自由診療とは、自費診察のこと。

ゆっくり時間を取って、詳しく話したい方、世界ではスタンダードでも日本では保険適応にならない検査や治療のことです。

<これまでは、あなたに合っていなかっただけ>

アレルギーは毎日薬を使いながら段階的に減らしていくのが主流で、治療を継続することで、症状が無いもしくはほとんど無い日常を目指します。

 あなたが良くならなかったのは、これまでは治療の選択肢が少なすぎたから、本来なら良くなるはずのものを治せていなかっただけ。本当はたくさんの、さまざまな症状にあった効果的な薬と使い方があって、症状を無くし、最終的には薬自体を使わなくてもよい状態を目指すのが私たちの行う現在の世界標準です。

アレルギーの治療は魔法ではありませんが、あなたに合ったゴールを目指すことができます。

症状を無くして薬を使わなくても良い状態を目標にするため、これまでの経緯をよく聞いて、あなたの症状に対して薬を選び、これまでとは違った角度で血液検査の分析を行い、あなたのアレルギーを全く別の方向から見直すことで、じっくり治療方針を立てます。まったく別の方向からアプローチを考えることで、これまでにない結果を目指します。

このため、ゆっくり相談したい方には、自由診療として、個別に時間を確保した診察を行うことが出来ます。

1.治療に関して

・症状が無くなり、自分で対応できる状態を3~6ヶ月間で目指します。

・単回診察では、時間内でのご家族の相談も可能です。

・継続診察は、ご本人に合った症状がない状態を維持できる治療を3ヶ月~かけて目指します。

・遠方の方は、投薬・検査のみ地元で受けることが可能です。

2.診察内容に含まれるもの

・症状を無くして薬を使わなくても良くすることが目標です。

・診察時間が1時間と長く、これまでの経過や生活上の不安など聞きたい事を全て相談した上で、具体的な改善方法が決まるまで相談できます。

・全国のアレルギー病院とつながっているので、病状が安定した後は最も近い信頼できる病院をご紹介しています。

 ただし、私が信頼しているアレルギー医は限られているので、お住まいの地域によります。

・妊娠前~中に、生まれてくるお子様のご相談こそお早目の受診をお勧めしたします。

・以下のアレルギーの場合、診察に検査費用が含まれる場合があります。

3. 実際の診察

・対面とオンライン診察がお選びいただけます。

・オンラインはZOOMとLINEを使用します。

・初回診察時は、必ず単回診察とさせて頂いております。

・2回目以降は、単回診察と継続診察がお選び頂けます。

・これまでに行われた採血があれば、ご用意ください。

・かかりつけ医からの紹介状は不要です。

・お支払いはPaypalかStripe、もしくは銀行振り込みです。クリニック内での対面診察では、クレジットカードとQR

 コード決済がお選びいただけます。

キャンセル料につきまして

・診察前に、必ず同意事項をお読みください

・単回診察:詳細はこちら
・継続4ヶ月:詳細はこちら
・継続診察(家族):
詳細はこちら
・LINE相談(継続
終了の方のみ):詳細はこちら
・メールでの単回相談、もしくは紹介状だけ希望:詳細はこちら

・検査・投薬はアレルギーにより「別途費用がかかる場合」と「含まれる場合」があるので、ご相談ください。

・自由診療の単回・継続診察をお申込みの方で、食物、金属、薬物負荷試験が必要となった場合は無料です。

4. 検査・治療に関して

海外では一般的な検査、日本では健康保険がきかない検査、自由診療コースを選択され必要となった場合の検査になります。時間を取って相談したい方のための単回・継続診察をお申込みになられた方は、食物、金属、薬物負荷試験が必要になった場合は料金に含まれます。診察後にアレルギー状態を含む採血検査が必要になった場合、健康保険で行いますので、健康保険部分は別途料金がかかります。

〇食物アレルギー

・成人を含む9歳以上の食物負荷試験:1種類 25,000円、2種類以上の場合35,000円。

食物アレルギー負荷試験は9歳未満までしか健康保険が効きません。

含まれるもの:検査に付随する診断書・提供書、今後の生活の注意点、他医とのやりとり、検査後にも起こった食物アレルギーに関するメールかLINEでの相談は無制限。

〇金属アレルギー

・金属アレルギーのセカンドオピニオン 9,800円/回

含まれるもの:診察により、必要と思われる金属アレルギーの皮膚テスト(チタン含む)や負荷試験、また他科主治医との直接のやり取り、診察後の金属アレルギーに関連するメール相談などの追加費用はかかりません。

〇薬物アレルギー

・薬物アレルギーのセカンドオピニオン 35,000円/回

含まれるもの:診察により必要と思われる経口、皮下注射による薬物負荷試験、病気になった際に治療に必要となる薬についてのメールやLINEによる相談、他院への診療情報の提供料など追加費用はかかりません。

〇その他

・イネ科花粉症の舌下免疫療法(輸入製品)

・アトピー性皮膚炎の集中治療で時間をとって相談・治療を行いたい方はこちら

・コンポーネント検査(アメリカ、ヨーロッパでは一般的な検査、日本では多くが保険適応になっていない)

など、詳細はご相談ください。

※2020年8月~アメリカに発送停止中のため検査を一時中止しています。

PAGE TOP