【公式】アルバアレルギークリニック|札幌のアレルギー・アトピー・かゆみの治療ならアルバアレルギークリニック

News お知らせ

第21回 肌荒れは夏から始まっている!? 美肌インフルエンサーに学べ!

第21回 肌荒れは夏から始まっている!? 美肌インフルエンサーに学べ!

要約

この番組は、アレルギーに関する知識を広めることを目的としています。札幌市のアレルギークリニックの院長である続木康伸先生が出演し、リスナーのアレルギーリテラシーを高めるために様々なアドバイスをしています。今回のテーマは肌荒れで、冬場の乾燥が原因で肌荒れがひどくなること、実は夏から肌のダメージが蓄積していること、インフルエンサーのスキンケアの真似をすることが効果的だといったアドバイスがありました。

今回のテーマ「肌荒れ」について

今回のテーマは肌荒れ。冬の乾燥が原因で肌荒れがひどくなるが、実は夏からすでに肌のダメージが蓄積している。インフルエンサーのスキンケアの真似をするのが効果的。

行動項目

  1. 好きなインフルエンサーが使っている化粧品を購入し、そのスキンケアを真似する
  2. 化粧品の成分表示を確認し、自分のアレルギーの原因となる成分が含まれていないか注意する

文字おこし

知れば勇気が湧くアレルギー攻略講座この番組は、知られざるアレルギーの常識や花粉症、アトピー、ハウスダストといった一条にあふれるアレルギーの悩みにお応えしていく番組です。リスナ-の皆さんのアレルギーリテラシーを高めるために、様々な知識と知恵をお伝えします。

 

知れば勇気がわくアレルギー攻略講座番組ナビゲーターの猪飼雄一です。札幌市アルバアレルギークリニック院長続木康伸先生にアレルギーに関する様々な知識や知恵を教えていただきます続木先生、よろしくお願いします。

 

よろしくお願いします。

 

さあ続木先生、今回のテーマは肌荒れです。乾燥する季節になってきました。やはり続木先生冬場は特に乾燥して肌荒れする季節なんですよね。

 

人によってはですけどね

 

そうなんですか。私やっぱり北海道を来て、冬場の乾燥肌荒れすごいなって思うようになりましたけど、

 

自分自身がですか

 

自分自身こんなに痒くなることなかったですよ。

 

冬になると、結局全部乾燥しちゃうんで、肌荒れやすいんですけど、結局のところその気温の変化にすら耐えられない状態だってことなんすよ。

 

うん。

 

そもそもが、みんながみんななるわけじゃないんですよ。

 

そうなんですね。

 

ならない。だって周りの人みんな肌乾いててしょうがないよねとか、全然言ってないと思うんすよ。

 

ええ。

 

いやでもなんかカサカサするなと思います

 

アナウンサーはそんなことないでしょ。

 

いやいやいや。な、なるんですって。

 

ほらだから弱ってるんじゃないすか。

 

いやいやまあねそういうの知らない方でも、一般的な会話をしてるわけですよ。

 

でも確かにいますよね。

 

いますよね。

 

結局その冬に冬の気温でも耐えられないぐらいの肌のダメージが蓄積されるってるっていうことですよね。

 

冬の乾燥状態に耐えられないと、

 

られない。体が問題であって、冬に荒れさせないためには、もう冬に荒れてんだったら元々荒れてるよね、だったら夏からやらないと駄目だよねって話なんすよ。

 

冬に荒れるんじゃないですか。

 

冬によりひどくなってるだけで、結局荒れてるのは夏からあれてるんですよ

 

夏、既に肌ってあれてるんですか、

 

やられてる、

 

やられてる。

 

はい何かにですね、

 

他にもいろんな要因があるってことです

 

いろんな要因があるってことですか

 

そういうことですね。

 

いや結局ね、受験の直前になって、変更しても間に合わないのと同じですよ。

 

夏からもう荒れてるってのはどういうことなんですか。

 

だから、元々ベースの肌がよければ、荒れないわけですよ。

 

はい。

 

