これまで学んできた医療

私はこれまで、救急3年、総合診療3年、小児科2年、産婦人科8ヶ月、整形外科8ヶ月を集中的に学び、様々な科を横断した知識をもとにアレルギー診療を11年ほど行っております。

自閉症を含むチャレンジドの子どもたちの診療を10年にわたって行っています。

私は、岩手医科大学歯学部在学中、お世話になった教授から、「大きなことをやりなさい」と言われ、卒後の進路として医学部編入を勧められました。そこで、歯学部を卒業し、歯科医師免許を取得しましたが、そのまま岩手医科大学医学部3年生に編入しなおしました。何にでも対応できる医師になりたく、医学部卒業後は救急のメッカである八戸市立市民病院にて研修をつみました。

八戸での研修が終わる頃には、診療所において何でもできる医師になりたいと思うようになり、手稲渓仁会病院家庭医療科にて研修を開始いたしました。家庭医療科にて診察をしていくうちに、アレルギーの患者さんが年々増えていくことに気が付きました。そこで、全国の有名なアレルギー病院に勉強に出かけます。

当時はアレルギー医は全国でも今よりもさらに少ない状態だったため、アレルギーの有名な病院を見つけ、連絡を取ること自体が大変だでした。どこにも行く場所がなかった子ども達や女性、が私が勉強してきた知識で良くなり、喜んでくれることがとても嬉しく、私のアレルギー診察はこうして始まっていきました。

#アレルギーを診療することになった話はこちら

 

経歴一覧

2002年 岩手医科大学歯学部卒業

2006年 岩手医科大学医学部卒業

2008年 八戸市立市民病院初期研修終了

2008~9年 八戸市立市民病院救命救急センター後期研修医

2009~12年 手稲渓仁会病院家庭医療センター後期研修医(兼アレルギー診療)

2012~13年 札幌徳洲会病院小児科・アレルギー科

2013~2016 北海道教育庁健康保健体育局 アレルギー疾患教育担当

2013~2020 札幌徳洲会病院アレルギー科医長

2020年~ アルバ アレルギー クリニック(自由診療)

2021年8月~ アルバ アレルギー クリニック(自由診療、保険診療)

関連記事

  1. コロナワクチン前に治療を推奨のアレルギー

  2. エピペンの使い方

  3. 患者さんがよく使う薬局

  4. 軽度のアナフィラキシー:治療

  5. 薬物アレルギーと副作用

  6. 見た目の老化、睡眠不足、そしてアレルギー

PAGE TOP