コーヒーとアトピー性皮膚炎

1)コーヒーと肌の関係

コーヒーのポリフェノールは、肌質を改善する報告されており、肌の乾燥・水分が逃げるのを減らし、肌の血流が改善すると言われています1)

また、「酒さ」と呼ばれる頬が赤くなる状態の改善に、コーヒーが効果があると報告されており2)、肌の細菌叢も改善すると言われています1)

肌にいる細菌が正常な肌を保ってくれていますが、アトピー性皮膚炎では、この皮膚の細菌が乱れていることが知られています1)’

これは、歌とダンスが売りの5人組アイドルグループが、いつの間にかメンバーチェンジしていたみたいな感じです。センターが手癖と口癖の悪いアイドルになり、歌もダンスもできない不思議ちゃんが混ざり、常に笑いを取ろうとするメンバーが時々ダンスの邪魔をしていますが、2人は常に歌とダンスで勝負しています。

つまり、ぐちゃぐちゃなんですね。

これをプロデューサーとして、コンセプトに合わないメンバーに退場頂き、元のアイドルグループに戻すのが、「細菌叢を改善する」とゆうことなのです。

2)コーヒーと病気の関係

コーヒーをよく飲む人は、前立腺、子宮系の癌、メラノーマ、皮膚癌、肝臓癌に予防的に働くと言われており2)、心臓病、パーキンソン病、糖尿病、アルツハイマーなどにも効果があると報告されています2)

しかし、妊婦ではコーヒー(カフェイン)の接種はあまりよくありません。

カフェインの接種は低体重児、早産、流産と関連されていると報告され、飲んでも1日1~2杯のコーヒーにすることが勧められています2)

つまり、妊婦さんの場合には、母親の影響が胎児に直結します。

アレルギーで言えば、妊娠中は血液量が増加するため、1/3くらいの人のアレルギー性鼻炎は悪化します。特に鼻閉がかなりひどく、とても我慢できるレベルではありません3)

また、妊娠中の気管支喘息は、増悪,改善,変わらないが1/3づつとされています4)。アトピー性皮膚炎は印象的に悪化するかしないかで、50%づつくらいの割合です。

結局30%以上の人がアレルギー症状が悪化するのですが、母親の妊娠中のアレルギー症状は、生まれてくる赤ちゃんのアトピー性皮膚炎、気管支喘息、5歳までのアレルギー性鼻炎と関係しています5)。

例えば、母親の妊娠中の気管支喘息症状は、生まれてくる子どもの気管支喘息と関係し6)、妊娠中のアレルギー性鼻炎症状は、アレルギー性鼻炎と関係します7)。

つまり、妊娠中にアレルギー症状を起こせば起こすほど、子どもがアレルギーになりやすくなるとゆうことです。

また、気管支喘息の症状がひどかった場合(コントロール不良とゆう)、胎児死亡、低出生体重児や早流産、先天奇形のリスクとなることがわかっています8)。

結局、母親の体調がよくないのに、胎児によい訳がないのです。

少しでも子どもに遺伝する可能性を減らすことが必要です。

3)コーヒーとアトピー性皮膚炎

一方、アトピー性皮膚炎は、体質と肌のバリアー機能異常によりかゆみや湿疹が起こります。そして、皮膚表面の角質層での水分保持能力の低下、皮膚からの水分蒸発率の上昇が起こります9)。

つまり、アトピー性皮膚炎の治療をきちんとしておけば、コーヒーは助けになる可能性がありますね。

#みんなが間違えているアトピー性皮膚炎の治療はこちら

そうだ、どうせ飲むならフェアトレードのコーヒーで世界の貧困対策に一役買いましょう。

コーヒー1杯で気分も上がるとゆうもの。

カフェインが刺激になるとか言われても、常識の範囲内なら大丈夫。

なんでもかんでも止めることはないのです。

4)コーヒーとアトピー性皮膚炎の免疫の関係

難しい話ですので、読み飛ばして頂いて大丈夫。

アトピー性皮膚炎で高値を示すケモカイン(レセプター)は、CCL27(CTACK), CCL17(TARC), CCL22(MDC), CCL18(PARC), CCL11(Eotaxin), CCL13(MCP4)などですが、IFNγ、CX3CL1、CCL4はアトピー性皮膚炎の活動性、つまり悪化状態に関連しています。

