【公式】アルバアレルギークリニック|札幌のアレルギー・アトピー・かゆみの治療ならアルバアレルギークリニック

News お知らせ

コラム

果物・野菜アレルギー

果物・野菜アレルギー

1)果物・野菜アレルギーは年齢と症状が決まってる

3歳でバナナアレルギーは無いです。乳児のリンゴアレルギーもありません。

野菜アレルギーは基本的に30歳以上ですが、最近ではトマトがだめになる小学生もたまにいます。

私の妹はフランスに住んで7年目くらい、40歳を過ぎてからほぼすべての野菜がアレルギーで食べられなくなりました。

つまり、果物・野菜アレルギーは、種類によって発症する年齢が大体決まっています。

  1. 乳児期:バナナ、キウイ、大豆、ジャガイモ(いまどき珍しい)
  2. 1歳~5歳:キウイ
  3. 5歳以上:リンゴ、モモ、ナシ、サクランボ、イチゴ、メロン、スイカなど
  4. 7歳以上:上記に加えて柿、トマト、ジャガイモ、ネギなど
  5. 30歳以上:上記に加えて大豆、トマト、バナナあたり
  6. 比較的高齢:ニンジン、セリ、キャベツ、サツマイモ、ダイコンなど

一方で、アレルギー症状は、種類によって大体決まっています。

バナナは腹部に湿疹として出て、キウイは唇が腫れるなど顔面に出ることが多いです。

成人で、皆さんがあまり聞きなれないアレルギーは、色んな症状がでます。

例えば、ニンジンで鼻出血、トウガラシで全身湿疹や呼吸苦などですが、聞きなれない果物・野菜ほど症状が強くでます。

人によってバラバラなので、「聞いたことがない」と言われても、慣れている医者でなければ判断が難しい場合も多いです。

また、皆さんがイメージするバラ科の果物は、口や喉が痒いだけだと思われていますが、80%くらいはそうです。

しかし、20%くらいの人は呼吸苦や腹痛が出て、救急車で搬送されます。

アナフィラキシーとゆうやつです。

つまり、口が痒い以外の症状がある方や聞きなれない果物・野菜のアレルギーは危ないとゆうことです。

2)順位別の果物・野菜

すべての果物、野菜がアレルギーの原因となります。

逆に、医師に「聞いたことがない」と言われても、気にしないで。

私は花粉学会で役職についていますが(つまり、お偉いさんだよ)、その私でも珍しいと思うアレルギーかもしれません。

一般の先生が知らないのは無理ないです。

果物>野菜でアレルギーになりやすいですが、一般的によく食べる果物がアレルギーになります。

つまり、リンゴ、モモ、ナシ、サクランボなどです。

以前は、北海道ではトマトアレルギーの子は非常に少なったですが、最近は大人も子どもも急激に増えている印象です。

成人の場合には、クミンやコリアンダーなどのスパイスも原因になります。

私個人の経験的には、トウガラシも含めて、スパイスアレルギーはアナフィラキシーを起こしやすいです。

果物

多い順 小児 成人
1 リンゴ リンゴ
2 モモ モモ
3 キウイ、メロン サクランボ
4 ナシ メロン
5 サクランボ キウイ
6 パイン ナシ
7 バナナ トマト
8 プラム、イチゴ、スイカ プラム
9 ミカン イチゴ
10 カキ スイカ

野菜

多い順 小児 成人
1 トマト トマト
2 キュウリ 大豆
3 大豆、ジャガイモ ナス
4 ナス、アボカド、セロリ、長いも、長ネギ アボカド
5 山芋、ニンジン、里芋、キャベツ、ごぼう、サツマイモ、玉ねぎ、ほうれん草、ニンニク、ズッキーニ、アスパラ、ショウガ ジャガイモ

