【公式】アルバアレルギークリニック|札幌のアレルギー・アトピー・かゆみの治療ならアルバアレルギークリニック

News お知らせ

第27回 もうピーク!?冬から備えたい花粉症

第27回 もうピーク!?冬から備えたい花粉症

番組と出演者の紹介

アレルギーに関する知識を解説するラジオ番組で、札幌市のアレルギークリニック院長の続木康伸先生が出演。今回のテーマは「冬から備える花粉症」。

花粉症の症状出現時期

花粉症は春のイメージがあるが、九州では1月末から症状が出始める。北海道でも2月末から白樺の花粉が飛び始める。

症状出る前の冬から対策が重要

花粉症の薬は症状が出る前の冬から飲み始める必要がある。出た後では量を増やしても追いつかない。

飲み薬との併用が効果的

飲み薬に加え、目薬や鼻スプレーなどを併用することで効果が高まる。飲み薬の種類によっては単独では不十分な場合も。

予防でほぼ完治可能

花粉症の予防を徹底すれば、症状をほぼ完全に抑えることが可能。治療開始が早いほど効果大。

行動項目

  1. 正規品の花粉症薬を今から飲み始める。
  2. 目薬や鼻スプレーなどと併用し、症状の予防に努める。
  3. 来年の花粉シーズンまでに免疫療法を試してみる。

 

文字おこし

知れば勇気が湧くアレルギー攻略講座この番組は、知られざるアレルギーの常識や花粉症、アトピー、ハウスダストといった一条にあふれるアレルギーの悩みにお応えしていく番組です。リスナーの皆さんのアレルギーリテラシーを高めるために、様々な知識と知恵をお伝えします。

 

知れば勇気がわくアレルギー攻略講座、番組ナビゲーターの猪飼雄一です。札幌市のアルバアレルギークリニック院長続木康伸先生にアレルギーに関する様々な知識や知恵などを教えていただきます続木先生よろしくお願いします。

 

よろしくお願いします。

 

さあ、アレルギー攻略講座、様々な知識や知恵をということでした前回はね、もうあの本題本テーマに入らずに続木先生の気になるニュースをね、話題について、ワクチンなど地当たっていただきましたがそれが非常に面白かったので今回もちょっと気になるニュース続木先生いろいろいっぱいあるみたいなんで、聞いてみたいと思うんすけど、どんなニュース今気になってるんすか。

 

気になるっていうか、今回5度世界一に輝いたレストラン来年閉店っていう記事なんすよ。

 

はい

 

行ったことありますか?また有名なやつです。

 

知ってはいました。

 

映画とかにもね、なったりしてましたし。

 

はい。

 

だって元々行かれたた方とかいらっしゃると思うんすけど、元々その実験

 

そんなに多くはないんじゃないですか、本当に行かれた方。いらっしゃるとはもちろん思いますけど、そんなにこのリスナーさんでは私も私もみたいな感じではないと思います。

 

そうかな、

 

そうかなって、なんか1桁台、1%・

 

僕自身も行ったことがなかったんすけど。元々その実験的なレストランで、その味が美味しいとか美味しくないとかそういうレベルのレストランではないっていうね、斬新的な料理が出てくる。思ってもみなかったような。一度行ってみたかったんすけど残念ながら閉店してしまって、そういう実験的な料理を開発していくラボみたいのになると。一部ね、顧客も受け入れてっていうことなんですけど。コペンハーゲンは思い出深いところですし1回行ってみたかったなっていう、ただそれだけ

 

思い出深いところということですか。

 

コペンハーゲンってデンマークって全部のものが高いんですよ。

 

はい、物価がはい、

 

いや、アイルランド人と話していつも大笑いするんですけど、お前ヨーロッパで一番嫌いなところどこか

 

ちょっとまって前提が全然ない。アイルランド人と話して大笑いする。はい。

 

友達いないですか?

 

1人もいないです。

 

1人もいない?

