食物アレルギーレシピ:卵とハム

1.卵アレルギーでの使い方

卵アレルギーは、卵そのものを食べてくれれば、何も問題になることはありません。

量をはかって食べるだけなので、加工が必要ありません。

ただし、

①卵の期間が2年以上になる

②年齢が2歳以上から始める

③いやいや期に入ってしまった

この3点のうち一つに該当すれば、子どもは飽きて食べてくれなくなります。

当然、大人でも卵を週3回食べろと強制されれば、キツイものがあります。

その割に親は定期的に卵を食べさせる必要があるので、ケンカになります。

この話を夫に伝えても、解決策を羅列してくれますが、あなたの気持ちに寄り添ってはくれないこともあります。

なので、子どもが飽きてくる前に、卵の食べ方、つまりレシピを探し、手を変え品を変え、食べ進めていく必要があります。

親子が平和に暮らすコツです。

大切なのは、調理をする人(日本の場合は、多くが母親)が楽をすることです。

良さそうなレシピを見つけ、ひたすらパクッていきましょう。

定番は卵とハムがレシピも多く楽です。

「時短」、「手抜き」が、最高ですね。

2. SPAMとは

青と黄色のSPAMは豚肉の缶詰で、ボロニアソーセージの缶詰版みたいなやつです。

うちでは、おにぎりによく使います。

塩分が強いので、登山の時にうちの子どもたちはよく食べています。

ちなみに、ボロニアソーセージとは、「牛腸を使用しているもの、または製品の太さが36mm以上」(日本農林規格)と決められています。

スーパーで売ってる、太いハムみたいなソーセージです。

SPAMとは、豚モモ肉を加工した「ハム」と、その他の部位の豚肉をミンチ状にした「ポーク」が使われています。お互いの旨みを引きだした状態でブレンドし、ホーメルフーズ独自の加工技術で製品化しています(ホーメルフーズ社のホームページより)。

全く関係ない話ですが、私が初めてSPAMを食べたのはもう30年以上前の沖縄です。

ポーク卵に入っていた気がしています。当時はルートビアを飲んだのも初めてでした。

祖父が沖縄の生き残りのため、終戦記念日近辺で沖縄に行き、同じ部隊の仲間が自決した祠周辺のお参りをおこなっていました。

祖父が糖尿病で透析になってからは、毎年私たち家族の誰かが行って代わりに清掃をしています。

3. 卵とSPAMで使う

定番は卵とおにぎりです。これが使いやすい。

うまく使えば、いやいや期でも誤魔化すことができます。

〇スパむすび

材料

  • スパム®
  • ごはん
  • 卵:卵は焼いたときに量を計測すればOKです
  • 焼きのり

「ポーク玉子おにぎり」の作り方 | 梶山葉月の伝えていきたい日本の郷土料理

【スパムおむすび】超簡単だけど朝から気合いで作りました!

【はなわ家ママのお弁当】簡単!映え!【おにぎりサンド弁当】

【徹底解説!!】ハワイで大人気のスパムむすび、簡単な4種のレシピ大公開

4. 卵とハムとパン

ある程度の量が食べられるようになったら良いかもと思っています。

特に食べられる量が、10g以上が良いですね。

材料

  • 食パン(8 枚切り)
  • ハム
  • 卵とか

行列ができる韓国屋台のワンパントーストを作ってみたら、ヤバい美味しさでした

【朝ごはんに】韓国で大流行!ワンパントーストの作り方

スクランブルエッグの卵サンドの作り方!

関連記事

  1. 牛乳アレルギーは早く治療するべき

  2. 食物アレルギー 減感作:牛乳のレシピ

  3. 成人のナッツアレルギー

  4. 食物アレルギー検査 小児と成人

  5. 果物・野菜アレルギー

  6. 食物アレルギー 食べ慣らしレシピ:カレー②

PAGE TOP