【公式】アルバアレルギークリニック|札幌のアレルギー・アトピー・かゆみの治療ならアルバアレルギークリニック

News お知らせ

アトピーとニキビにマイクロボトックスが必要な理由

アトピーとニキビにマイクロボトックスが必要な理由

マイクロボトックスとは?

マイクロボトックスは、筋肉ではなく皮膚の浅い層にボトックスを細かく注射し、筋肉の機能を温存しながら皮脂腺や汗腺に働きかけます。

この方法は従来の筋肉の動きを抑制するボトックス注射とは異なり、自然な表情を保ちながら小シワを改善し、滑らかでハリのあるお肌への若返りを目指します。

特に当院では、肌の透明感を引き出し、肌質改善に焦点を当てており、自然な表情を保ちながら小シワを改善し、毛穴を小さくし、また皮脂をおさえることでニキビの改善、汗を抑えることでアトピー性皮膚炎による顔の悪化予防の効果が期待できます。

注入後1~2週間で効果が現れ、約4~6ヶ月持続します。針跡の赤みも数日間で落ち着きます。

特に、小鼻や頬、額などの皮脂分泌が多い部分や毛穴が目立ちやすい部分に効果的です。

マイクロボトックスの特徴

マイクロボトックスは、ニキビ肌の悩みを抱えている方や汗をかきやすく夏に顔のアトピーが悪化しやすい方に特に適した治療方法です。

皮脂分泌量が多いとニキビができやすくなり、必然的に毛穴も大きくなり、目立つようになります。

ボトックスは、筋肉や汗腺などに指令を与えるアセチルコリンの働きを阻害し、過度な筋緊張を防ぐ効果があります。

そのため、汗腺や皮脂腺の働きが弱まり、過剰な皮脂の分泌が抑えられるため、肌のべたつきやニキビの治療に効果を発揮します。

したがって、皮脂分泌量や汗の多い方の治療においては、

皮脂分泌量を減らす

汗を減らす

この2種類の治療を組み合わせることで、根本的な解決となり、大きくなった毛穴も引き締めることができます。

アルバだと、何が違うのか?

当院では皮膚の浅い部分の最も効果的な深さに薬剤を均一に注入するために、「水光注射」を使用しています。

これは韓国発祥の治療方法で、真皮の浅い層に美肌効果の高い薬剤を直接注入することで肌質を改善します。

従来の手動注入より痛みが少なく、9本の極細針がついたスタンプ型の注射器を使用し、肌を吸引しながら確実に注入部位を捉え、均一な量の薬剤を注入するため、肌への負担を最小限に抑えつつ、効率的に薬剤を皮内に届けます。

また、施術前に麻酔を塗布するため、痛みを最小限に抑えられます。

マイクロボトックスの効果

ニキビの改善

ボトックスが皮膚に作用することで、汗腺や脂腺が委縮し汗や皮脂の分泌が減少します。

過剰な皮脂分泌は常在菌であるアクネ菌を繁殖させ、炎症性ニキビを引き起こします。マイクロボトックスを真皮層へ注入することにより、皮脂腺の活性化を抑制することが可能です。

これにより、ニキビの予防とともに、肌のべたつきを抑え、なめらかな肌へと導きます。

汗腺への効果

汗腺の働きを穏やかに抑えるため、額や鼻の下の多汗に悩む方にも適した施術です。

ベタつきのないなめらかな肌を手に入るためにおすすめです。

アトピー性皮膚炎の改善

ボトックスは、アトピー性皮膚炎の悪化を抑制し、かゆみとアトピーによる肌荒れを改善させます。

さらには汗や皮脂も抑制することで、夏の肌荒れ予防や毛穴の引き締めも行うことができます。

かゆみ止め効果は、アセチルコリンや他のかゆみメディエーターの放出を阻害する結果と言われています。

皮膚の引き締めと質感(ハリ・ツヤ)の改善

ボトックスが注射された真皮では、新しいコラーゲンが生成されることが報告されています。

これにより、皮膚にハリやツヤが生まれ、引き締め効果が得られます。

小じわの改善

真皮および表情筋の浅い層にボトックスを作用させることで、表情をあまり変化させずに小じわを改善することが可能です。

導入液の効果

ボトックス以外の薬剤を使用することも可能です。

これにより、肌質やニキビ跡の凸凹を改善し、肌の潤いと保湿力を高め、小じわの目立ちづらいハリのある肌に仕上げます。

・ボトックス(ボツラックス)