 

シチュエーションがちょっと突飛。

 

1人ぐらいだって、

 

いや1人ぐらいって、アイルランドの方、すいません。今までちょっと接点がないですね。アイリッシュパブに行くぐらいですかね。

 

なるほど。

 

アイルランド人と話すと何かその、毎回その鉄板ネタみたいになるのがある

 

はい。

 

このヨーロッパでもう2度と行かないところどこだと。

 

はい。

 

俺デンマークって答えるんすですよ。

 

はい。

 

何でって、全てのものが高いからって、

 

はい、

 

もう本当に、かなり前ですよ。こんなにインフレで物が上がるコロナ以前のかなり前にデンマーク行ったときに、大体スーパーで日本の2倍、デリバリーというかファーストフードで日本の3倍ぐらい。レストランで4倍ぐらい値段するんすよ。

 

そんなするんすね

 

そんなこっちは高いね。味が物すごい美味しくて2倍払っても食べたいっていう感じかっていうと、普通って感じですね

 

はい、

 

ないのに、こういう高いが故にそのお金を、あの福祉とかにものすごい当ててるんだよ。

 

はい。

 

旅行としていく国ではないですけど、住むとめちゃくちゃいい国

 

そうなんすでね

 

めちゃくちゃ綺麗だし、

 

はい、

 

うん、すごいいいところ。うん。

 

その思い出深い

 

思い出深いもの高かったなアイルランド人と話すと鉄板だなっていう。ノーマが閉店するってそれだけです

 

行きたかったなと

 

残念だったなっつって。

 

そうなんですね今週の今回の気になるニュースと、いうことで、がございましたけれども、本題いきますか。

 

はい、お願いします

 

アレルギー攻略講座ですから。はい。はい今回のテーマはもうすぐピーク冬から備える花粉症というテーマでお話しいただきたいんですけれども花粉症についてはね、この番組第8回第9回のテーマも花粉症ということでいるとお伝えしてきましたけど、続木先生春ですからまだ早いんじゃないすか花粉症で春のイメージです

 

けど九州とかだとやっぱ1月末ぐらいからやっぱり花粉症の症状出るんすよ。1月から出るんです。1月ぐらいだってか杉の花粉って2月ぐらいから呼び始めるんで

 

そんな早いんですね。温かい九州はもうちょっと早いんですよ。

 

はい、はい、

 

うん。九州の人たちは1月末ぐらいから、はい。特に、花粉というのがスギが、人数が多いっていうだけで、うん。

 

いろんな他にも種類があると、他にも種類があるってことなんすよ。特に全部の病気同じですけど、症状が出てから対応したんじゃ遅いんですよ。これ、

 

繰り返しこの番組でも続木先生は、アトピーに関してもそうですけど何の病気でもそうだというふうにおっしゃってますね。

 

そうです。だから結局、花粉症って春から起きてくるっていうイメージがあるんですけど、もし薬で予防するんだったら冬からなんすよ。もう症状出る前にっていうことで出る前から予防投与っていうんすけど、出る前から飲まないと、

 

はい。

 

痛みとか痒みって症状出てから対応したんだと、あの薬の量を増やさないと対応できないんで。予防で投与しておかないといけないっす。

 

そうなんですね。

 

だから今から備える、わからんすよもっと4であれば下腹のね、治療、世界では2他、日本と北朝鮮だけできないと言われている免疫療法、完全に完治する可能性がある。花粉症の治療ですね。

 

お話出ましたねこれ八、九回のとき

 

これをやり始めるんだったら、もう冬よりもさらに秋ぐらい、夏ぐらいからだよねって。

 

対策としては今から備える。この冬場から備えるってなるとどんなことを薬よって話をされてました。アレルギー剤を飲んで、はい。症状出る前から押さえる。それを飲み続ける。

 

うん、花粉が飛び飛んでる時期は、時期は今から飲み始めて、そういうことなんです。ただやっぱ飲み薬っていう今話をしてるんですけど、どうかなやっぱり正規品の方がちょっと効果は高い気がする。

 

正規品、ジェネリックだとやっぱりなかなか難しい人も多い印象がある。

 

そうですか。

 