コーヒーをよく飲む人は、IFNγ、CX3CL1、CCL4が飲まない人よりも著名に少ないことが報告されています9-11)

つまり、アトピー性皮膚炎に関しては、コーヒーを飲んでいる人の方が悪化・再発しにくい可能性があります。

当然、スキンケアは必要です。

5)だから、これが必要です

①デカフェでも良いようです

カフェインとゆうより、コーヒーそのものの影響のようです1)

②飲み過ぎてもよくない

特に妊婦さんはそうです。メンタルの悪化も、気管支喘息とアレルギー性鼻炎の発症に影響があります。

③つまり、好きなら飲んでいれば?

そのくらいの気持ちで良いのです。

【治療内容】

治療内容:アトピー性皮膚炎に関連した採血を分析。結果をもとに個人に合った対策を行います。

費用:保険診療の範囲内、時間をかけて診察・スキンケア・生活指導を希望される方は自由診療もお選びいただけます。

考えられる副作用:頻度は低いですが、アトピー性皮膚炎の治療中に、感染症、多毛、皮膚委縮などが起こる可能性があります。

 

【参考文献】

1)Satoko Fukagawa, atal. Coffee polyphenols extracted from green coffee beans improve skin properties and microcirculatory function. Biosci Biotechnol Biochem. 2017, 81(9):1814-1822.

1)’福家 辰樹. アトピー性皮膚炎. 日小ア誌 2020;34:114-119.

2)Mackenzie R. Wehner, etal. One More Reason to Continue Drinking Coffee–It May Be Good for Your Skin. JAMA Dermatol. 2018, 1; 154(12): 1385–1386.

3)村島 温子.アレルギー 61(2):181-183. 2012

4)Isabella Pali-Schooll, etal. WAO Journal 2009;2:26-36

5)ILLi S et al : Ann Allergy Asthma Immunol 112:132-9,2014.

6)Carroll KN, et al :Pediatrics 133:1104-1112,2007.

7)Shinohara M et al : Symptomsofallergicrhinitisinwomenduringearlypregnancy- Allergolint 56:411-417, 2007.

8)Isabella Pali-Schooll, etal. WAO Journal 2009;2:26-36

9)アトピー性皮膚炎診療ガイドライン作成委員会 . アトピー性皮膚炎診療ガイドライン 2018.

10)Erikka Loftfield, etal. Associations of Coffee Drinking with Systemic Immune and Inflammatory Markers.

Cancer Epidemiol Biomarkers Prev. 2015 Jul;24(7):1052-60.

11)Andor Pivarcsi, etal. Chemokine networks in atopic dermatitis: traffic signals of disease. Curr Allergy Asthma Rep.
2005 Jul;5(4):284-90. 

https://www.amazon.co.jp/%E3%80%8C%E4%BF%9D%E6%B9%BF%E3%80%8D%E3%82%92%E5%A4%89%E3%81%88%E3%82%8C%E3%81%B0%E3%82%A2%E3%83%88%E3%83%94%E3%83%BC%E3%81%AF%E6%B2%BB%E3%81%9B%E3%82%8B-%E7%B6%9A%E6%9C%A8%E5%BA%B7%E4%BC%B8/dp/4058016418/ref=tmm_hrd_swatch_0?_encoding=UTF8&qid=1634771046&sr=8-1

関連記事

  1. 日焼け止めの選び方

  2. 薬の強さはどうやって決めるのか

  3. 赤ちゃんが泣かない保湿の塗り方

  4. アトピー性皮膚炎のまとめ

  5. 赤ちゃんの口周りの荒れ

  6. 夫の協力でアトピー性皮膚炎の治療は上手く行く

PAGE TOP