【公式】アルバアレルギークリニック|札幌のアレルギー・アトピー・かゆみの治療ならアルバアレルギークリニック

News お知らせ

第32回 子供が腕の毛を気にしています。「医療脱毛」は何歳から出来るものなのでしょうか?

第32回 子供が腕の毛を気にしています。「医療脱毛」は何歳から出来るものなのでしょうか?

 

要約

この会議録は、アレルギーに関するラジオ番組の内容をまとめたものである。番組では、アレルギーに関する様々な知識や対処法を伝えている。今回の内容では、執筆AIについての話題と、8歳の女の子の腕の毛を気にしている話から、小児の脱毛について質疑応答が行われた。

執筆AIについて

20ドルで小説の執筆を助けてくれるAIについて話題になり、その性能の高さに驚きながらも、作家の仕事を奪う存在になりつつあることへの懸念が表明された。

小児の脱毛に関する質問

8歳の女の子が腕の毛を気にしているという質問に対し、小児の脱毛は技術的には可能だが、子どもへの対応の難しさなどの理由から、7歳以上で脱毛を始めることが適当との見解が示された。

文字おこし

知れば勇気が湧くアレルギー攻略講座この番組は、知られざるアレルギーの常識や花粉症、アトピー、ハウスダストといった一条にあふれるアレルギーの悩みにお応えしていく番組です。リスナーの皆さんのアレルギーリテラシーを高めるために、様々な知識と知恵をお伝えします。

 

知れば勇気がわくアレルギー攻略講座、番組ナビゲーターの猪飼雄一です。札幌市のアルバアレルギークリニック院長続木康伸先生にアレルギーに関する様々な知識や知恵などを教えていただきます。続木先生、よろしくお願いします。

 

よろしくお願いします。

 

さあ、続木先生、今回の気になる話題はなんでしょうか?

 

これですねシュードライとですね、NewsPicsっていうニュースサイトに乗ってるので、ご覧になられた方もいるかもしれないんですけど、これ月20ドルで作家を助けてくれる、執筆AIっていうやつなんすよ。

 

執筆AI。

 

シュードライトちゃん、もうAIが書いてくれるんすか。

 

助けてくれるっていうかもう、コピーライター。

 

コピーライティングしちゃって、助けてくれる。このシュートライトっていうAIの特徴が、ある程度の長さの文章っていうのを入れると、その続きを提案してくれるんすよ。

 

はい、

 

これとこれでどうみたいな、

 

そこまでに書いた単語とか文章から、

 

うん。

 

続きはこんな感じみたいなことをやってくれて、行き詰まったらこれ入れればいい。

 

作家さんがたくさんいればいい。

 

この後の展開どうしようかなってなったら20ドルでやってくれる。

 

めちゃくちゃ楽

 

それ、でも公表しづらいですねっていうことはわかんない?

 

絶対わかんないす

 

そうなんですか

 

すごいのはまだなんすよ。フィードバックもくれるんすよ。フィードバック

 

フィードバックって言ったら、ただこっちの方がいいんじゃないとか

 

そんなことをしてくれるんですか?

 

してくれる。さらに、この小説というか書いた文章を、深いものにしてくれるために、向こうが問いかけをしてくるんすよ。

 

提案って、これどうかなみたいな。そういうことなんだろうかとか、面白いかとか。

 

もう後はいいです。もうそこまでいくとちょっと怖いレベルですね、

 

なんですめちゃくちゃ楽じゃない?すごいと思いますね。AIと会話して書いとけばいいもんできそうじゃない。

 

いやでもなんか、そうなんですよね

 

20ドル払いたいぐらい。論文書いてもらおうと思ってますね。

 

はい。書いて良いと。

 

書いてくれますよ、これ。

 

そうか、そういう論文とかも手伝ってくれる。

 

うん。シュードライトはもうあるでしょう、論文を書いてくれる。

 

そうですか。

 

ただこれが、このもとになってるのも、あのこないだ話してGPT3なんすよ。

 

そうなんですね

 

このシステムの根本になってるのもGPT3

 

そうなんや、もうどんどん時代は進んで、私にはついていけなくなってきました。

 

大丈夫だよ、知らない間に変わってるから、

 

はい、

 

大丈夫

 

もう大きく変わってる。もしかしたらねシュートライトが書いてるかもしれない

 

