子どもの軟膏塗布 こうすれば上手くいく

1.母親一人で子どものケアを続けるのは無理

薬を塗らなければ良くならないのはわかっているけど、仕事も忙しいし、お風呂あがりは子どもが走って逃げていく。

父親は仕事が遅くて手伝えないので、自分でやるしかない。

毎日ストレスで、病院に行っても「まず塗りましょう」と言われるだけ。

わかっているけど、自分ひとりで全部するのはもう限界。

「逃げるようになったから、軟膏を塗布してない」

といったお話しをされる方がいますが、原因は母親一人でケアしていること。

子どもがお風呂上りに逃げるのは普通です。

 

2.塗らなければ良くならない

ある行動が、子どもにとって楽しければその行動は繰り返されます。

逃げて楽しければ逃げますし、遊びのように追いかけると、子どもは遊びだと思います。

 

3.嫌がる理由を夫にあげてもらう

①嫌がる理由を「父親」がリスト化する

父親の手伝いがないと難しいので、なぜ逃げるのか理由を考えてもらいましょう。

多くの男性は女性と比べて察する能力が低く、言われればやりますが、言われなければやりません。

「言ってくれたらやったのに」の理由はそれです。

なので、旦那さんに「問題点と解決策をリスト化する」課題を出しましょう。

例えば、軟膏が冷たい、時間が長すぎて飽きる、遊びたい時間に塗布してる?

それを解決するために、塗布時間、塗布する状況、塗布方法を変えてみます。

②逃げて追いかけることが遊びになってませんか?

お子さんは逃げながら笑っていませんか?

非常に多い状況です。

追えば追うほど遊んでいることになるので、余計に逃げます。

当然つかまえて押さえつければ、遊びを中断されて押さえつけられている状態なので、嫌がって騒ぎます。

これだと、子どもは当初遊びだと思っていたことが、そのうち苦痛になるため、本格的に嫌がり始めます。

こうなると、おさまらないので毎日が大変です。

最初の頃は保育園に預けるのと同じ。

泣いてもそのまま預けてきますよね?

「無反応(無視とは違う)」と言われる方法が有効で、単に嫌がっても、泣いてもまるで何もないかのようにふるまうことです。

この場合、父親が帰宅する時間に合わせてスキンケアをするか、週末は父親の担当など、母親にすべての負担がいかないようにすることが必要です。

③騒ぐからといってテキトーにやってませんか?

全身に3分で塗り終わった、は早すぎます。

これだと、子どもに「騒げば早く終わる」と教えているのと同じ。

スキンケアを始めた当初は通常30分~1時間くらいはかかるのが普通です。

ファッションモデルの方々が、日々のケアに手を抜かないと一緒。

肌は手をかければかけるほど良くなっていきます。

最初は大変でも、後々楽ができるようにするために、最初から父親を使うようにしましょう。

親子ともに笑顔でいるために、家庭の時間や生活を圧迫する状況だけは避けたいですね。

関連記事

  1. 保湿が必要な赤ちゃん

    皮膚だけの問題じゃないアトピー性皮膚炎

  2. 生後1か月の肌荒れ

  3. スキンケア製品は引き算で選ぶ

  4. アトピー性皮膚炎のまとめ

  5. 乾燥肌を治療するべき理由

  6. 薬の強さはどうやって決めるのか

PAGE TOP