これまではあなたに
  あっていなかっただけ

これまでは、
治療の選択肢が
少なすぎただけ

アルバ は、札幌市南区の
アレルギー科・小児科(アレルギー)
です。

乳児湿疹、アトピー性皮膚炎、食物アレルギー、気管支喘息、蕁麻疹など、0歳から成人まで、すべてのアレルギーと全年齢に対応が可能です。

アレルギーは体の中の問題が、表現としてそれぞれのアレルギーに表れていると
考えてみてください。

あなたがこれまで良くならなかったのは、体の中の問題だと知らなかっただけです。

症状を無くして薬を使わなくても良いことを目指すために、これまでの経緯をよく聞いて、あなたの症状に対して薬を選び、これまでとは違った角度で血液検査の分析を行い、あなたのアレルギーを全く別の方向から見直すことで、じっくり治療方針を立てましょう。

つまり、まったく別の方向からアプローチして、これまでにない結果を得ることを目指すことが必要なのです。

【メディア紹介】

【ザ・ドクター】 続木康伸 × 松本志のぶ

【DOCTOR HISTORY ~医史~】

そのほかのメディアはこちら

【アルバの診察・治療について】

症状が出てなくても大丈夫

これまでの経緯をよく聞くので、症状が出てなくても大丈夫。

充分な話合いで、一人ひとりに合った検査と今後の治療方針が決まります。

なので、症状がないときの受診でも、大丈夫。

②必要な検査だけ、ムダがありません

必要な検査だけ行うので、無駄がありません。

採血結果からみるべきポイントは、

年齢や食べ物、症状、合併するアレルギーによって、全く違ってきます。

しっかりお話しを聞いたあとで検査をするので、ムダな検査がないことを目指しています。

③薬を使わなくても良い状態を目指します

どの薬を、どの部位に、どのくらいの期間で使っていくのか、あなたの症状にあった薬と使い方がポイントです。

総合的に判断することで、症状を無くし、最終的には薬自体を使わなくてもよい状態にするために、きめ細かい対応を目指しています。

PAGE TOP