メニュー

ブログ

果物・野菜アレルギー 救急搬送される人はこの人 (2021.11.08更新)
「数年前からリンゴやナシを食べると口が痒い気がしていた。自己判断で食べていたが、いつもと同じナシを食べただけなのに、突然呼吸が苦しくなって、咳で話もできない。救急車で運ばれたが、死ぬところだったとゆう… ▼続きを読む

コロナワクチン前に治療を推奨のアレルギー (2021.10.26更新)
札幌市南区のアレルギー科・小児科(アレルギー)のアルバアレルギークリニックです。   コロナワクチンアレルギーは、珍しいです。 特にコロナワクチンでのアナフィラキシーの原因となる「… ▼続きを読む

大豆アレルギー 小児と大人の違い (2021.10.23更新)
札幌市南区のアレルギー科・小児科(アレルギー)のアルバアレルギークリニックです。 豆腐を食べさせたら、20分くらいで全身に蕁麻疹と咳が出て病院に運ばれた。かかりつけに言ってと言われたので、アレルギー… ▼続きを読む

プリックテスト(皮膚テスト) (2021.10.20更新)
【プリックテストのやり方】 食物を直接検査に用いる皮膚テストです。 ①検査用の針を食物→皮膚の順に押しつけます。 ②15分後に反応を判定します。 実際の映像(大体こんな感じ)  Skin p… ▼続きを読む

コーヒーとアトピー性皮膚炎 (2021.10.20更新)
札幌市南区のアレルギー科・小児科(アレルギー)のアルバアレルギークリニックです。 1)コーヒーと肌の関係 コーヒーのポリフェノールは、肌質を改善する報告されており、肌の乾燥・水分が逃げるのを減… ▼続きを読む

ダニアレルギー注射のスケジュール:保険 (2021.10.16更新)
ダニアレルギーの治療=免疫療法のみが、唯一アレルギー性鼻炎を完治できる可能性のある治療です 2022年のスケジュール 火 1日目:9:00、11:00、13:00、15:00(17:00帰宅… ▼続きを読む

手荒れの指ケアはこれ (2021.09.29更新)
薬を飲んでも塗っても現状維持が精一杯、時々悪くなり、周囲の人から病院を変えるようアドバイスを受け、通える範囲の病院をいくつか変更しても、これ以上やる事はないと言われている。 これまで、年間のべ7… ▼続きを読む

アレルギー体質のママが、赤ちゃんにすることはこれ (2021.09.21更新)
自分自身は子どもの頃からアトピー性皮膚炎と喘息を持ち、いつも痒くて、時々苦しいことが続いている。 自分の子どもも、兄弟揃って乾燥肌、かゆくなるたびに病院で薬をもらっている。3歳になっても様子をみ… ▼続きを読む

ダニアレルギー:治療中の注意事項 (2021.09.13更新)
ダニアレルギー治療中の注意点です。 小学生以下は皮下注射、中学生以上は舌下が多い傾向ですが、当院では皮下注射を選ぶ子が多いです。 1)共通事項:今、飲んでいる薬 ・皮下も舌下も効果がはっきり… ▼続きを読む

私がアレルギーを治療をする理由 (2021.09.10更新)
1.泣く息子に何もできない 私の息子はアレルギー性鼻炎がとても酷く、人の4倍の薬を飲んで、2倍の量の点鼻薬を使っていました。 これが、4歳の時です。薬漬けでした。 しかし、色々な専門医に受診… ▼続きを読む

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください

アトピー性皮膚炎は毎日薬を塗り段階的に減らしていくのが主流で、きちんと治療していれば、症状が無いもしくはほとんど無い日常を目指しています。

あなたが良くならなかったのは、これまでは治療の選択肢が少なすぎたから、本来なら良くなるはずのものを治せていなかっただけ。本当はたくさんの、さまざまな症状にあった効果的な薬と使い方があって、症状を無くし、最終的には薬自体を使わなくてもよい状態を目指すのが私たちの行う現在の世界標準です。

早くから知っていれば大きく生活が変わるアレルギーの治療が健康保険でも多くあります。悩み続けている私の患者さんには受けてほしいと思っています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME