【公式】アルバアレルギークリニック|札幌のアレルギー・アトピー・かゆみの治療ならアルバアレルギークリニック

News お知らせ

コラム

アトピー性皮膚炎:薬の塗り方

アトピー性皮膚炎:薬の塗り方

札幌市南区のアレルギー科・小児科(アレルギー)のアルバアレルギークリニックです。

これまで、年間のべ7000人の方を診察してきましたが、アトピー性皮膚炎が良くならない方は、「薬の選び方と塗り方」が間違えているからです。 良くならない方は、一般的な強い弱いで決めた薬を悪い時だけ塗る。もしくは最初から自然の力を信じて薬を使わない。しかし、これだと基本的に悪い状態がさらに悪くなったときだけ薬を使う羽目になるので、どこの病院に行っても同じ事の繰り返しです。

アトピー性皮膚炎は毎日薬を塗り段階的に減らしていくのが主流で、きちんと治療していれば、症状が無いもしくはほとんど無い日常を目指しています。  あなたが良くならなかったのは、これまでは治療の選択肢が少なすぎたから、本来なら良くなるはずのものを治せていなかっただけ。本当はたくさんの、さまざまな症状にあった効果的な薬と使い方があって、症状を無くし、最終的には薬自体を使わなくてもよい状態を目指すのが私たちの行う現在の世界標準です。

症状を無くして薬を使わなくても良くするために、これまでの経緯をよく聞いて、あなたの症状に対して薬を選び、これまでとは違った角度で血液検査の分析を行い、あなたのアレルギーを全く別の方向から見直すことで、じっくり治療方針を立てます。つまり、まったく別の方向からアプローチするので、これまでにない結果を得ることを目指します。

薬の塗り方

再発しやすい場所はありませんか?

再発しやすい場所が1か所だけある場合、

①塗り残しがある、②そもそもその部分の肌がデリケート、のどちらかです。 ①は塗り方を変えるだけで簡単に改善できるので、薬を塗るときに塗り残しをなくすることが大切です。

薬を塗り残しなく、早く塗るために最も大切なのが”マーキング”です。 軟膏を塗る前のマーキングがないかと、塗り残しの部分が多くなり、半年後くらいには治りに大きな差が出ます。 特に体幹部のマーキングの広さが少ないと、側腹部だけ塗っているうちに薄くなり、湿疹が再発しやすい原因になります。 また、マーキングを雑にした方が手技が早く終わる感じがしますが、結局は少ない軟膏を伸ばさないといけないので時間がかかります。 軟膏を塗る量が少ないことも、良くならない・再発しやすい大きな原因です。

軟膏を塗る量はティッシュがくっついて落ちないくらいが、目安です。

 

多くの方は軟膏の処方量が少なく、軟膏を少ない。

その人にあった適切な軟膏の種類と軟膏量で治療を始めた場合、最初の頃は軟膏の量が今までよりも多く必要ですが、1ヶ月、2ヶ月とたつうちに徐々に必要な軟膏の量は減っていきます。

アトピー性皮膚炎は毎日薬を塗り、段階的に減らしていくのが世界的な主流で、きちんと治療していれば、症状が無いもしくはほとんど無い日常を目指すことができます。

アトピー性皮膚炎の治療は「症状がない」ことを目指すのもので、「治っている」とは、まったく症状がないことが続いている状態を指しています。

マーキング

マーキングは、「塗る範囲に薬をちょんちょんと置き、その範囲に軟膏を塗る」だけです。

チョンチョンと軟膏を置いてから置いた範囲にだけ塗っていきます。

例えば、マーキングが、お腹の横(側腹部)にまで届いていないと、塗っているうちに軟膏が薄くなり、再発しやすいです。

側腹部にアトピー性皮膚炎が再発しやすい原因がこれです。

また、マーキングを雑にした方が早く終わる感じがしますが、結局は少ない軟膏を伸ばさないといけないので時間がかかり、圧倒的に再発しやすいです。

「薄く塗っています」は最も再発しやすく、治らないので、長くステロイドを使用しなければなりません。少ない軟膏を伸ばして塗っていると、塗りムラが出ていつまでも治りません。

良かれと思ってやっていることが、逆の結果になります。

軟膏塗布が雑になる原因は、子どもがその時間に耐えられないから。 Youtube、Netflix、ディズニー英語、化学実験番組などを見ながらやるのもおすすめです。 年齢が小さい子であれば、 ディズニー英語 は走りだしたりします。 年齢やその子によって注意しましょう。

4.だから、これが必要です

①マーキングする 半年後の差は埋められません ②ティッシュがくっついて落ちないくらい 治りが悪い時は、塗ってる量が少ないです。 ③軟膏は手で取らない 軟膏ケースに指を入れていると、よくないです。

よくあるご質問

  • Q アトピー性皮膚炎は治りますか?
    A 短期間での治療は難しいですが、適切な治療を早くから継続することで、緩解、症状がないか軽微な状態を目指すことができます。出来るだけ早く症状をゼロにし、半年~1年程度かけて薬を減らし、3~4年かけて最終目標の、日常生活に支障がなく、薬がないもしくは薬物療法も少ない状態を維持することです。
  • Q ステロイド外用薬の副作用はありますか?
    A 重篤な副作用は、基本的にはほぼ生じません。最重症などでかつ生物学的製剤が使用できないないなどで、年単位に渡る連日の長期の使用で重い皮膚炎を引き起こすことがあります。長期使用による皮膚の薄化は、使用頻度を減らすことで防げます。
  • Q プロアクティブ療法ってなんですか?
    A アトピー性皮膚炎の標準治療です。症状がでない最小限の治療で症状ゼロを目指す治療です。ステロイド外用薬を用いて皮膚を健康な状態にしてから、徐々に使用回数を減らし、副作用を最小限に抑える治療方法です。皮膚の状態が良くなった後も、予防的に定期的に使用して状態を維持します。
  • Q 乳児湿疹とアトピー性皮膚炎の違い
    A 乳児湿疹はアトピー性皮膚炎の初期とも言われています。乳児湿疹は、赤ちゃんの肘窩や膝窩などに痒みを伴う皮膚湿疹が現れますが、アトピー性皮膚炎と症状の区別はつきません。症状が長引く場合、掻痒がある場合はアトピー性皮膚炎の可能性が高まります。
記事監修医師
続木 康信
                     

続木 康伸

岩手医大卒、蓮桜会理事長。医師・歯科医師のダブルライセンス。新生児から妊婦まで、人生を自由にするアルバアレルギークリニック院長 。日本テレビ「カズレーザーと学ぶ」、東京MX「医史」出演。学研「保湿を変えればアトピーは治せる」著者。

【所属】
・日本花粉学会(評議員)・ヨーロッパアレルギー・臨床免疫学会・アメリカアレルギー・喘息・免疫学会・日本小児アレルギー学会
・抗原研究会・日本美容皮膚科学会・日本痤瘡研究会・日本脱毛学会・再生医療クロスボーダー協会・日本臨床カンナビノイド学会

More

初診の方へ

北海道札幌市南区川沿8条2丁目1-8 吉田ビル3階

  • アレルギー科
  • 小児科(アレルギーのみ)
初診の方へ
診療時間 9:00〜17:30(最終受付17:00) 休診日:祝日 月曜日・日曜日は診療している日もあります。
詳しくはこちら
アレルギー・小児脱毛・皮膚の病気の相談窓口
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください
close