インフルエンサーとかが冬になったら荒れるよね、とか絶対言ってないと思うんすよ。

 

みんなわかっちゃうとちょっとわかんないすけど、夏ももうでも、続木先生、医学的に荒れてるっていう肌は荒れてる人は荒れてるってこと、

 

荒れてる人はいる。

 

なんかでもなんか、湿度の関係なのかなって素人考えだと思ってしまうので、夏は湿度高いと、ジメジメしてるからなんか肌は別に何か潤ってるっていうかちょっと汗かいてるだけなのかよくわかんないすけどそんなに荒れてるって感覚持ってる方多くないかなと思うんですけど、

 

自分の中ではね、

 

自分の中で荒れてないのと、他人が見て荒れてないっていうのは別じゃないすか。でもこの場合の荒れてるっていうのも、厳密に言うと皆さんのイメージは違いますけどね。

 

違うんですか。

 

うん。いや、だってそれはそうですよ。皆さんが思ってる荒れてるっていうのは何か明らかに、あの誰が見てもブツブツが出てるよねみたいな感じじゃないすか。

 

うん。うん。

 

僕らから見たら、例えば夏にちょっと乾燥してるとかっていうのも、もう荒れてるんすよ。

 

そうなんですか。だって夏に乾燥するとおかしくないすか。

 

そうですねイメージ

 

夏に乾燥してるってことは、一年中乾燥してるってことですよ。冬になったらよりひどくなってるだけってこと。

 

でも夏に乾燥してるとまではいかない普通かなって思ってても、荒れてる状態のときもあるってことで、夏に普通かなと思ってる人が冬になって荒れないでしょ。

 

いや僕それがわかんないんですよ、その感じが。それなんか医学的に何かわかんないてみたいなことがよくわかんないすけど、ただ、難しい話んなっちゃってきてるので、結局のところ冬荒れる人は、夏から保湿してケアして肌のケアしないと駄目だよってことですね。

 

夏に保湿するって、

 

だって美肌のインフルエンザみたいなめちゃくちゃやってるじゃないすか。

 

そうなんですね、僕全然美肌のインフルエンサー詳しくないんですよ。

 

保湿してるんですか

 

しまくり

 

あんなに湿度高いのに、それぐらいやらないと、いい状態を保てないってことなんすよ。

 

そうなんですか。

 

そう

 

ですもう夏になんですか、保湿クリームみたいの塗ってるってことですか?

 

インフルエンサーの方たちは何種類も使ってますよ。

 

どんなのが今流行ってんのかなっていうのは見るじゃないすか。化粧品のファンケル合わないどの成分が駄目なのかっていうのを見ると、やっぱ今流行ってる化粧品の中で何が使われてるのかっていうのをチェックする必要があるじゃない。インフルエンサーが今おすすめしてる化粧品買う人ってのが多いので、どのインフルエンサーが人気なのかっていうのを調べるわけじゃないすか。

 

そういう勉強までされてるんですね。

 

普通

 

普通ですってなんかしれっとした顔でおっしゃってますけど

 

みんなやってるはずですよ。医者だったらこれぐらい。

 

本当ですか。全くそのイメージないですお医者さんがインフルエンサーをチェックしてるイメージないですけどね。

 

まあ、わかんないすけどね、

 

適当に言っちゃってますけど続木感覚ですけどね。そうなんすよでもちょっと整理すると、夏からちゃんと対策、保湿をしてかなきゃいけないってだけです。

 

それじゃ基本的にどんなことすればいいんですか。

 

うん。今本当に簡単に言うんであれば、インフルエンサーの話してるかっていうと、インフルエンザの真似したらいいよっていうと、やっぱ受け入れてもらいやすいってのがあるよ。

 

患者さんが受け入れやすいってことです。

 

わかりやすい

 

どうしたらいいですかみたいなことを言われたときに、TikTokでもインスタでも見てもらって、もちろんおすすめの化粧品あるじゃん、この人のケアって、この細かく出してんじゃん。

 

はい

 

出してるじゃないですかと

 