筋肉や汗腺などに指令を与えるアセチルコリンの働きを阻害し、過度な筋緊張を防ぐ効果があります。

そのため、汗腺や皮脂腺の働きが弱まり、過剰な皮脂の分泌が抑えられるため、肌のべたつきやニキビの治療に効果を発揮します。

・ヒアルロン酸

当院で使用している「Bella vita AQUA」は、ヒアルロン酸を配合した保湿・修復美容液です。

ヒアルロン酸は、肌に潤いを与え、バリア機能を高めることで、健康でハリのある肌を実現するための重要な成分です。

・リジェバン

リジェバンは、DNAから抽出される「ポリヌクレオチド(PN)」が主成分です。

リジェバンをお肌に直接注入することで、肌の自己再生力を引き出し、皮膚の自己再生力を活性化させ、失われたハリや弾力を取り戻します。

・幹細胞培養上清液(エクソソーム)

培養した幹細胞から細胞成分を取り除き、有効成分を多く含む液体部分だけを抽出したものが「幹細胞培養上清液」です。

1,000種類以上の成長因子が含まれているだけでなく、細胞や組織の修復に役立免疫系に力を発揮するサイトカインや細胞再生に有効な成分を豊富に含んでいます。

幹細胞の数は年齢とともに減少し、治癒機能の低下を引き起こします。

これにより、疲労が取れにくい、けがが治りにくい、治療の効果が出にくいなどの現象が現れます。

マイクロボトックスがおすすめの方

ニキビができやすい

顔のかゆみが出やすい

汗で顔が荒れやすい

顔のアトピー性皮膚炎が悪化しやすい。

滑らかでツヤとハリのあるお肌になりたい

毛穴の開きをよくしたい

小じわを目立たなくしたい

料金

コース 1回(税抜き) 5回(税抜き)
マイクロボトックス ボツラックス 39,800円 199,000円
スタンダード ヒアルロン酸 39,800円 199,000円
プラチナ リジュバン 49,800円 249,000円
肌質改善 幹細胞培養上清液 76,000円 380,000円
麻酔 3,300 なし

施術について

・顔に塗る麻酔を行います

・マイクロボトックスの施術効果が現れ始めるのは、施術後2週間程度から始まります。

・極細の針を使用するためダウンタイムはほぼありません。まれに小さな内出血があることもありますが、1~2週間で改善します。

・繰り返し行うことで効果が持続するとも言われており、1回目よりも2回目の方が効果が出やすい傾向があります。このためマイクロボトックスを受ける間隔は4~6ヶ月ごとをおすすめしています。

合併症

まれに小さな内出血があることもありますが、1~2週間で改善します。

肌の赤み・かゆみ・内出血・痛み・アレルギーが起こる可能性があります。

塗る麻酔によるアレルギー症状、肌荒れの可能性があります。

注意事項

妊娠中の方は施術できず、妊娠ご希望の方は2回の月経までは避妊の必要があります

施術当日は、シャワーや入浴が可能です。

メイクは翌日から可能です。

 

※マイクロボトックスは保険診療適応外の自由診療になります。

※この治療法で用いられる医薬品・医療機器は国内において未承認薬剤・機種となります。

※未承認の医薬品・医療機器については、厚労省「個人輸入において注意すべき医薬品等について」をご覧ください。
 https://www.yakubutsu.mhlw.go.jp/individualimport/health_damage/overseas_report/index.html

【参考文献】

FATHIA M. KHATTAB. J Clin Aesthet Dermatol. 2020;13(7):32–35.

記事監修医師
続木 康信
                     

続木 康伸

岩手医大卒、蓮桜会理事長。医師・歯科医師のダブルライセンス。新生児から妊婦まで、人生を自由にするアルバアレルギークリニック院長 。日本テレビ「カズレーザーと学ぶ」、東京MX「医史」出演。学研「保湿を変えればアトピーは治せる」著者。

【所属】
・日本花粉学会(評議員)・ヨーロッパアレルギー・臨床免疫学会・アメリカアレルギー・喘息・免疫学会・日本小児アレルギー学会
・抗原研究会・日本美容皮膚科学会・日本痤瘡研究会・日本脱毛学会・再生医療クロスボーダー協会・日本臨床カンナビノイド学会

More

初診の方へ

北海道札幌市南区川沿8条2丁目1-8 吉田ビル3階

  • アレルギー科
  • 小児科(アレルギーのみ)
初診の方へ
診療時間 9:00〜17:30(最終受付17:00) 休診日:祝日 月曜日・日曜日は診療している日もあります。
詳しくはこちら
アレルギー・小児脱毛・皮膚の病気の相談窓口
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください
AIに質問する