メニュー

夫婦の子育て

食物アレルギー 食べ慣らしレシピ:カレー②(2022.06.15更新)
札幌市南区のアレルギー科・小児科(アレルギー)のアルバアレルギークリニックです。 食物アレルギーの治療は、①安全に、②とにかく飽きさせないこと。 決まり事は守ればよいので、つま… ▼続きを読む

スタッフ紹介(2022.05.31更新)
▼続きを読む

食物アレルギー 食べ慣らしレシピ:カレー(2022.05.12更新)
食物アレルギーの治療は、①安全に、②とにかく飽きさせないこと。 決まり事は守ればよいので、つまりレシピが9割です。 全ての食物において、応用が利くのがカレーではないかと思っています。 1)食べ慣… ▼続きを読む

食物アレルギー 食べて慣らす方法(2022.04.23更新)
1)減感作=食べて慣らす方法 医学的定義を簡単にすると「自然になるかもしれないけどとても時間がかかる子、自然に治らないリスクは時間の無駄だと思ったときに、クリニックで実際にどのくらいの量ならアレルギ… ▼続きを読む

果物・野菜アレルギー 救急搬送される人はこの人(2021.11.08更新)
「数年前からリンゴやナシを食べると口が痒い気がしていた。自己判断で食べていたが、いつもと同じナシを食べただけなのに、突然呼吸が苦しくなって、咳で話もできない。救急車で運ばれたが、死ぬところだったとゆう… ▼続きを読む

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください

アトピー性皮膚炎は毎日薬を塗り段階的に減らしていくのが主流で、きちんと治療していれば、症状が無いもしくはほとんど無い日常を目指しています。

あなたが良くならなかったのは、これまでは治療の選択肢が少なすぎたから、本来なら良くなるはずのものを治せていなかっただけ。本当はたくさんの、さまざまな症状にあった効果的な薬と使い方があって、症状を無くし、最終的には薬自体を使わなくてもよい状態を目指すのが私たちの行う現在の世界標準です。

早くから知っていれば大きく生活が変わるアレルギーの治療が健康保険でも多くあります。悩み続けている私の患者さんには受けてほしいと思っています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME