今月のBGM:イージージャズ ノラジョーンズなど

今月のBGMは、Spotifyから「Easy Jazz」です。

私にとっては、懐かしいノラ・ジョーンズの「Come Away with me」から始まるこのシリーズ。

著明なシタール演奏家の父を持つインド人の父を持つノラ・ジョーンズは、ジャズピアニストながら、ポップス、ソウル、カントリーなど、多様な要素を取り入れた楽曲を作ります。

両親が離婚したのち、母に引き取られたノラ・ジョーンズは、家にあったレコードを聴くことで、母が働いている間の1人きりの寂しさを紛らわせます。これが彼女の音楽に強大な影響を与えたことは有名です。

16歳の頃にはライブハウスでデビューしたノラ・ジョーンズは、22歳の頃にはブルーノートからデビューします。

全く関係ありませんが、以前私は京都造形芸術大学に入学し(忙しいので途中で退学)、オンラインで学んでおりましたが、その時のレポートでアルフレッド・ライオンとフランシス・ウルフが設立した、ブルーノートレコードについて調べたことがありました。

で、ノラ・ジョーンズは、デビューアルバム “Come Away With Me”で、グラミー賞を総なめします。

当時としては230万枚くらい売れた大ヒットでした。

こんなノラ・ジョーンズを中心に、どこかで聞いた名曲がジャズの演奏で流れております。

参考文献
Wikipedia

PAGE TOP