【公式】アルバアレルギークリニック|札幌のアレルギー・アトピー・かゆみの治療ならアルバアレルギークリニック

News お知らせ

アトピー性皮膚炎改善率

アトピー性皮膚炎改善率

アトピー性皮膚炎・かゆみの改善率

当院での2023年度ランダムに抽出した151名の改善率のデータになります。

重症~最重症の方を含みます。

デュピクセントなどの生物学的製剤投与の方は含みません。

1週間後

症状改善率 97.3%
症状なし 71.5%
1部に痒みあり 25.8%
改善に時間がかかっている 2.6%

・少しでも症状があれば「1部に症状あり」と判定。

                              

1か月後 

症状改善率 92.1%
症状なし 51.2%
1部に痒みあり 40.9%
再発 7.9%

・「薬を塗れなかった」、「薬が切れてなくなったままになっていた」のため、「1部に痒みあり」が増加。

・最重症で生物学的製剤を未導入、「薬を塗れなかった」もしくは「薬が切れてた」のため、再発。

3カ月後

症状改善率 92.8%
症状なし 45.5%
1部に痒みあり 47.3%
再発 7.3%

・「薬を塗れなかった」、「薬が切れてなくなったままになっていた」のため、「1部に痒みあり」が増加。

・最重症で生物学的製剤を未導入、「薬を塗れなかった」もしくは「薬が切れてた」のため、再発。

デュピクセント

・44名分の統計です。

投与後の診察

症状改善率 95.6%
症状なし 63.6%
1部に痒みあり 31.8%
改善なし 4.4%

花粉症

・重症~最重症を含みます。

・免疫療法開始例は含みません。

1週間後

症状改善率 91.7%
症状なし 72.9%
何らかの症状あり 18.8%
改善していない 8.3%

・何らかの症状あり:少しでも症状があれば判定しています。多くの場合、花粉量が多い日は症状が出る場合となります。

1か月後

症状改善率 90.0%
症状なし 88.0%
何らかの症状あり 2.0%
再発 10.0%

・何らかの症状あり:少しでも症状があれば判定しています。

・再発:重症の方の場合、一般的な治療ではアレルギー症状が抑えられない場合があります。

3カ月後

症状改善率 94.7%
症状なし 94.7%
何らかの症状あり 0%
再発 5.3%

・何らかの症状あり:少しでも症状があれば判定しています。

・再発:重症の方の場合、一般的な治療ではアレルギー症状が抑えられない場合があります。

よくあるご質問

  • Q アトピー性皮膚炎は治りますか?
    A 短期間での治療は難しいですが、適切な治療を早くから継続することで、緩解、症状がないか軽微な状態を目指すことができます。出来るだけ早く症状をゼロにし、半年~1年程度かけて薬を減らし、3~4年かけて最終目標の、日常生活に支障がなく、薬がないもしくは薬物療法も少ない状態を維持することです。
  • Q プロアクティブ療法ってなんですか?
    A アトピー性皮膚炎の標準治療です。症状がでない最小限の治療で症状ゼロを目指す治療です。ステロイド外用薬を用いて皮膚を健康な状態にしてから、徐々に使用回数を減らし、副作用を最小限に抑える治療方法です。皮膚の状態が良くなった後も、予防的に定期的に使用して状態を維持します。
  • Q 乳児湿疹とアトピー性皮膚炎の違い
    A 乳児湿疹はアトピー性皮膚炎の初期とも言われています。乳児湿疹は、赤ちゃんの肘窩や膝窩などに痒みを伴う皮膚湿疹が現れますが、アトピー性皮膚炎と症状の区別はつきません。症状が長引く場合、掻痒がある場合はアトピー性皮膚炎の可能性が高まります。
  • Q アレルギー性鼻炎を放っておくとどうなりますか?
    A アレルギー性鼻炎を放っておくと、ダニアレルギーだけだった場合には、花粉症や気管支喘息も発症する可能性が高くなります。北海道の場合、花粉症になると約50%の人が果物・野菜アレルギーになるとも言われています。
  • Q 採血結果は持参する必要がありますか?
    A

    採血結果からみるべきポイントは、年齢や食べ物、症状、合併するアレルギーによって、全く違ってきます。しっかりお話しを聞いたあとで、あなたに合った検査を医師が選ぶので、全く違う項目を検査する場合が多いので、手元になくても大丈夫です。

記事監修医師
続木 康信
                     

続木 康伸

岩手医大卒、蓮桜会理事長。医師・歯科医師のダブルライセンス。新生児から妊婦まで、人生を自由にするアルバアレルギークリニック院長 。日本テレビ「カズレーザーと学ぶ」、東京MX「医史」出演。学研「保湿を変えればアトピーは治せる」著者。

【所属】
・日本花粉学会(評議員)・ヨーロッパアレルギー・臨床免疫学会・アメリカアレルギー・喘息・免疫学会・日本小児アレルギー学会
・抗原研究会・日本美容皮膚科学会・日本痤瘡研究会・日本脱毛学会・再生医療クロスボーダー協会・日本臨床カンナビノイド学会

More

初診の方へ

北海道札幌市南区川沿8条2丁目1-8 吉田ビル3階

  • アレルギー科
  • 小児科(アレルギーのみ)
初診の方へ
診療時間 9:00〜17:30(最終受付17:00) 休診日:祝日 月曜日・日曜日は診療している日もあります。
詳しくはこちら
アレルギー・小児脱毛・皮膚の病気の相談窓口
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください
close