そういうこともあるのか、面白ければいいんですけどということで、

 

はい。

 

今回のはシュードライと気になる話題ということでご紹介していただきました。

 

ありがとうございます

 

質問いきましょう。リスナーの方からいただいた質問です。こちらは8歳の女の子のお子さんを持つ方からの質問です。ありがとうございます。娘は幼稚園の年長ぐらいから腕の毛を気にし始めました。最初は雑もできるとも考えていませんでしたので、最初はそんな気にすることないよと言い聞かせていました。小学校に入り、夏でも長袖長ズボンしか履かなくなったのを見て、本当に気にしていることがわかりました。調べてみても、子供のエステ脱毛はあっても、小学生の医療脱毛を行っているクリニックは見つかりませんでした。そこで質問なのですが、医療脱毛は何歳からできるものなのでしょうかという質問です。

 

これ、美容としての脱毛っていうのと、治療としての脱毛っていう考え方が二つあるんですよ。実は医者の中では、

 

はい。治療として美容として、はい、

 

どっちも保険が利かない美容であることには違いがないんですけど、

 

はい。

 

例えば僕らが治療として受け取ってるものっていうのは、わかりやすく言うとその生まれつき大きなアザを持って生まれてきて、そこにあの獣毛って言ってめちゃくちゃ毛が濃くなっちゃう。すごい濃い毛が入っちゃうっていう、

 

あるんですね。タイプの状況があるんすよ。

 

はい。

 

これを、もうちっちゃい頃に麻酔かけてスタートしちゃう

 

2歳とか5歳とかね、

 

そんなち小さいときから、

 

これ治療っぽいですよね。

 

治療っぽいとか治療ですよ

 

ですね。はい。

 

一般的に足の毛を取る腕の毛を取るってのは微妙ですよね。

 

はい。

 

ただ、このちっちゃいと子供って難しいんですよ。例えば僕らが住んでる地区でも、一番低い年齢って中学生からなんすよ

 

そうなんですね、一番低い年齢で中学生

 

うちは7歳からやってるけど、

 

はい。

 

うち以外だとやっぱり中学生からなんすよ。

 

そうなんですね。

 

これ何でかっていうとやっぱそもそもが一つとして、普段から子供もう扱ってるようなクリニックじゃないと子供だと思ってできないんですよ。

 

そうかとただただ治療するだけじゃなくて、ただレーザーというか、子供を扱うっていう行為に慣れてないとその脱毛云々の前に。

 

子供自体に慣れてないと無理なんすよ。

 

はい。

 

子供見てるところじゃないと無理なんですけど、小児科ってなるんですけど小児科で無理じゃないすか。美容行為って、一番縁遠いそうじゃないすか

 

そうですね。はい。

 

できないんですけど、結局、バチバチに脱毛をやってる個人の形成外科とか、うちみたいなアトピー性皮膚炎とか、ニキビが多くて、ちょっと困った子たちに出すやってるようなクリニックになってくるわけですよ。

 

そうなんです。

 

うちね、はい。

 

うちの6割子供なんで、

 

そうか、続木先生のところではだからそういったことができると早い年齢から、

 

うん、そうなので、できるって宣伝じゃないすけどね。例えばですけどね。

 

そういう子供見てるクリニックだからっていう意味でね。

 

だから、一般の美容皮膚科みたいなとこだとそもそもやっぱ難しいんですよ、子供見ないから

 

そうそうですよね

 

子供が対象のお客さんじゃないすか

 

ですよね。

 

ボトックス打ってって欲しいなんて小学生が来るわけないんで

 

そうですね。

 

ハイフやってくれなんて言わないじゃないすか

 

そんなそうか、だからさっき言ってたように、子供の扱いにそんなに慣れてないと、

 

うん。あとそもそも子供の肌に慣れてないと無理っていう問題があって。子供って思ってそれなりに痛いイメージがあるけど、今ほぼ痛くないようにはできるんすよ。

 

そうなんですか。

 

いやだからうちでも子供やってるわけで、子供ができるわけでね、

 

あ、そうか子供ね。そんな痛いのをやりたくないとできないっすよねなかなかね、

 

そもそも子供といたくないように蓄熱式っていうタイプの機械を使わなきゃいけないんですけど

 

はい。蓄熱式、

 

はい熱式蓄熱式と、反対語は熱破壊式みたいな機械があるんですけど

 

