【公式】アルバアレルギークリニック|札幌のアレルギー・アトピー・かゆみの治療ならアルバアレルギークリニック

Product スキンケア製品

[ 当院で治療を行ってる方限定 ] 薬から卒業し、この保湿剤1つで
済む肌になってほしい

セラミドNP
皮膚の水分バランスを整え、肌の柔軟性と弾力を維持。
セラミドAP
バリア機能を強化、外部からの刺激や有害物質の侵入を防ぐことで、肌トラブルやアレルギーのリスクが低減を目指す。
セラミドEOP
皮膚の水分を保持し、乾燥による肌荒れやアトピー性皮膚炎を改善を目指す。
初診の方へ

重症のアトピー性皮膚炎や
ニキビ肌のために、
科学的に効果が証明されている
成分だけ
を厳選。

アレルギーの原因になる
食物成分を含まない、
特別処方です。

初診の方へ

顔はもちろん!
手や足、全身のスキンケアにおススメです。

Story 製品誕生ストーリー

初診の方へ

1種類で満足できる日常を目指しています。

保湿剤が1種類だけで乾燥する方は、「選び方と塗り方」が間違えているからです。

保湿を使っていても湿疹が改善しない方は、言われたことを信じてそのまま塗り続ける。もしくは最初から自然の力を信じて「肌断食」をする。しかし、これだと悪い状態がさらに悪くなった時だけ薬を羽目になるので、いつまでも同じ事の繰り返しです。

1つの保湿剤済む肌にするために、これまでの経緯をよく聞いて、あなたの肌に対して保湿を選び、いくつも使っていた薬を段階的に減らしていくので、きちんとした保湿を選んで、正しい使い方をしていれば、1種類で満足できる日常を目指しています。

初診の方へ

9ヶ月かけて「シルキーガール」を作りました。

当院では、アトピー性皮膚炎の症状を無くして薬を使わなくても良くするために、これまでの経緯をよく聞いて、あなたの症状に対して薬を選び、これまでとは違った角度で血液検査の分析を行い、あなたのアレルギーを全く別の方向から見直すことで、じっくり治療方針を立ています。つまり、まったく別の方向からアプローチするので、これまでにない結果を得て、「保湿だけの肌」になることを目指してきました。

その経験から、極度の乾燥したヨーロッパに住む姪っ子たちがステロイドから卒業し、色々な薬を使わず、美容液やいくつもの保湿剤を使わず、この保湿剤1つで済むように、9ヶ月かけて「シルキーガール」を作りました。

初診の方へ

この保湿剤1つで済む肌になってほしい。

ダメージが蓄積されたデリケートな肌を回復させるため、肌の保湿とバリアー回復に重要な成分である3種類のセラミド3、6、1を使い、配合比率を%単位で調整し続けました。

結局、試作品は12個になり、私の子どもで試し続け、製品化までに9ヶ月かかったのがこの保湿です。

子ども達が薬から卒業し、この保湿剤1つで済む肌になってほしい。そんな思いが詰まっています。

Product 製品情報

初診の方へ
【価格】
100g:3500円/、20g:800円
【送料】
1個500円、2~3個700円(1万円以上のお買い上げで送料無料)
【成分】
水、スクワラン、ステアリン酸、ベヘニルアルコール、グリセリン、ステアリン酸ソルビタン、 ポリソルベート60、水酸化カリウム、メチルパラベン、ラウロイルラクチレートNa、 プロピルパラベン、セラミドNP(セラミド3,3B)、フェノキシエタノール、セラミドAP(セラミド6Ⅱ)、 フィスフィンゴシン、コレステロール、キサンタンガム、カルボマー、エチルヘキシルグリセリン、 セラミドEOP( セラミド1)

FAQ よくあるご質問

  • Q 顔にも塗ってよいですか?
    A 乾燥しやすい顔、手、腕、脚などはもちろん全身に使用できます。特に重症になりやすい目の周りにも塗っていただけるので、アトピー性皮膚炎の方にも最適。治療後の安定したきれいな肌を保つのに役立ちます。
  • Q アトピー性皮膚炎じゃなくても使えますか?
    A お薬ではないので、どんな肌の方にも、安心してお使いいただくことができます。一般的なスキンケア化粧品よりも、高濃度でセラミドが配合されているため、年齢肌のケアにもおすすめです。
  • Q 赤ちゃんでも使えますか?
    A 肌がデリケートな赤ちゃんでも、安心して使える低刺激な保湿剤です。顔の湿疹やおむつかぶれなど、全身に使うことができ、食品成分が含まれていないので、アレルギーの原因になる心配もありません。また、肌が荒れる乳児の頃から使用することで、アトピー性皮膚炎を予防できることが報告されています。
  • Q 塗る頻度は?
    A 1日2回、朝晩がお勧めです。ベストはお風呂上がりのタイミングですが、毎日継続して塗り続けることで、肌が安定します。
  • Q ほかの薬と併用できますか?
    A 全く問題ありません。むしろ、病院で処方される油分の強い保湿剤との併用をおすすめします。
  • Q 手荒れにもつかえますか?
    A 美容師、飲食業、看護師などの手を使う職業など、肌のバリア機能が壊れがちな生活の方に、特に喜ばれています。
初診の方へ

北海道札幌市南区川沿8条2丁目1-8 吉田ビル3階

  • アレルギー科
  • 小児科(アレルギーのみ)
初診の方へ
診療時間 9:00〜17:30(最終受付17:00) 休診日:祝日 月曜日・日曜日は診療している日もあります。
詳しくはこちら
アレルギー・小児脱毛・皮膚の病気の相談窓口
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください