アトピー性皮膚炎を予防する「予防保湿」

そもそも、アトピー性皮膚炎を予防できれば、子どもたちが痒がることも、新しいアレルギーを発症することもありません。

そこで必要なことは簡単です。

保湿剤を全身に塗布するだけ。

f:id:alba-allergy-clinic:20190908144742j:plain

これ日本発のすばらしい研究で効果ありと決着がついています。

生後1週間以内からの保湿剤塗布群で、アトピー性皮膚炎の発症が約30~50%抑制できた。

Kenta Horimukai et al. JACI;134(4):824-830, 2014.
Eric L., et al.  JACI;134(4):818-23,2014.
Lowe ta al. Ann Allergy Asthma Immunol. 120(2):145-151, 2018.

ちなみに、

生後1ヶ月の時点でのオムツかぶれと皮膚トラブルも低い

Yonezawa. K, et al. J Dermato. 2018 Jan;45(1):24-30.

ことも解っています。

 

f:id:alba-allergy-clinic:20190908145249p:plain

 

保湿を全身に塗るだけで、アトピー性皮膚炎の予防できて、オムツかぶれの予防できる。

病院に行く手間がかからないので、仕事を休むことも病院にいくために他の子の幼稚園や学校の調整をする必要もなくなります。

オムツかぶれだけでも赤ちゃんは痛いものです。

これが予防できるのであれば、父親が子育てに参加するはじめとしても簡単です。

私はこれを「予防保湿」と呼んでいます。

 

心にとめておいて頂きたいのは

・保湿剤を塗るだけでも初めての赤ちゃんなら怖い気がする

・赤ちゃんは泣くのが普通

・嫌がる方法で続けても慣れることはない

・泣かせないためにポイントがある


次回は「赤ちゃんが嫌がらない保湿の塗り方」を見ていきましょう。


関連記事

  1. アレルギー体質のママが、赤ちゃんにすることはこれ

  2. 脱ステロイドを選んだ人はまじめで、傷ついている

  3. 生後1か月の肌荒れ

  4. 腸内細菌とアレルギー

  5. オムツかぶれ予防講座

  6. アレルギーを持つ女性が30代前半までにやっておくと良いこと

PAGE TOP