はい、そのままAmazonで買って、そのままやってください、この人の真似してください。そうすると美肌になれます。だって彼女が美肌だから、もう証明されていると。

 

証明されてるから、この人のこの化粧品をこういうふうに使ったらこうなれるんですよっていう。

 

うん

 

うん、じゃあそれやってみましょうか、という話にするとわかりやすいんじゃない

 

なるほど納得感がある。

 

昔そうならなかった。

 

その頃はどうしてたってどうやって説得してたんです。

 

ひたすら医学的な説明し、真面目に真面目に、医学的にはこうです

 

そのときと今受け入れられ方って違うなって思いますか。

 

違う、全く違いますよ簡単だし

 

そうなんですか。

 

何やったらいいですか?ただ自分の好きなインフルエンサーが使ってる化粧品を大公開されてるから、はい1から順番に買ってってって言って、それを紹介して、このときのライブでこう言ってたからこれ全部買ったらっつって、

 

そういうことをやってるんですね。いやでもクリニックとしてもやることあるんじゃないですか当然。

 

あるけど、保険の中だったらだって出せる薬って決まってるから、全て1択しかないんですよ。

 

保険適用だと1択だから、それがその人に合ってるかどうかってのはまた別の話になってくるんで、

 

そうなんですね。それ使っても合わない人には効果ないかったり弱かったりっていうことがあるとか無難な結果になるか

 

だったら、それだけじゃなくていろんな選択肢としてインフルエンサーを使っているものとか、勧めているものとかっていうのも選択肢としてありますよっていうのをご紹介してると。

 

うん。

 

ただアトピー性皮膚炎の人の場合には、やっぱり前にお話したように、うん、植物食物成分が入ってると使えないので

 

おっしゃってましたね。

 

こっちで成分見ないといけないすけどね。

 

そうなんですね。そういった注意点みたいなこともちゃんとアドバイスをされているという。

 

いやでもこれ、続木先生改めてですけど肌荒れがその夏からっていう感覚がね、やっぱり皆さんにはないと思うんでその認識をまず持ってもらうところが大事ですね。

 

うん。インフルエンザの人見たら本当にもう夏だろうが春だろうがやってるんだよ。

 

年中ですよね

 

多分スキンケアはだから年中必要なんすよ。なった後からじゃなくて、年中必要

 

なるほど年中必要なんですね。

 

常にその、なんていうか状態を保つというか。

 

それが肌荒れしないためのポイントのポイントです。

 

はい。なるほどこれ今日ちょっと今回お聞きの皆さん、納得感を持っていただけたんじゃないかなと思います続木先生の説明+あとはインフルエンサーの方のね、おすすめのものもぜひ何をされてるのかというのも参考にさせていただければと思います。

 

ということで知れば勇気がわくアレルギー攻略講座、札幌市アルバアレルギークリニック院長が続木康伸先生に今回は肌荒れについて伺いました続木先生ありがとうございました。

 

ありがとうございました。

記事監修医師
続木 康信
                     

続木 康伸

岩手医大卒、蓮桜会理事長。医師・歯科医師のダブルライセンス。新生児から妊婦まで、人生を自由にするアルバアレルギークリニック院長 。日本テレビ「カズレーザーと学ぶ」、東京MX「医史」出演。学研「保湿を変えればアトピーは治せる」著者。

【所属】
・日本花粉学会(評議員)・ヨーロッパアレルギー・臨床免疫学会・アメリカアレルギー・喘息・免疫学会・日本小児アレルギー学会
・抗原研究会・日本美容皮膚科学会・日本痤瘡研究会・日本脱毛学会・再生医療クロスボーダー協会・日本臨床カンナビノイド学会

More

初診の方へ

北海道札幌市南区川沿8条2丁目1-8 吉田ビル3階

  • アレルギー科
  • 小児科(アレルギーのみ)
初診の方へ
診療時間 9:00〜17:30(最終受付17:00) 休診日:祝日 月曜日・日曜日は診療している日もあります。
詳しくはこちら
アレルギー・小児脱毛・皮膚の病気の相談窓口
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください
close