3)北海道では、花粉症と関係してる

花粉症に関係していない場合は、ほとんどが乳児でバナナかキウイです。

どちらも、最近は珍しいです。

北海道では、1歳を過ぎると果物・野菜アレルギーが発症する期間はいったん過ぎて、5歳くらいまでは起こしにくいです。

一方、花粉症に関連する場合には花粉症になってから発症するため、北海道でのメインのシラカバの花粉症になるのは早くても5歳くらいからです。

シラカバと関係しているのはバラ科の果物で、果物アレルギーになるのもバラ科のメジャーなリンゴ、モモ、ナシ、サクランボがメインです。

イチゴも最近の子では増えてますが、比較的珍しいです。

ただし、ほとんどの場合アレルギーを起こすのは、リンゴ、モモ、ナシで、3~4種類の果物だけで終わることも多いです。

もちろん、持っている花粉症が春のシラカバだけでなく、夏のイネ科や秋のヨモギだと、バラ科じゃない果物・野菜も同時にアレルギーになります。

このため、症状がないのに、①「バラ科」を一律でまとめる、②念のためたべない、は意味がなく、生活が不便になるだけです。

私が最も嫌いなやつです。

バラ科じゃない果物で多いのは、「キウイ、メロン」です。

スイカは、どちらかというと珍しいです。

最近では、5歳以上の子どもたちの間でナッツのアレルギーが増加しています。

4)採血はコツがいる

果物・野菜アレルギーの採血の解釈にはコツが必要です。

つまり、研究結果を知らないと判断が難しいとゆうことです。

「花粉との関係」、「アレルギー症状」、「果物・野菜の数値」、「どの果物・野菜に症状がるのか」、これらすべてを合わせて判断します。

また、採血結果によって判断が難しい場合には、皮膚のテストも併用しないと絶対にわかりません。

果物・野菜アレルギーは採血だけでは、難しい場合も多いのです。

5)治療方法は2つある

①花粉症の治療を行う

世界では、日本だけスギしか保険で認められていません。

が、日本以外の国ではアレルギー起こす成分が薬としてあるので、注射したり内服したりして治療するのが一般的です。

日本にはありませんので、アメリカから薬を輸入する必要があります。

当院では、私がヨーロッパに通って勉強しているので行うことができますが、日本にはない薬なので、日本の保険が効きません。

②ダニの治療を行う

北海道では、ダニアレルギーから花粉症が始まります。

このため、私個人の経験的には、ダニアレルギーの治療を行うと果物・野菜アレルギーも症状が出なくなる方が多い印象です。

しかし、経験的には、成人でも子どもでも、シラカバ花粉症の症状が強すぎる場合(数値が高い場合)には、シラカバアレルギーの治療併用しないと無理だと思っています。

また、舌下治療は量がその子に合わせて変えられないので、採血の数値が高い場合には、症状が取れるのが難しいと感じています。

【参考文献】

福家 辰樹. 日小ア誌 2020;34:602-611.

近藤 康人. 日小ア誌 2022;36:81-85.

佐藤さくら, 他. 日小ア誌 2022;36:14-20

山田 伸治, 他. 日小ア誌 2015;29:685-690.

村上 至孝, 他. 日小ア誌 2020;34:525-529.

記事監修医師
続木 康信
                     

続木 康伸

岩手医大卒、蓮桜会理事長。医師・歯科医師のダブルライセンス。新生児から妊婦まで、人生を自由にするアルバアレルギークリニック院長 。日本テレビ「カズレーザーと学ぶ」、東京MX「医史」出演。学研「保湿を変えればアトピーは治せる」著者。

【所属】
・日本花粉学会(評議員)・ヨーロッパアレルギー・臨床免疫学会・アメリカアレルギー・喘息・免疫学会・日本小児アレルギー学会
・抗原研究会・日本美容皮膚科学会・日本痤瘡研究会・日本脱毛学会・再生医療クロスボーダー協会・日本臨床カンナビノイド学会

More

初診の方へ

北海道札幌市南区川沿8条2丁目1-8 吉田ビル3階

  • アレルギー科
  • 小児科(アレルギーのみ)
初診の方へ
診療時間 9:00〜17:30(最終受付17:00) 休診日:祝日 月曜日・日曜日は診療している日もあります。
詳しくはこちら
アレルギー・小児脱毛・皮膚の病気の相談窓口
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください
close