法の基本は、自分の体が敵(アレルギー)だと思っているものを、ちょっとずつ体に入れて慣れさせていく方法です。

2)食べることが治療です

以前の食べ物アレルギーは「完全除去」といって、含有している食品(例えば、卵アレルギーの子のパンとか)も全く食べずに、治ってくるのを待つことが主流でした。

以前はこれで治ると言われていましたが、考えられているよりも治りません。

3歳までに30%、6歳までに73%が治ったと報告されています。

つまり、3歳の時点で70%が治っておらず、6歳でも約30%の子が治っていないとゆうことです1,2)

また、これ以上経過を見てもほぼ治りません。

10歳で85%が治ったとの報告もありますが、単純に考えると6歳から10歳で12%しか治っていません。

つまり、年齢が大きくなればなるほど治る確率が減っていきます。

他に方法がないのであればしかたがありませんが、こんな賭けみたいなことを自分の子供にする必要はありません。

3)卵アレルギーの攻略方法

卵アレルギーを治すコツは、「症状のない範囲で食べ、食べられる範囲を徐々に増やしていくこと」です。

完全除去の期間が長ければ長いほど治る確率は減っていくので、出来るだけ早い段階から治療を開始します。

治療を開始前には、必ず経口負荷試験を行って、「症状なく食べられる量」を確認します。

アレルギーは症状が出ればでるほど、その症状が強ければ強いほど、体ががっちり敵だと認識するので、治りずらくなっていきます。

このため、時には卵のアレルギー成分を減らす必要も出てきます。

卵のアレルギー成分の強さが減るのは2つ

①加熱

②小麦と調理する

例えば、2分のゆでたまごより5分のゆで卵の方がアレルギー成分の強さは減ります。

一方で、ケーキよりもクッキーの方が熱が通るため、同じ卵の量を使っていたとしてもアレルギー成分は格段に減ります。

つまり、卵5gが含まれているクッキーが食べられるからといって、同じ5gのケーキが食べられるわけではないのです。

まあ、「お菓子やパンにすればアレルギー成分が激減するよ」とゆうことです。

卵自体のチャレンジがまだ早いときに活用します。

4)調理方法が大切

経口免疫療法は、施設によってやり方が様々にありますので、そのクリニックの方針を確認しましょう。

アレルギー医であれば、細かいやり方はそれぞれ違いますが、ゴールとするところは一緒です。

登山で上るコースに違いがあるようなものです。

さて、卵アレルギーの治療は食べることで、それも週2~3回を1~3年が必要です。

このため、飽きさせない調理方法に工夫が必要です。

卵の特徴はとにかく、何かと一緒もしくは混ぜることです。

①カレーと一緒に食べる(鉄板)

②チョコレート、メープルシロップ、ホイップクリームと一緒(準鉄板)

③チャーハン

④キャンベルのクラムチャウダー

⑤卵焼きのトリュフオイル添え

調理方法を変えるにはこんな感じのレシピがあります。

5)例えばこんな感じ

含有製品を食べられる子(食べる量の調整は当然必要)

サンドイッチ(2:39~)

卵の量を変えればよいです。

厚焼き玉子のサンドイッチだと、卵抜きのマヨネーズを使うと卵の量が調整しやすいです。

卵アレルギーが卒業間際の子向け

加熱時間を工夫することでこんなオムレツもよいと思います。

カレーの参考レシピ

辛さは無しでよいです。

うちの子供たちは2~3歳くらいから好きで、今でもインドカレーはこれしか食べないです。

【参考文献】

1)ohtani K, etal. Allergo int 65; 153-157. 2016.

2)池松かおり. アレルギー. 55; 533-541. 2006.

3)kim. j, etal. Asian Pac J Allergy Immunol, 27;107-114. 2009.

4) キャンベルとクラシルのコラボレーション

https://www.campbellsoup.co.jp/recipe/kurashiru/

関連記事

  1. 食物アレルギー 減感作:小麦のレシピ

  2. 子どものアナフィラキシー

  3. バナナアレルギーと離乳食

  4. 果物とゴムアレルギー

  5. 牛乳アレルギー食べ慣らしレシピ②

  6. アレルギーのものを食べてしまったら

PAGE TOP