はい。

 

その蓄熱式っていうのがいた。

 

チクチクから無痛からチクチクぐらい、

 

ちょっと痛いけど

 

他のと比べるとですね、

 

痛いっていう熱いって言いますけどね。

 

そうですか。

 

なんだけど、この蓄熱式って個人の技量によってものすごい差が出るんすよ。効果に大きく差が出るんですよ。

 

そうなんですね。

 

そう。だから何十店舗もある大型のクリニックさんだと、全部のクリニックで医療均一化しなきゃいけないから、

 

個人の技量で差が出るような機会ってなかなか使えないぞと

 

そうかそうなんですね。

 

うん

 

はい、だから例えばなんか池袋にはめちゃくちゃいいけど新宿院はちょっとねみたいなね。例えばですけどね。わかりやすく言うとそうなっちゃうわけじゃないすか。

 

うん。

 

ちょっとできないんすよな。そうなんですねそういったな2点がある。はい。あともう一点だと、うちも6歳の子供とかやってたんすけど、はい。治療時間の長さとしての脱毛に耐えられないんすよ。

 

もう単純に、

 

単純に1時間とか実行してられない30万

 

 

間とか、

 

小さい子そうですよ

 

ね。うん。そもそもが無理なうちは、うちに通ってきてこの子はこういう子だって知ってるから、はい、

 

いい

 

からおとなしくしときなさいと言って、遊びながらできますけど、はい、できないですよね普通そうか、だって知らないところを知らないクリニックで、うん、そうですね初めて行くような綺麗な内装で綺麗な受付のお姉さんが出てくるようなところで、いかに笑顔が世界で一番素晴らしいものを持っていたとしても、

 

はい、

 

初めて行くところで個室数なって音楽流れてときには不安しかないと子供って、うん、うん耐えられるわけがない。

 

はい。

 

なので、そういうところもある。うん。うん。だからうちは最近6歳の子もやってるけど、大体7歳ぐらいがそういった意味でいいのかなと、伊達もの効果って意味ではなくね。

 

そうですか年齢的にそうですね。だから

 

小学校入学ぐらい

 

ってことですよね7歳ですから、

 

そうですね。小学校入学するとあの学校で座っておくという、日本の軍隊的なあれが効いてくるわけですよ。

 

何か違う

 

方に今飛び火してきましたけど、

 

ないです。大丈夫です。大丈夫、もう

 

終盤だったんです

 

けど大丈夫ですね。はい。

 

またそれは別で、

 

はい。そんな感じなんすよ。難しいんです特にだから子供は、

 

そうなんですね、いろいろとね、単純な治療行為だけじゃなくいろいろな扱い方っていう部分でも、

 

あと毛もね大人と違うちっちゃい大人じゃないので。だから毎回、単発式のレーザーの当て方をするのが連写でいくのかとか強さ毎回毎回変えるんすよ。

 

はい。はい。その調整もしなきゃいけないかな。難しいですよね。なかなか一般のクリニックだとねそうですね。

 

ということで知れば勇気がわくアレルギー攻略講座、札幌市アルバアレルギークリニック院長続木康伸先生に伺いました続木先生ありがとうございました。

 

ありがとうございました。

記事監修医師
続木 康信
                     

続木 康伸

岩手医大卒、蓮桜会理事長。医師・歯科医師のダブルライセンス。新生児から妊婦まで、人生を自由にするアルバアレルギークリニック院長 。日本テレビ「カズレーザーと学ぶ」、東京MX「医史」出演。学研「保湿を変えればアトピーは治せる」著者。

【所属】
・日本花粉学会(評議員)・ヨーロッパアレルギー・臨床免疫学会・アメリカアレルギー・喘息・免疫学会・日本小児アレルギー学会
・抗原研究会・日本美容皮膚科学会・日本痤瘡研究会・日本脱毛学会・再生医療クロスボーダー協会・日本臨床カンナビノイド学会

More

初診の方へ

北海道札幌市南区川沿8条2丁目1-8 吉田ビル3階

  • アレルギー科
  • 小児科(アレルギーのみ)
初診の方へ
診療時間 9:00〜17:30(最終受付17:00) 休診日:祝日 月曜日・日曜日は診療している日もあります。
詳しくはこちら
アレルギー・小児脱毛・皮膚の病気の相談窓口
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください
close