うん。はい。目が痒いときは、飲み薬だけだと間に合わない

 

間に合わない。はい。

 

目薬使っておかないと間に合わない。併用するってことですか?併用目がかゆいんです鼻が詰まるんですって言って飲み薬種類だと収まらないな。

 

そうですか。

 

はい。目薬と飲み薬、もしくは鼻のスプレー、トリプルであると

 

トリプルで

 

ある。ただ、全全部のアレルギーそうなんですけど体の中の問題なんで、アレルギーって繋がってるかな。北海道でいうと花粉症になるとやっぱり4人に1人ぐらいは肌があれてくるし、呼吸も苦しくなったりするし、

 

肌荒れるっていうのは何なんでしたっけ。

 

アトピー性皮膚炎が元々あるとアトピーで気分悪くなってくるんですよね。症状が悪化すると。悪化する全体的にアレルギーを起こしやすい体質に傾いちゃったって感じですね。イメージで言うと、

 

なるほどなるほど。

 

イメージですけどね。

 

いえ、あくまでね。

 

そうなんですね。そうか、じゃあもう花粉症、申す元々自覚してる発症してる人は、今この時期から対策をとって、症状出る前からですね、

 

まず先シーズン出てた人は、もう今からもう黙ってたって直らないんで、花粉症って

 

そうですか。私も昨シーズンから発症しましたから、今からやった方がいいってことです。やった方がいいですね、飲み薬

 

うん。ただ猪飼さんの場合は2月末か3月くらいからですかね。そうですか。メインは白樺だから東京2何とか買えるんでっていうことであればもう今からなきゃ駄目ですけど。はい。いや東京あんまり行かないですもう、みたいな感じであれば、北海道だったら白樺もうちょっと後なんで。

 

そうですか。でもそろそろだよっていう感じ。うん2月末ぐらいかな早くて

 

2月末ぐらい、

 

うん。ハンノキっていうのが飛び始めるんで、

 

はい、はい、早いときはね、早いときは、そうですか。

 

本当に再三ねこの番組の中で続木先生がおっしゃってるように、やっぱり何の病気に対しても花粉症も症状が出る前に対策するほど効果が高いというか、抑えられる可能性が高いと。

 

うん、うまくやればほぼゼロでいけますけどね。

 

ゼロでいけます。

 

ゼロでいくのがアレルギーの治療なんで、

 

はい。おっしゃってて常々症状出てるようだとやっぱり方針は大きく変更しないといけないですよね。

 

そうですか、もう花粉症も症状を出さないようにするっていう対策していくのが一番いい。

 

同じ同じ全部同じっていうわけじゃん

 

そうなんですね。ですということですので、花粉症症状、昨日も出たという方は、今のうちから対策をなさってください。ということで、知れば勇気がわくアレルギー攻略講座、札幌市アルバアレルギークリニック院長続木康伸先生に伺いました。続木先生ありがとうございました。

 

ありがとうございました。

記事監修医師
続木 康信
                     

続木 康伸

岩手医大卒、蓮桜会理事長。医師・歯科医師のダブルライセンス。新生児から妊婦まで、人生を自由にするアルバアレルギークリニック院長 。日本テレビ「カズレーザーと学ぶ」、東京MX「医史」出演。学研「保湿を変えればアトピーは治せる」著者。

【所属】
・日本花粉学会(評議員)・ヨーロッパアレルギー・臨床免疫学会・アメリカアレルギー・喘息・免疫学会・日本小児アレルギー学会
・抗原研究会・日本美容皮膚科学会・日本痤瘡研究会・日本脱毛学会・再生医療クロスボーダー協会・日本臨床カンナビノイド学会

More

初診の方へ

北海道札幌市南区川沿8条2丁目1-8 吉田ビル3階

  • アレルギー科
  • 小児科(アレルギーのみ)
初診の方へ
診療時間 9:00〜17:30(最終受付17:00) 休診日:祝日 月曜日・日曜日は診療している日もあります。
詳しくはこちら
アレルギー・小児脱毛・皮膚の病気の相談窓口
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください
close