医療脱毛で起こりえる合併症

札幌市南区のアレルギー科・小児科(アレルギー)のアルバアレルギークリニックです。

医療脱毛は、永久脱毛ではなく、永久減毛と言われます。

そしてイメージと違い、抜けやすい毛から抜けるので、まばらに毛が減っていき、最後に気にならない程度の産毛になる感じです。

特に、唇とあご、骨の周囲が抜けずらいので、その傾向は強いです。

一気になくなる訳ではありません。

肌の薄さ、毛の太さ、毛の密集度によっても効果が分かれ、眼に見えた効果が出るには最低3回の脱毛処置が必要です。

多くのクリニックで3回、5回のコースにしているのはこのためです。

また、すべての治療で同じですが、脱毛処置後に起きる症状(合併症)があります。

これは、ある一定割合で起きます。

当院で使用している蓄熱式脱毛器でさえ、ゼロではありません。

めずらしいけど、誰かには起る可能性があるとゆう意味です。

ほとんどが自然治癒しますが、硬毛化は時間をかけて脱毛していく必要があります。

①熱傷

症状:毛が太い、密度が濃い部分に出やすく、目の変化がないこともある。処置後に強い痛みがある場合に可能性があります。

好発部位:骨の近く、うなじ、肘、膝、あご部分などの皮膚が薄い部分。

原因:毛抜きなどでの抜毛、脱毛前の日焼け、脱毛部位のサンスクリーン剤の塗布、制汗スプレーの付着、アートメイク、残毛の剃り残し、金製剤の内服、光感受性を増強させる薬剤、金の糸治療後などで起きてきます。

②アレルギー反応

症状:処置後6~72時間より毛穴部位に一致して、痒みの強い湿疹が出現する

好発部位:下腿、鼠径、腋窩、前腕など。

③毛嚢炎

ニキビができやすい方の場合、背中、胸部、顔面のニキビは増えることがある。

症状:翌日以降に毛包に一致した紅色丘疹、膿疱を呈する。

好発部位:男性のひげ、デリケートゾーンなど。

④色素沈着

下腿、Vライン、大腿の色素沈着、下腿は消えるのに6ヶ月~1年ほどかかる。

⑤硬毛・増毛化

約0.1%の人に起こる。

起きやすい人:若い女性、もともと毛深い場合

好発部位:うなじ、下顎角、もみあげ、上腕、前腕、肩、腰など、皮膚が進展しやすい部位に起きる。毛流の変化する部位に起きやすい。

 

注意事項

脱毛効果に限界がある人がいるとも言われています。

 

※当院の脱毛処置は保険適応外です。

※蓄熱式脱毛器による脱毛処置を行います

※詳細な料金はこちらになります。

※起こりえる副作用として、熱傷、色素沈着、毛嚢炎、硬毛・増毛化などがあります。

※当院で使用しているDEPILIGHTは、韓国から輸入した日本国内での未承認機器になります。

※料金はすべて税別です。

※当院で使用しているDEPILIGHTによる重大な副作用は、これまで報告されていません。

【参考文献】

・よくわかる医療脱毛. 克誠堂出版. 2021年.

・脱毛を極める. 美容皮膚科BEAUTY. VOl4. No.2, 2021.

 

関連記事

  1. 医療脱毛処置前・後の注意点:成人

  2. 保護中: わたしの娘(中学生)の医療脱毛 実際の動画

  3. ケミカルピーリング:ニキビ治療

  4. 医療脱毛処置前・後の注意点:小児

  5. 医療脱毛をする前に:小児

  6. 医療脱毛をする前に:成人

PAGE TOP