ケミカルピーリングの注意点

1.ケミカルピーリングとは薬剤を使用し、皮膚の角質を取り除くことで皮膚の再生を促す治療です。ニキビや赤いニキビ跡、しみ、くすみ、肌の柔らかさを取り戻すことに効果があります。皮膚再生によりメラニンの排出が促進されるほか、肌の調子を整え、ツヤ、ハリなどを改善することが研究で分かっています。

当院で使用しているサリチル酸マグコロールは、炎症を起こすことなく表皮角層のみに作用すると報告されています。

このため、当院では、ニキビ治療、ニキビ跡の治療、毛孔性苔癬、毛孔の痕、アトピー性皮膚炎によるシミ(炎症後色素沈着)の治療に使用しています。

2.皮膚の細胞サイクルに合わせて、ケミカルピーリングは1ヶ月おき程度が理想的です。個人差がありますが、特にニキビ治療の場合には、1回で効果がでる方もいますが、再発予防も含めると最低で3回程度の施術をお勧めしています。

ピリピリするなどの軽度の刺激感が出ることがあります。

5.治療後、12時間はメイクを控えてください。

6.治療後、軽度の発赤、肌の乾燥などがある場合も考えられます。

7.治療翌日からは、日焼け止めの使用が必須です。

9.治療期間中は、必ず保湿剤を使用してください。

10.妊娠・授乳中の方は、肌状態がデリケートなためにおすすめできません。

12.強い日焼け、顔の感染症、ガン等の治療中の方、ケガ直後、アスピリンアレルギーの方はできません。

※ケミカルピーリングは、自由診療になります

※当院では、サリチル酸マグコロールを使用してます

※局所刺激感、灼熱感、紅斑、浮腫、出血、痂皮形成、炎症後色素沈着をきたす可能性があります

※ケイセイ社に配合委託を行っています

※料金はこちら

参考文献

・ケミカルピーリングガイドライン

・上中千智香子. 私の工夫:ニキビ. 美容皮膚科医学.BEAUTY.

関連記事

  1. 医療脱毛をする前に:小児

  2. 医療脱毛をする前に:成人

  3. 医療脱毛処置前・後の注意点:成人

  4. 医療脱毛処置前・後の注意点:小児

  5. ニキビ:子どもと大人の注意点

  6. ケミカルピーリング:ニキビ治療

PAGE TOP