ハチアレルギーについて

いつもと同じように公園を走っていると急にハチに出くわし刺されてしまった。そのまま走っていたが、10分程度で全身のかゆみと息苦しくなった。全身真っ赤になり動けなくなって、救急車で運ばれた。

皮膚科に行くように言われ受診したが、うちでは対応出来ないと大学病院の皮膚科を紹介された。大学でもうちで対応する病気ではないと言われ、近くの内科に受診したが採血して説明もなく大きな病院に行くように言われただけ。採血の説明も良くわからないし、次に刺された死ぬとだけ言われた。日常生活をどうして良いかわからず、夏になると救急車で運ばれる不安をいつも持つようになった。

1.問題となるハチは地域で全く違う

北海道で問題となるのは、ほとんどの場合スズメバチですが、栃木県などではアシナガバチがほとんどであると聞いています。

また、ミツバチのアレルギーもありますが、ミツバチに刺されることはなく、日本では養蜂家以外で問題になることはありません。私がミツバチの免疫療法をやっていた子も海外から帰国した子でした。

北海道では日本に生息するススメバチ3属16種類のうち3属14種類が生息しています(ちなみに、アシナガバチは北海道には生息していません)。

体質の問題が大きく関与しますが、アレルギーとして問題となるのは、北海道ではスズメバチ(オオスズメバチ、キイロスズメバチ)が圧倒的に多いです。

スズメバチは女王バチ以外寿命が一年であり、8~10月に巣を最大にして次の女王バチを育てると言われています。つまり、この時期の攻撃性が最大だとされています。また、スズメバチは巣に近づけば近づくほど攻撃性が増し、事前に警告してくると言われています。最も危ないのがホバリングと言われ、空中で止まったままこちらを見ている状態が攻撃してくる寸前であるそうです。

キイロスズメバチは軒先などに巣を作ると言われ、いる場所がわかりやすいですが、オオスズメバチは古タイヤや地中に巣を作ると言われており、タイヤをどけた、巣を踏んだなど、経験的には警告なく攻撃されることも少なくありません。救急車で搬送されてくる人は、ほとんどがいきなり刺されていました。

また、雨の翌日も攻撃性が増すと言われています。これは、雨の日には餌を獲得できないので、お腹が空いているからとも。

また、スズメバチは針で1回刺すと死んでしまうミツバチと違い、針が2つ合わさった形でダブルになっており、これを上下に振動させることでドリルのように何度もさせます。このため、毒を注入される量が多く、10匹以上のスズメバチに刺されるとアレルギーに関係なく腎不全になり集中治療室での治療が必要だと言われています。

一方で、春先は女王バチしかおらず、女王バチが死ぬとすべてが終わるので、この時期はよほどでない限り攻撃してくることは少ないと言われています。

ススメバチはその生態から、北海道では9月、マラソン、建築現場、山での作業、がハチに刺されるキーワードです。

2.ハチは刺されないための予防しかない

アレルギーで死亡する場合には、薬5分、ハチ15分、食べ物30分と言われるくらい、アレルギーとしてのスズメバチの毒は強いです。多くの方は救急車で搬送されてくる時にはショック(死ぬ可能性がある状態)になっており、一歩間違うと死亡する可能性があります。搬送された時点ですでにお亡くなりになっていたこともあります。

多くの学校や職場では刺されてからの対応を気にしていることが多いですが、前述のように刺されてからでは間に合いません。刺されることを前提に対処を考えるのではなく、刺されないことを考えるべきです。

一方で、ハチに刺されたことがなければ、アレルギーになることはありません。体がこれは敵であると認識していないのに、アレルギーになることはないといったことです。

3.2回目に刺されたら危ないは間違い

ハチ、とくにスズメバチにさされた場合、アレルギーに関係なく激痛です。耐えられるレベルではないので受診します。

多くの場合には、刺された場所がものすごく腫れます。スズメバチの場合には細菌感染することも多く、病院ではアレルギーより刺された場所の細菌感染、または血管にそって腫れが腕や足の上に上がっていくリンパ管炎を起こしてくることも少なくありません。

また、よく2回目に刺されると危ないと言われていますが、間違いです。体内に入ったハチ毒の量が症状に関係していますので、1度で命を落とされる方もいます。何度も刺される可能性は低いですが、当然、2回目以降でもアナフィラキシーを起こすことはあります。

一方、ハチに刺されて2回目から全身症状(蕁麻疹、発熱など)に発展するのは刺された人の5~10%。次に、アナフィラキシーになるのは全身症状が出た人のさらに約10%です。

さらに危ないのは、刺されて1週間~から刺された場所以外の関節などが腫れてくる場合です。これはハチアレルギーの特殊型で、これも2回刺されると全身症状を起こしやすいと言われています。

一般に行われている健康保険内の採血は、あまり精度が高くありません。このため、刺されて意識がなくなり、痙攣するくらいのアレルギー症状を起こしても採血では何もない場合もあります。診断は専門病院では輸入した薬による皮膚テストを併用することが多く、採血はこれを補完するものです。

全身症状の既往がなければ、重症化の予想にはなりません。

さらに、皮膚テストは刺されたことのない人、局所症状(刺されたところが腫れただけ)だけの人にはあまり意味はありません。

つまり、刺されたことがない、刺されても症状がなかった方は日本の健康保険で採血しても意味はないのです。

 

参考資料
・スズメバチに注意しましょう
(空知総合振興局)

・Stinging Insect Allergy: Tips to Remember
American academy of Allergy Asthma & immunoogy

 

この記事を書いた人

 

関連記事

  1. 見た目の老化、睡眠不足、そしてアレルギー

  2. アレルギー治療とは、心と体のバランスを取ること

  3. コロナワクチン前に治療を推奨のアレルギー

  4. 薬物アレルギーと副作用

  5. 採血は治療方針とセット

  6. 次々にアレルギーを起こす人達

PAGE TOP