脱毛前の注意事項:絶対確認

札幌市南区のアレルギー科・小児科(アレルギー)のアルバアレルギークリニックです。

処置前の注意事項

以下の場合には、処置時に、照射時の痛み、色素沈着などの反応が強くでます。施術は間隔を空ける、もしくは該当部位をさけて照射となります。

【強い日焼け】

日焼け部位は反応が強くでますので、照射を1ヵ月延期します。

また、長時間炎天下で過ごしている場合にも反応が強くでます。

このため、日焼けの程度によっては、回復後にも照射ができない可能性があります。

【ほくろ】

ほくろは疼痛、発赤、水疱が出ることがあります。避けての照射となります。

【白髪】

白髪は脱毛できません。

【アートメイク・タトゥー】

強い疼痛、タトゥー部の傍流、色の変化、熱傷などがでます。

タトゥーの近い部位も強い疼痛がでるため、該当部位の施術は不可能です。

小さなものはカバー、広い範囲では該当部位の処置はできません。必ず事前に報告してください。

また、眉毛部など眼球の周囲も、眼への影響があるので行えません。

【生理・不正出血を含む出血】

太もも・お尻・VIO」の照射は、少量でも出血がある場合には、日程を変更しましょう。

【妊娠・授乳中】

妊娠中は胎児への影響が不明のため、行えません。

また、授乳中も色素沈着が強くでやすいため、積極的にはお勧めできません。

【ペースメーカー、埋め込み式除細動器】

危機への影響が懸念されるため、装着中の患者様は、当院では施術出来ません。

【てんかん】

運転免許取得の基準にて、施術も可能ですが、当院の医師の判断と患者様の同意が必要です。

https://shizuokamind.hosp.go.jp/epilepsy-info/question/faq10-4/

【多毛をきたす疾患・薬剤】

減毛効果が弱まったり、硬毛化を起こす可能性が高いです。

・副腎病変

①先天性副腎皮質過形成、副腎性器症候群

②クッシング症候群

(異所性ACTH、副腎腫瘍、原発性副腎過形成、癌)

③テストステロン賛成副腎腫瘍

・先天性遺伝性疾患、後天性脳障害、甲状腺疾患など

・多毛をきたす薬剤(ソラレン、ジアゾキシド、ミノキシジル、再クロスポリン、ステロイド、フェニトイン)

【内服薬剤】

熱傷や皮下出血などが起きる可能性がありますので、以下の薬剤を内服されている方は、当院での脱毛処置を行うことはできません。

・金製剤(シオゾール、リドーラ)

・抗凝固剤

・レチノイド(ビタミンA製剤)、エトレチナード、イソトレチノイン

・その他、光線過敏症を起こす可能性のある薬剤

(常用薬はご申告ください、湿布は使用中止6ヶ月後以上経過しても、色素沈着をきたす場合があります)

【金の糸】

抜去後でも熱傷、色素沈着を起こす可能性があり、金の糸の施術の既往のある患者様は出来ません。

【ニキビ治療薬・美白剤・ピーリング剤等の使用】

施術の3日前には使用をお休みしていただきます。

スタッフへご相談ください。

【美容処置後】

ヒアルロン酸や脂肪融解処置などの美容処置後は、2ヶ月以上の間隔を空けてからの脱毛処置となります。

また、プロテアーゼ、シリコンなどが入っている部位は、脱毛処置ができませんので、避けて照射を行います。

インプラントなどの歯科処置は脱毛可能です。

【ケロイド】

処置後に合併症が出た場合、ケロイドが起きる可能性が高いため、当院での施術は出来ません。

【予防接種】

予防接種後は1か月あけての脱毛処置となります。

【傷跡・肌荒れ部位など】

傷跡部への照射は、強い疼痛があるため出来ません。

傷跡はさけての照射となります。

また、肌荒れ部分の当日照射はできませんので、落ち着いてからの処置となります。

スタッフにご相談ください。

【他院・エステでの脱毛】

・炎症が治まるまで、1週間程度間空けての脱毛処置となります。

・当院以外で脱毛された場合、下記の間隔を空けての脱毛となります。

 体:6週間、顔:4週間

【自己処置:ブラジリアンワックス・除毛クリーム、毛抜きなど】

処置後3週間後からの脱毛となります。

このため、処置期間中は禁止です。

これは、ターゲットとする毛幹がなくなり、埋れ毛(内包発育毛)になり、疼痛、熱傷、効果減弱などの原因になります。

【エステや他クリニックの施術】

内容によって照射間隔を調整する場合があります。

スタッフへご相談ください。

関連記事

  1. アルバの脱毛料金(小児・成人)

  2. 脱毛で起こりえる合併症

  3. アルバ脱毛処置前後の注意点(小児・成人)

PAGE TOP